虫歯

拡大鏡や歯科用の顕微鏡を使い、なるべく削らない虫歯治療を心がけています

マイクロスコープを使用して、より細かい治療を行っています。

拡大鏡や歯科用の顕微鏡を使い、なるべく削らない虫歯治療を心がけています

虫歯治療を行う際、当院では2つのことを大切にしています。まず、取り残しをしないこと。そして、歯の神経を守ることです。そのためには、なるべく歯を削らない「低侵襲治療(ていしんしゅうちりょう)」が大事です。特に、深い虫歯の場合、必要以上に削ってしまったり、神経を傷つけてしまうリスクがあります。

当院では、そのリスクを抑えるために、染色液で虫歯部分を染めて肉眼の何倍も視野を拡大できる歯科用の顕微鏡や拡大鏡を使い、極小のドリルで虫歯を除去していきます。これらの機器を使うことで、虫歯の取り残しや神経の損傷を減らし、患者さまの天然の歯をなるべく残せるよう配慮しています。

抜歯のリスクを下げて天然の歯を残すために、歯の根の治療である根管治療を行います

歯科医師の使命は、天然の歯をできるだけ残すことです。そのため、なるべく歯を抜かない「保存治療」を大切にしています。深い虫歯の場合、歯の中の神経が炎症や感染を起こし、最悪の場合、抜歯になります。しかし、歯の根の治療である根管治療(こんかんちりょう)(※)を行うことで抜歯のリスクを下げることができます。

根管治療では、痛んだ歯の神経を取り除き、歯の根っこの部分をお掃除し、詰め物をします。感染を防ぐために、治療する部位をゴムのシート(ラバーダム)で囲い、歯科用の顕微鏡や拡大鏡を使って、肉眼では見えにくい部分を拡大して治療を行います。慎重に治療を行い、天然の歯を感染から守り、患者さまに少しでも長く自分の歯で食事をしていただけるよう努めています。


※は自由診療の場合。

患者さまの痛みを和らげるために、表面麻酔や電動麻酔器を使用しています

歯医者は痛いというイメージがありますが、当院では虫歯治療の際に、痛みの少ない麻酔を心がけています。麻酔の際、まず表面麻酔をします。表面麻酔とは、針を刺す部分に麻酔薬を塗って歯茎(はぐき)の感覚を麻痺させて、麻酔注射の痛みを和らげるものです。

その上で、細い針をセットした電動麻酔器で麻酔液を注射します。電動麻酔器の使用によって、麻酔液を注入するスピードや圧力を一定に保つことができ、痛みを緩和することができます。患者さまにとって痛みは大きなストレスです。痛みを抑えることで、患者さまが抵抗なく歯医者に来られるよう細心の注意を払っています。

医院写真

ネット予約・空き状況確認

今日 明日 明後日

お問い合わせ
ください

お問い合わせ
ください

休診日

2019年8月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23 24
25
26 27 28 29 30 31

 :受付中 :お問い合わせ -:受付不可

ネット予約・空き状況確認
0066-9758-176122無料通話
  • 24時間受付中
24時間受付中

24時間受付中とは

医院の受付時間外については電話代行オペレーターが受付を承ります。
お電話が繋がりましたら、受付希望医院の以下の情報をお伝えください。
1) 市区郡名
2) 医院名

電話問い合わせの注意事項(必読)
掲載のご案内