喉の痛みは親知らずが関係している?症状と対処法を5分で解説

    親知らずで原因で喉が痛い女性

    親知らずを抜歯してから喉が痛い、風邪でもないのにものを飲み込むとき喉が痛む、そういった症状を抱えてはいませんか?その痛みは、親知らずが原因かも。この記事では親知らずと喉の痛みとの関係、症状や対処法、歯医者さんに行った方が良いタイミングなどを解説します。喉の痛みにお困りの方は、この記事を読んで原因と対処法を把握し、不安を和らげてください。

    この記事の目次

    1.親知らずが喉に痛みを引き起こすのはなぜ?

    1-1.抜歯前の親知らずが喉の痛みを引き起こすメカニズム

    風邪をひいたわけでもないのに喉が痛む場合は、智歯周囲炎(ちししゅういえん)の恐れがあります。智歯周囲炎というのは、親知らず(智歯)の周辺組織に起こる炎症のことです。親知らずは歯列最後部に生えるため、お口の中に充分なスペースがない場合、スムーズに生えずに歯茎に埋まった状態になるケースがみられます。

    歯茎に埋まった状態の親知らずと粘膜の間に歯周ポケットが形成され、その中で細菌が増殖しやすくなります。その増殖した細菌が炎症を引き起こす場合があるのです。炎症を起こすと、腫れや痛みが喉の辺りまで広がることがあり、これが親知らずによって喉の痛みが引き起こされるメカニズムです。

    1-2.抜歯した後に喉が痛み始めるケースも

    下顎の痛みは親知らず抜歯直後であれば、処置後の後遺症として起こる嚥下痛(えんげつう)の恐れがあります。

    下顎の親知らずは喉元に近い場所にあり、口を開閉するための筋肉もすぐそばにあります。抜歯は歯茎を切開したり骨を削ったりして身体に負担がかかるため、処置後の縫合部周辺は炎症が起きやすい状態です。その炎症はすぐそばの喉にまで広がり、ものを飲み込む際に痛む嚥下痛を引き起こすことがあります。上顎は下顎と比べると抜歯後の症状があまりでないことが多いようです。

     

    親知らずのイラスト

    2.気になる喉の痛みへの対処法

    2-1.炎症部分は清潔に保ちましょう

    自身でできる対処法で喉の痛みを和らげたい場合、まずはお口の中を清潔に保つことが望ましいです。まだ親知らずの抜歯前であれば、奥まできちんと磨けるよう意識して歯磨きをしましょう。ただし、炎症部分は出血しやすい状態ですから、柔らかめの歯ブラシで優しく磨くことが大切です。それでも痛みが強い場合は、無理に磨かずうがいだけにとどめましょう。

    親知らずを清潔に保てば、歯周ポケットでの細菌の増殖を防ぐことができ、炎症を抑えやすくなります。うがいも、細菌数を減らしお口の中を清潔に保てるので、親知らずの炎症対策につながります。

    親知らずをブラッシングするイラスト

    2-2.腫れた部分は冷やして大丈夫?間違った対処法に注意

    炎症により腫れた部分は冷やせば良いと考える方も多いようです。その対処法が間違いではないのですが、どの程度冷やすかが重要です。冷やしすぎてしまうと血流が悪くなり、余計痛みが増してしまうことがあります。濡れタオルを当てたり、タオルやガーゼを巻いた氷のうを当てたりするくらいにとどめ、冷やしすぎないようにしましょう。

    なお、抜歯後の腫れ、炎症は傷口を修復するために血流を促進するという身体反応です。この場合も冷やしすぎると血流が悪くなり、縫合部の修復を遅らせてしまう恐れがあります。そのため、抜歯後に腫れた場合も濡れタオルで軽く冷やすくらいにとどめましょう。

    2-3.抜歯後の炎症への対処法

    抜歯後の喉の痛みには、軽いうがいで対処するのが良いでしょう。ただ、頻繁にうがいをしたり、歯ブラシで周辺部を刺激したりするのは禁物です。強い刺激(強いすすぎ、うがい・ブラッシング)を加えると、抜歯した部分の出血が止まらなくなったり、縫合部にできた血餅(けっぺい)という血の塊がはがれ落ち歯槽骨が露出したりして、強い痛みが発生する恐れがあります。

    軽いうがいをしても炎症がおさまらず痛みが気になる場合は、歯医者さんに相談し、鎮痛剤で対処しましょう。

     

    3.喉の痛みはいつまで続く?

    3-1.親知らずが残っている限り、喉の痛みは再発する恐れが

    親知らずにより引き起こされる喉の痛みは、急性のものであれば洗浄や鎮痛剤、抗菌剤の投与で対処されます。ただ、一度引き起こされた炎症は原因となる親知らずがある限り、再発する危険性が高いです。そのため、炎症による症状がつらい場合は、抜歯による対処を検討するのが良いでしょう。炎症が起こっているうちは抜歯できないので、炎症が引いたタイミングで処置をおこないます。

    痛みがある親知らずのイラスト

    3-2.親知らずによる喉の痛みは放っていると悪化する場合も

    親知らずにより喉の痛みが発生しているのに対処せず放っておくと、どうなるのでしょうか。洗浄や薬で痛みが軽くなったからといって、親知らずを抜歯せずそのままにしていると、智歯周囲炎はどんどん進行していきます。

    腫れの範囲が広がり、喉の痛みだけでなく、発熱、全身の倦怠感が現れる場合もあります。喉の痛みも激しくなり、水を飲むことも困難になります。痛みや腫れ、発熱などが気になり、不眠に陥るケースもあるようです。親知らずによる炎症が疑われる場合は、できる限り早く歯医者さんを受診しましょう。

    3-3.抜歯後の喉の痛みはいつまで続くか

    抜歯後の症状には個人差がありますが、腫れのピークは処置後2~3日のようです。4日目以降だんだんと腫れはおさまり、1週間ほどで症状が気にならなくなります。

    腫れが引くのにともなって、喉の痛みも和らいでいきます。長い場合は2週間ほど続くこともあるようですが、基本的には自然と治っていくので、心配する必要はありません。ただし、腫れが引くまでの間は血流を乱さないために、喫煙や飲酒を控え、安静に過ごすことを意識しましょう。

    3-4.長期間ひどく痛む場合は歯医者さんに相談を

    抜歯後腫れが一向に引かず、むしろ広がってきたら注意が必要です。上顎の親知らずを処置した場合は頬より上、目の下にかけて、下顎の抜歯をした場合は頬から顎の下、首にかけて腫れが広がるような場合です。その場合は、傷口に細菌などが入り込み、感染症を引き起こしている危険性があります。腫れが長引く場合や高範囲に広がっていく場合は、担当の歯医者さんに相談しましょう。

    4.まとめ

    喉の痛みに親知らずがかかわるケースについて説明しました。親知らずが喉の痛みを引き起こすのは親知らずやその周辺の炎症によるもので、親知らずを抜歯しない限り再発の可能性があることがわかりました。もし、対処法に迷った場合や炎症が広がるときは自己判断をせずに、歯医者さんに相談することをおすすめします。

    【監修医 松岡浩司先生のコメント】

    親知らずを抜く時には、抜歯前も後も慎重な対応が求められます。 歯医者さんの指示内容はシッカリ聞いて、お互いに安心安全な医療になるよう心がけましょう。

    監修医 松岡浩司先生

    この記事は役にたちましたか?

    • すごく
    • いいね
    • ふつう
    • あまり
    • ぜんぜん
    不正確な情報を報告

    ネット受付・予約もできる

    歯医者さん検索サイト

    ご自宅や職場の近くで歯医者さんを探したいときは、検索サイト『EPARK歯科』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を見ることができます。

    EPARK EPARK
    • 歯医者さんをエリアと得意分野でしぼって検索!
    • 歯医者さんの特徴がわかる情報が満載!
    • 待ち時間を軽減!24時間ネット予約にも対応!

    EPARK歯科で歯医者さんを探す