歯のクリーニングの料金はいくら?相場と4つのメリットとは

500,486 View
★役に立った!45

歯をきれいに保ちたい、歯医者さんで歯のクリーニングを受けたいとお考えの方にとって、きちんと歯石が取れるのか、また料金はいくらなのかとても気になりますよね。普段の歯磨きで取りきれなかった歯垢や歯石は、長い期間蓄積されると虫歯や歯周病の原因になります。それを防ぐための有効な手段として、歯医者さんでの定期的なクリーニングがおすすめです。

こちらの記事では、歯のクリーニングについての知識と、相場やメリットをお伝えします。

1.歯医者さんで行う歯のクリーニング料金

あなたが歯のクリーニングをするのは、「歯周病治療」ですか?それともタバコで付いた「ヤニ取り」ですか?

歯医者さんで受けられる歯のクリーニングには、大きく分けて「保険診療」で行うものと「自費診療」の2種類があります。クリーニングを行う目的に応じてその料金が変わりますので、歯医者さんを予約する際はきちんとその目的を伝えましょう。

1-1 保険適用でのクリーニング料金は3,000円程度

保険診療の範囲内でクリーニングをする場合の料金は、3割負担の方なら約3,000円程度となります。ただし、健康保険の規制により保険診療のクリーニングでは、歯周病などの治療として扱う場合にのみ適用されます。つまり、予防目的または美容目的でのクリーニングは保険が適用されません。

また、治療を目的としているため処置前には検査があり、料金には「検査料」「レントゲン撮影料金」「初診料」なども含まれます。

1-2 自費診療のクリーニング料金は5,000円〜20,000円程度

自費診療のクリーニングの相場は、5,000円〜20,000円程度と開きがあります。 料金にこれほど差があるのには自費診療特有の理由があります。自費診療では患者さんの希望やお口の状態にあわせた治療方法を選ぶことができ、また歯医者さんが個々に料金を設定することができるのです。

保険診療と違い、通院回数を短縮したり一人ひとりに合った方法でクリーニングを行えるので、「一回の施術ですべての汚れを落としたい」「歯にもっとツヤを出したい」「着色汚れをきれいにしたい」など様々な要望に応えることができます。

2.保険適用と自費診療のクリーニング、その違いは?

前章でお伝えしたように、クリーニングの料金は保険適用か自費治療かでかなりの差がありますよね。では、この2つにはどれほどの違いがあるのでしょう。詳しい施術内容や、かかる時間についてご紹介します。

2-1 保険適用のクリーニングは治療が目的

2-1

出典:http://ha-shiritai.com/

保険適用でのクリーニングは歯周病治療が主な目的です。ですから作業は歯周病悪化の原因となる歯石を除去する「歯石取り」がメインです。

まずは歯と歯ぐきの状態をチェックし、虫歯や歯周病の状態を調べます。検査が終わったら、先端が鉤(かぎ)状になった「ハンドスケーラー」や「超音波スケーラー」といった専用器具を使って、こびりついた歯石をこそぎ落とします。

歯石の付着がひどい場合は2回〜4回に分けて行うこともありますが、定期的に歯石取りをしていて歯石の量が少ない場合は1回で終わることが多いです。
かかる時間は1回につき30分程度です。

2-2 自費診療のクリーニング「PMTC」とは?

自費診療のクリーニングでは、PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)が行われることが多いです。PMTCとは名前のとおり「プロが専用の道具で行う専門的な歯のお掃除」で、自分では取りきることができない歯垢や軽い着色汚れを除去できます。

PMTCの内容や手順は歯医者さんやお口の状況によってまちまちですが、よくある施術の流れは以下のようなものです。1度の通院でかかる所要時間は1時間程度と捉えてください。
歯科医院によっては保険診療でPMTCを行うこともあります。ただし、保険診療には施術時間の制限があるので、下記の手順をまんべんなく行いたい場合は自費診療で受けるのが良いでしょう。

◆PMTCの手順

①染め出し、口腔衛生指導

2-2出典:http://www.hikario.jp/

専用の薬液を歯に塗り、歯垢を赤く染め出します。汚れのつき具合が目でしっかり確認できるので問題が分かりやすく、自分に合った歯磨きの仕方も教えてもらえます。

②清掃と研磨

2-2-2
出典:http://www.dental-sozai.com/

歯の状態に合わせた研磨剤や道具(ラバーカップ、ラバーチップ、ポリッシングブラシ、フロスなど)を選び、表面や隙間に残った歯垢をていねいに落とします。軽い着色汚れならこれできれいになります。器具はどれも柔らかい素材で、痛みはほとんどありません。

③フッ素、トリートメント剤の塗布

2-2-5

出典:http://www.namuto.jp/

清掃と研磨が終わったら研磨剤を洗い流し、虫歯予防のためにフッ素を塗布します。 歯医者さんによっては、このあとさらに歯にツヤを出すためのトリートメント剤を塗布する場合もあります。

※歯石がついてしまっている場合は、はじめに歯石取りが必要です。

3.歯のクリーニングで得られる4つのメリット

歯周病の治療または歯をきれいに保つために行うクリーニングですが、施術を受けることで具体的にどんなメリットがあるのでしょうか。歯のクリーニングで得ることができるメリットを4つ、健康維持と美容の2つの観点からご紹介します。

3-1 自分で取れなかった歯石が取れる

クリーニングで得られる一番大きなメリットは、歯石を除去できることです。

歯石とは、歯垢が集まって石のように固くなったもので、歯にガッチリとくっついているため通常の歯ブラシでは取り去ることができません。

また、歯石の表面はザラザラしていて汚れがたまりやすい構造なので、放置していると細菌の巣窟となり、歯周病や虫歯を悪化させる原因にもなります。歯石の除去は予防の観点からとても重要なのです。

3-2 本来の歯の美しさを取り戻す

歯のクリーニングでは、コーヒーや茶渋などでついた軽い着色汚れをきれいにすることも可能です。

歯面にこびりついた着色汚れはPMTCなどの歯面研磨できれいにすることができます。さらに表面を滑らかにすることで、自然な美しさにすることができると同時に、歯石を付着しにくくすることもできます。

長年蓄積したヤニやかなり変色した歯の色は歯のクリーニングで元に戻すことは難しいので、白い歯に戻したいと希望される場合はホワイトニングも取り入れてみるとよいでしょう。

3-3 虫歯や歯周病予防に効果的

歯のクリーニングで汚れや歯石を落とすことで、虫歯や歯周病の原因となる細菌を大幅に減らすことができます。また、PMTCでのクリーニングやフッ素塗布をすれば歯の再石灰化が促進され、虫歯予防により効果的です。

歯科医師・歯科衛生士と一緒にお口の中の汚れを目で見て確認し、自分に合った正しい歯磨きの仕方を教わることで、予防の意識を高めることができます。また、歯のクリーニングを受けることで見落としていた虫歯や治療が必要な歯を見つけることも少なくありません。

3-4 口臭予防にも役立つ

歯垢(プラーク)は細菌のかたまりなので、口臭の原因になります。歯と歯の隙間に溜まった歯垢や歯石を取り除けば当然口臭予防にも役立ちます。

4.-編集部まとめ-歯のクリーニングを受けるのにおすすめの歯医者さんの特徴

歯のクリーニングについてご紹介してきましたが、ここからはスマイルライン編集部がまとめたおすすめ歯医者さんの特徴をお伝えしていきます。

4-1 PMTCを導入している歯医者さん

PMTCでのクリーニングはほとんど自費診療にはなりますが、その代わり、短期間で集中的に歯を綺麗に磨き上げられます。忙しい学生、会社員、主婦の方の場合にはクリーニングをする場合は自費診療で一気にきれいにしてしまうのがおすすめです。費用対効果がいいな、と思える歯医者さんを見つけましょう。

4-2 近くの歯医者さん

予防歯科のために継続的に通院を検討しているなら、今後の通院のことも考えて家からのアクセスは重要です。家から「近い」のは最大の魅力と感じる方も多いのではないでしょうか?アクセスが良くすぐに診てくれる歯医者さんは忙しい人にとって有難い存在ですよね。初診の場合にはクリーニングの施術に関する口コミや基本情報など事前にしっかりリサーチしましょう。

4-3 おしゃれで綺麗な歯医者さん

女性の方は特に、おしゃれで綺麗な空間にいることでモチベーションが上がりますよね。様々な口コミを見ていると歯科医院の綺麗さに重きを置いている人も少なくありません。美容の一環としてお口の綺麗をキープしてきたいとお考えの方は、クリーニングの施術中もゆったりできそうな居心地のいい歯医者さんを選ぶのがおすすめです。

4-4 個室がある歯医者さん

歯のクリーニングは保険診療で約30分、自費診療で約1時間と施術に時間がかかります。そんな時、個室がある歯医者さんやパーテーションがしっかりと目線をシャットアウトしてくれる歯医者さんがおすすめです。周りの患者さんを気にすることなくまた、衛生士も自分の施術に集中してくれるため、自分のための時間という満足感を得ることができます。

4-5 担当医制の歯医者さん

予防歯科で歯のクリーニングに注力している歯医者さんの中には、担当医制を導入していていつも同じ歯科衛生士が診療を行うところもあります。ずっと通う歯医者さんがだんだんなじみ深い場所になっていくと、通うのが楽しみにりそうです。

5.まとめ

歯のクリーニングについての基礎知識、保険適用と自費診療の違いと料金形態についてご理解いただけたでしょうか?自費診療でのクリーニングをご検討される場合は、事前にお問い合わせをして料金を確認しておくなどすると安心かもしれません。治療方法も歯科医院によってことなりますので、自分の口腔内の状態に合わせて検討してみてください。また、定期的な歯科検診は虫歯・歯周病の早期発見に繋がります。虫歯を放置しておくことで、のちのち治療費が高くなり、痛みも続く恐れがあります。最低でもを3ヶ月に一回定期健診で通うことをおすすめします。

【記事内容のおさらい】
・歯医者さんで行う歯のクリーニング料金
L保険適用でのクリーニング料金なら3.000円程度
L自費診療のクリーニング料金は5,000円〜20,000円程度

・治療目的なら保険適用、予防・美容目的なら自費診療
L保険内のクリーニングは規制により治療目的でなくてはならないため、施術は歯周病悪化の原因となる歯石を除去する「歯石取り」がメイン
L所要時間は1回につき30分程度、複数回に分けて通院するケースが多い

・自費治療のクリーニング「PMTC」
L自費治療のクリーニングは、通称PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)
Lプロが専用の道具で行う専門的な歯のお掃除で、自分では取りきることができない歯垢や軽い着色汚れを徹底的に除去できる
L所要時間は1時間程度

・歯のクリーニングで得られる4つのメリット
L①自分で取れなかった歯石が取れる
L②本来の歯の美しさを取り戻す
L③虫歯や歯周病予防に効果的
L④口臭予防にも役立つ

歯のクリーニングをご検討の方は、全国の歯医者・歯科・クリニックが予約・検索・口コミが見られるサイト「EPARK歯科」をご紹介致します。定期的な治療だけでなく、とことん白さにこだわりたい方には自費治療でのクリーニングに加えて、ホワイトニングもおすすめです。歯科医院までのアクセス、料金、先生の情報などよくリサーチをしてから決めましょう。

 

歯医者・歯科医院の予約・検索・口コミサイト | EPARK歯科(イーパーク歯科)

今日予約できる!クリーニングができる歯医者さんの一覧はこちら

この記事は役に立った!

飯田歯科医院監修医飯田尚良 先生

東京都中央区銀座1-14-9 銀座スワロービル2F

■院長経歴
1968年 東京歯科大学 卒業
1971年 University of Southern California School of Dentistry(歯内療法学)
1973年 University of Southern California School of Dentistry(補綴学・歯周病学)

■所属学会
日本歯科審美学会
日本成人矯正歯科学会
日本老年歯科医学会
東京歯科大学学会
日本歯科医学会

先生の詳細はこちら
不正確な情報を報告

ネット受付・予約もできる

歯医者さん検索サイト

ご自宅や職場の近くで歯医者さんを探したいときは、検索サイト『EPARK歯科』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を見ることができます。

EPARK EPARK
  • 歯医者さんをエリアと得意分野でしぼって検索!
  • 歯医者さんの特徴がわかる情報が満載!
  • 待ち時間を軽減!24時間ネット予約にも対応!

ホワイトニングの相談ができる歯医者さん一覧へ