どうしたらいいの?グラグラ乳歯の抜き方と気を付けたいこと

  • 2627
  • 1639
  • 805
  • 344
  • 1005

乳歯がグラグラしてくると子どもはそればかり気にして触ってみたり、食事がしにくいと言ったりします。そうなると自分で抜いて良いのか、どんな抜き方が良いのか、それとも自然に抜けるのを待つのが良いのか悩むところですね。

今回は、そんなグラグラする乳歯はどうしたら良いのかまとめました。乳歯が抜ける際に気を付けたいことやなかなか抜けない乳歯の対処法などを紹介しています。

この記事の目次

1.乳歯の生え始め・抜け始めの時期と兆候

1-1.生え始める時期

はじめに乳歯が生え始める時期やその兆候についてご説明したいと思います。乳歯とは生後6~9ヶ月くらいから生え始める歯で、通常20本あります。生え始める時期には個人差があり、早い子は3ヶ月、遅い子は12ヶ月頃に生え始めることもあります。また生え揃う時期にも個人差がありますが、下の前歯から生え始め、平均的に2歳6ヶ月頃~3歳頃の間で生え揃います。

1-2.抜け始める時期

乳歯の抜け始める時期は個人差もありますが、おおよそ6歳前後から13歳前後です。歯の位置によって抜け始める時期は異なり、まずは下の前歯が抜け、その後は前から奥に向かって順番に生え変わっていくのが一般的です。また、乳歯の生え変わりが始まる6歳頃になると、乳歯の頃には歯がなかった部分に第一大臼歯が生えてきます。前から6番目に位置し、「6歳臼歯」とも呼ばれます。

1-3.抜け始めの兆候

抜け始めの兆候はそれぞれですが、基本的には乳歯の根元の部分が少しずつ溶かされ始めることでグラグラしてきます。永久歯が下から押してくる影響でグラグラする前から痛みを感じるお子さんもいるようです。

2.乳歯が抜ける際の注意点

乳歯が抜ける時期も、永久歯の生え方も個人差があります。すんなり抜けてくれたら良いのですが、20本全部うまくいくとは限りません。そんな中でも事前に知っておくとためになる、乳歯が抜ける際の注意点についてご説明します。

2-1.乳歯が抜けるより前に永久歯が生えてきた時

乳歯がグラグラしていれば自然に抜けることも考えられますが、痛みが強く出てきたりいつまでも抜けずに残っていたりするようであれば、歯科医師に相談すると良いでしょう。必要に応じ抜歯などの対応をしてくれます。

また、乳歯が揺れていない場合には骨の中で乳歯の根の吸収がうまくいっていない恐れがあるので、歯科医師に抜歯の相談を行ったほうがいいです。

2-2.乳歯が抜けても永久歯が生えない時

乳歯が抜けてすぐに永久歯が生えるとは限らないため、問題がないケースもありますが、いつまで経っても永久歯が生えてこない場合は歯医者さんの受診を検討しましょう。レントゲンなどで、歯茎の中に永久歯があるかどうかや異常がないかなどを確認してもらえます。

2-3.グラグラしている歯の周りは虫歯になりやすい

生え変わりの時期は、永久歯と乳歯が混ざり大きさにばらつきがあったりするため磨き残しが多くなりがちです。また、乳歯は虫歯の進行が早いという特徴を持ちます。

乳歯が虫歯になると次に生えてくる永久歯にまで影響が出てきますので、できるだけ念入りに歯磨きをして清潔を保ちましょう。
もし虫歯になってしまった場合には、虫歯でもろくなった乳歯を無理に抜いてしまうとかけらが残ってしまう危険もあるので、歯医者さんに相談するようにしましょう。

また乳歯だけでなく、生えたばかりの永久歯は、酸に弱い性質があるため虫歯になりやすい状態にあります。特に永久歯が安定するまで2年ほどは、虫歯ケアが大切になります。

2-4.生え変わりに痛みが伴う場合も

生え変わりの時期に耐えられないような痛みが発生した場合、乳歯が虫歯になっていたり歯茎が炎症を起こしていたりすることがあります。そのような場合は、永久歯に影響が出ないよう歯医者さんに早めに相談することをおすすめします。場合によっては、乳歯の抜歯処置を行います。また、噛むと痛いなど日常生活に支障がある時にも、抜歯に対応してもらえる場合があります。痛みがあれば無理をせず、まずは相談してみてください。

2-5.生え変わり時期のその他注意点

指しゃぶりが癖になっているお子さんも多いですが、生え変わりの時期の6歳前後になってもまだ続いている場合は歯列や歯並びに影響を与える場合があります。

具体的には、「開咬」といって上下の前歯の間に隙間ができてしまい、きちんとものを噛めなくなる危険性があります。指しゃぶりがなかなかやめられない場合や、歯並びに問題がある時には、歯医者さんへ相談しましょう。

3.乳歯の抜き方

3-1 無理に自分で抜かず歯医者さんに相談を

グラグラしている度合いが大きく、今にも抜けてしまいそうな乳歯であれば、歯医者に行かなくても自然と抜け落ちることがあります。気になったり痛みなど支障があったりする場合は、自分で無理に抜かずに歯医者さんに相談することがおすすめです。

3-2 自分で抜く場合

無理に抜こうとすると、歯茎を傷つけてしまったり歯の根が途中で折れてしまったりする危険性があります。自分の舌や指で歯を揺らすことで自然に抜けることを促す程度に留めることが無難です。

3-3 乳歯が抜けた後の止血方法

もし出血があれば、清潔なガーゼを丸めて抜けた歯の周りに当て、しっかり噛んだ状態にして圧迫させて血を止めます。15分ほど噛んだままにしていると出血は止まります。うがいをしたり触ったりしてしまうと、血が止まりにくくなるため注意が必要です。なかなか出血が止まらない時は、歯医者さんへ相談してください。

4.まとめ

かわいい乳歯から永久歯に生え変わるのは成長の大きな一歩です。乳歯の抜き方は基本的に自然に任せて無理をせず、困った時にはちゃんと歯医者さんに相談しながら進めましょう。

 

参考サイト

日本小児歯科学会
口腔外科相談室|日本口腔外科学会
歯とお口のことなら何でもわかる テーマパーク8020(日本歯科医師会)

 

【監修医 貝塚浩二先生のコメント】

転んだりして乳歯をぶつけたりした場合、時間がたつと歯のいろが悪くなることがあります、この場合歯の根に異常がおきていて、乳歯は年とともに根が吸収して大人の歯に代りますが、根が吸収しなくなっている場合があるので他の乳歯に比べて生え代わりしないときは歯科医院で診てもらって下さい。

この記事は役にたちましたか?

  • すごく
  • いいね
  • ふつう
  • あまり
  • ぜんぜん
不正確な情報を報告

ネット受付・予約もできる

歯医者さん検索サイト

ご自宅や職場の近くで歯医者さんを探したいときは、検索サイト『EPARK歯科』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を見ることができます。

EPARK EPARK
  • 歯医者さんをエリアと得意分野でしぼって検索!
  • 歯医者さんの特徴がわかる情報が満載!
  • 待ち時間を軽減!24時間ネット予約にも対応!

EPARK歯科で歯医者さんを探す