つめ物・かぶせ物

治療の後に歯茎が下がり、補てい物が台無しにならないよう、治療中に傷つけない配慮を

治療の後に歯茎が下がり、補てい物が台無しにならないよう、治療中に傷つけない配慮を

なるべく歯茎を傷つけないように、歯を削る際・型取りの際は特に気を付けています。
歯茎を傷つけてしまいますと、被せ物・詰め物を入れて治療した後に歯茎が下がってきたり、つなぎ目が見えてきたりとせっかくの補てい治療が再度、やり直しとなってしまう可能性もあります。
見た目の問題や素材の問題では、患者さまご自身もよくお考えになるのですが、技術面では歯科医師側が心配りをするほかありません。
お任せいただいている以上、きっちりとした補てい治療を行います。

また、被せ物・詰め物などの補てい物は見た目の問題だけでなく、いかに長持ちするか・させるかといった点が重要です。
当院ではさまざまな素材を扱って補てい物の作成ができますが、患者さまのご希望内容をおうかがいして、ご予算問題とも兼ね合わせてご提案しています。

ネット予約・空き状況確認

今日 明日 明後日
受付不可 休診日 可能

2020年3月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
-
29
30 31

 :受付中 :お問い合わせ -:受付不可

ネット仮予約・空き状況確認
掲載のご案内