歯茎が痛いときの歯磨きの方法は?腫れや痛みの原因と対処法も紹介

  • 16
  • 25
  • 7
  • 4
  • 1
歯茎 痛い 歯磨き

「歯茎が痛い」「歯茎が腫れている」といった症状があり、普段どおり歯磨きをして良いか悩んだ経験はありませんか?

この記事では、歯茎の腫れ・痛みといった症状の原因と対処法、正しいブラッシング方法を紹介しています。また、歯医者さんでどのような治療をおこなっているかも掲載しています。歯茎が痛い、腫れていて困っているという方はぜひチェックしてみてください。

この記事の目次

1.歯茎の腫れ・痛みの原因とは?

1-1.口内炎ができている

「赤く腫れている」「白っぽいできものがあって痛みをともなう」こういったケースでは、口内炎の恐れがあります。

口内炎ができるおもな理由としては、大きく分けて3つあり「合わない被せ物や外傷による刺激」「不規則な睡眠やストレスといった生活の乱れ」「カンジダ菌やヘルペスなどに感染している」といったケースが考えられます。

 

1-2.歯周病による腫れ

「歯茎から出血がある」「歯茎から膿が出てきた」などといった場合は、歯周病の恐れがあります。歯磨きがうまくできておらず、歯の汚れがたまると細菌の感染によって、突然歯茎が腫れてしまうことも歯周病の症状として考えられます。

「歯茎から膿が出ている」などの症状に対しては、まず歯茎を切開して膿を出し、抗生物質を処方するケースもあります。

痛みが出た歯は噛みにくいなど生活面で支障がでることもありますので、早めに歯医者さんへ相談しましょう。

 

1-3.虫歯が悪化している

深く進行した虫歯のケースでは、痛み以外にも「歯茎の腫れ」が挙げられます。

歯茎の腫れがある虫歯の例を以下に示します。

 

歯根膜炎

歯を噛みあわせたときのクッション的な役割を果たす「歯根膜」の部分が、虫歯による細菌の感染をはじめとする炎症によって「噛んだときに痛い」「歯茎の腫れ」「発熱」といった症状が出ます。

歯根のう胞

歯の根の先に膿がたまっていて「のう胞」を作っている状態です。要因としては歯の根の破折や虫歯を治療していない、過去に神経を取った歯が身体の免疫力低下などの理由によって根尖性歯周炎が起こして、それが慢性化・進行することで歯根のう胞になります。

自覚症状としては歯茎の腫れ以外にも「歯が浮く感じがする」「噛んだ際に痛い」などが挙げられます。

 

こういったケースでは自宅で様子をみても改善せず悪化することもあるので、早めに歯医者さんへ相談しましょう。

 

1-4.親知らずによる腫れ

親知らずは、7番目の歯(第二大臼歯)よりも奥にはえてくる歯で「ななめに生えている」「横向きに生えている」といったケースがあり、磨きづらくて汚れがたまりやすいです。

こういった場合では細菌の住処となり、炎症を起こしやすく歯茎が腫れる方も少なくないようです。

親知らずの腫れが軽度であれば自然に改善することもあるようですが、生え方によっては抜歯するケースもあります。

「口が開きにくい」「歯茎から膿が出た」など、炎症が重症化した場合には抗生物質やうがい薬でまずは炎症をおさえ、症状が落ち着いたあとに抜歯することもあります。

 

1-5.歯磨きによるキズ

擦過傷といって、歯磨きで歯茎を擦りすぎることによって歯茎にキズを作り、腫れている場合があります。

擦過傷が原因であれば、炎症がおさまるまでに数日間かかりますので、そのあいだは患部に歯ブラシをあてずに過ごす方がよいでしょう。

 

1-6.ストレスによる歯ぎしりや食いしばり

歯ぎしりや食いしばりによって、歯に知らずしらずのうちに負担をかけて、痛みが発生していることもあります。

舌の脇が凹凸になっていたり、歯茎と唇の境目、粘膜部分付近が盛り上がっていたりしている方は歯ぎしりなどで歯に過剰な圧がかかっている恐れがあります。

歯茎 痛い 歯磨き

2.歯茎が痛むときの対処法

2-1.市販の鎮痛剤を飲む

腫れなどの不快な症状があることで、食事が困難となりかえって免疫力の低下を招く恐れもあります。歯茎が痛むときは、あまり無理をせず市販の痛み止めを服用して様子をみてみてはいかがでしょうか。

 

2-2.痛い部分を冷やす

歯茎が腫れて痛みのある部分は、血液や膿が溜まって内圧が高くなっている場合があります。血液の循環をおさえるために、冷えたタオルや氷枕などを頬に当てて患部を冷やすと痛みが楽になることもあります。

 

2-3.歯磨きの方法を変える

歯茎が腫れて痛むときは、歯ブラシをやわらかいものに変えて刺激をおさえた歯磨きを心がけましょう。歯を磨くときのコツは歯と歯茎の境目に歯ブラシをあて、やさしく振動しながらていねいに細かく磨き上げます。

 

2-4.うがいをする

歯茎が触っただけでも痛むときなど、歯磨きも困難になるときもあるでしょう。

その場合は殺菌作用のある刺激性のすくない洗口液で、うがいだけでもしっかりしておきましょう。

 

2-5.体をゆっくり休める

歯茎の痛みなど炎症が起こる場合の身体の状態は、免疫力が下がって体力がなくなっていることが多いです。

できる限り休養することで、自然と免疫力も上がってきて症状の改善にもつながりますので、休めるときはしっかり休みましょう。

 

歯茎 痛い 歯磨き

3.歯茎の腫れや痛みは放置しても良い?歯医者さんによる治療

3-1.症状によっては歯を失う危険性もある

歯茎の慢性的な痛みは歯周病や虫歯の危険性も考えられます。

この場合は放っておいてもよくなることはないばかりか、症状がどんどん悪化していくことのほうが多いです。

また、虫歯や歯周病がある程度進行してしまうと、歯を抜かないといけないケースもありますので、早めに歯医者さんを受診しましょう。

 

「腫れや痛み」に対する歯医者さんでおこなう治療としては、以下のような方法が挙げられます。

 

親知らずが原因の場合

生え方によっては、そのままにしておくと「隣の歯が虫歯になりやすい」「手前の歯が倒されて歯並びが悪くなる」などデメリットがありますので、抜歯をおこなう場合があります。

 

歯ぎしり・食いしばりが原因の場合

マウスピースを使用し予防する、もしくは噛みあわせの高さを調整し、バランスを整えます。ボトックス注射で咬筋をほぐして改善するという治療方法もあります。

 

歯周病が原因の場合

歯石除去を基本として、動揺する歯に対しては歯同士を固定する方法もあります。

 

虫歯が原因の場合

軽度の虫歯では、歯を削ったあとにプラスチックや金属素材の詰め物を部分的にします。

重度の虫歯は歯の神経を取って銀歯など被せ物を装着する、もしくは抜歯をするケースもあります。

 

口内炎が原因の場合

患部を殺菌・消炎するレーザー治療やウイルス性口内炎では投薬をおこなうこともあります。

 

3-2.歯肉がんの危険性も

慢性的な歯肉の腫れや痛みは、歯肉がんをはじめとする「口腔がん」の場合もあります。

歯肉がんの初期症状としてはあまり自覚がないケースが多いです。

しかし、進行してくると「歯茎の腫れ」「歯茎の痛みや出血」「触ると硬いしこりがある」などといった症状が出てくる場合があります。

「口内炎がどうも治りにくい」などと心あたりのある方は、単なる口内炎ではなく口腔がんのケースも考えられますので、できるだけ早めに歯医者さんに相談しましょう。

歯茎 痛い 歯磨き

4.まとめ

歯茎の腫れや痛いときは、歯周病や虫歯、口内炎などの恐れがあります。

対処法として市販の頓服を服用し、安静に過ごすことで症状がおさまる場合もありますが、歯周病などのケースでは、あくまで一時しのぎの処置でしかありません。

虫歯や歯周病が進行してしまうと、大切な歯を失いかねませんし、まれに歯肉がんなど重篤な病が隠れているケースもあります。

歯茎の腫れや痛みを感じた方は、歯磨きの方法を見直すとともにまずは歯医者さんへ相談されることをおすすめします。

 

監修医

野村 雄司先生

本町通りデンタルクリニック 理事長

経歴

2003年 大阪歯科大学卒業
2007年 大阪歯科大学保存学講座入局
2009年 まごころ歯科勤務
2012年 まごころ歯科退職
2012年 本町通りデンタルクリニック開業
2013年 大阪歯科大学保存学講座歯学博士号取得
現在に至る。

この記事は役にたちましたか?

  • すごく
  • いいね
  • ふつう
  • あまり
  • ぜんぜん
不正確な情報を報告

ネット受付・予約もできる

歯医者さん検索サイト

ご自宅や職場の近くで歯医者さんを探したいときは、検索サイト『EPARK歯科』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を見ることができます。

EPARK EPARK
  • 歯医者さんをエリアと得意分野でしぼって検索!
  • 歯医者さんの特徴がわかる情報が満載!
  • 待ち時間を軽減!24時間ネット予約にも対応!

EPARK歯科で歯医者さんを探す