虫歯

不動前デンタルオフィス 虫歯

マイクロスコープを使用して、より細かい治療を行っています。

拡大鏡や歯科用の顕微鏡を使い、なるべく削らない虫歯治療を心がけています

虫歯治療を行う際、当院では2つのことを大切にしています。まず、取り残しをしないこと。そして、歯の神経を守ることです。そのためには、なるべく歯を削らない「低侵襲治療(ていしんしゅうちりょう)」が大事です。特に、深い虫歯の場合、必要以上に削ってしまったり、神経を傷つけてしまうリスクがあります。

当院では、そのリスクを抑えるために、染色液で虫歯部分を染めて肉眼の何倍も視野を拡大できる歯科用の顕微鏡や拡大鏡を使い、極小のドリルで虫歯を除去していきます。これらの機器を使うことで、虫歯の取り残しや神経の損傷を減らし、患者さまの天然の歯をなるべく残せるよう配慮しています。

歯周病

不動前デンタルオフィス 歯周病

歯科衛生士が検査結果に合わせて患者様の口腔内を清潔な環境に保ちます。

レントゲンや写真を使って、お口の中を知っていただき、歯周病のセルフケアの意識を高めていただきます

歯周病の原因はいろいろあります。中でも大きな原因は細菌による感染症です。そこで、歯周病を予防するためには、お口の中の細菌を減らすことが重要です。当院ではまず、お口の状況を患者さまに理解していただくことから始めます。

レントゲンやお口の中の写真を、モニターに映し出して、患者さまに見ていただきます。どこに汚れがたまっているのかを理解できれば、お口のケアに対する興味も生まれます。最終的には、患者さまのセルフケアに対するモチベーションがアップするようサポートしていきたいと考えています。

つめ物・かぶせ物

不動前デンタルオフィス つめ物・かぶせ物

拡大鏡を使用して、かぶせた後もしっかりと経過を見ていきます。

一人ひとりの歯に合った被せ物や詰め物を作ることで、美しさだけでなくケア意識の向上にもつながります

虫歯などで歯を削った場合、被せ物や詰め物を入れる治療を行います。しかし、歯の形は個人差があることはもちろん、女性と男性で違います。年代によって歯の色なども異なります。当院では、一人ひとりのご要望に応じてオーダーメードで作製をしています。

被せ物や詰め物を入れる手順としては、まずお口の型を取ります。その上で、歯科技工士に人工歯の発注を行います。その際、気を付けていることは、他の歯やお顔との調和です。患者さまに合った被せ物や詰め物を作ることで、見た目の美しさや自信につながるだけでなく、セルフケアへの意欲も高まる傾向があります。

ネット予約・空き状況確認

今日 明日 明後日

お問い合わせ
ください

休診日

お問い合わせ
ください

2019年12月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16 17 18 19
20
21
22
23 24 25 26
27
28
29
30 31

 :受付中 :お問い合わせ -:受付不可

ネット予約・空き状況確認
0066-9758-176122無料通話
  • 24時間受付中
24時間受付中

24時間受付中とは

医院の受付時間外については電話代行オペレーターが受付を承ります。
お電話が繋がりましたら、受付希望医院の以下の情報をお伝えください。
1) 市区郡名
2) 医院名

電話問い合わせの注意事項(必読)
掲載のご案内