歯周病が原因?歯茎から出血したときの原因や対処法について解説

  • 1
  • 1
  • 0
  • 0
  • 1
歯周病 出血

歯磨き時に出血し、「歯周病かも?」とお悩みではないですか?その原因の多くは歯周病だといわれていますが、ほかの病気の可能性もあるため注意が必要です。

また、大量の出血や血が止まらない場合、歯医者さんを受診した方がいいのか悩んでしまいますよね。

この記事では、歯周病や出血の原因、血が止まらないときの対処法、予防方法などについてまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

この記事の目次

1.歯茎から出血!原因は歯周病?

1-1.なぜ歯茎から出血が起きるのか?

何気なく歯磨きをしていたら歯茎から出血した、デンタルフロスや歯間ブラシで血が出てしまった、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

出血する原因にはいくつかありますが、多くは歯肉炎や歯周病といった歯茎の病だといわれています。そのほかに、血友病や白血病など血液の病気、ブラッシングの力が強すぎる、病気の治療のため抗凝固剤を服用している、などのケースが挙げられます。

歯周病 出血

1-2.歯茎が炎症を起こす

歯肉炎は歯茎に炎症が起きている状態を指し、歯周炎は歯肉炎が進行し顎の骨にまで影響を与えてしまうものです。どちらも菌に感染することで発症します。歯周病菌はプラーク(歯垢)に潜む細菌のひとつで、歯茎の炎症を招きます。
また、プラークは時間がたつと歯石となり、歯ブラシでは取れなくなります。

このプラークや歯石が歯の表面、または歯周ポケットに溜まることで歯周病を発症する原因になります。

歯周病は初期症状がほぼないといわれており、気がつかないうちに進行しているケースが多いという難点もあります。

2.歯茎から出血したら病院に行った方がよい?

2-1.出血の原因を知るために受診を検討

歯茎からの出血にはいくつか原因があると先述しましたが、まずは原因を知るためにも歯医者さんで受診することが大切です。歯周病は放置するとどんどん進行し、最終的には歯を失うリスクが伴います。加えて、間違った歯磨きをしていると磨き残しが増えたり、歯茎を傷つけて症状を悪化させたりする恐れがあります。

また、口腔内にトラブルがない場合、ほかの病気の可能性もありますので、出血があったときは早めに受診を検討しましょう。

2-2.出血したら歯磨きはしない方がよい?

歯磨きのとき毎回出血が起こると、このまま歯磨きを続けてもよいのか不安になってしまうことも。しかし、血が出るからと歯磨きを止めてしまうと、プラークや歯石が増えてさらに歯周病を悪化させてしまいます。出血が気になっても、食後はしっかりと歯磨きを行いましょう。

また、抗凝固剤を服用している、血液関係の疾患がある場合は、無理に磨いてしまうと症状を悪化させる恐れがあるため、早めに受診しましょう。

歯周病 出血

2-3.血が止まらないときの対処法

歯茎からの血が止まらない、大量に出血しているときは、まずはどこから出ているのか確認します。大量の出血を伴う場合は歯茎を傷つけてしまっている恐れがありますので、歯医者さんに相談してみましょう。

多少の出血であれば、歯ブラシを軽く当てて歯磨きを続けていきます。細菌を患部から出すことで、数日で炎症が収まります。

3.血や膿はわざと出した方がいい?

3-1.出血時はやさしくケア

「歯磨き中に出血したら、無理やり血を出した方がいい」という説もありますが、これは語弊のある表現です。

出血箇所は細菌によって炎症を起こしている状態ですので、先述したとおり細菌をかき出すことで炎症が収まります。

細菌をかき出すための歯磨きによって血が出ることは問題ありませんが、強くこすったり歯茎に押し込んだりすると、歯茎が傷つきます。出血時はやさしくブラッシングをするようにしましょう。

3-2.歯茎から膿が出てきた場合は?

血と一緒に白い膿が出てきた場合、歯周病がかなり進行している恐れがあります。目には見えない歯茎のなかで知らないうちに菌が増殖し、歯周組織を破壊しているかもしれません。

また、膿が出ているケースでは口臭が強くなっていることもあり、不快感を覚える方もいます。血に膿が混ざっているときは、早めに歯医者さんに相談しましょう。

歯周病 出血

4.歯周病は普段のケアが大切

出血させないためには、歯周病の予防が大切です。正しい歯磨きと同時に、ケアグッズの活用や、生活習慣の見直しも視野に入れましょう。例えば間食が多いと、口腔内は常に汚れた状態になり、細菌が増えやすくなります。

そのほか、口腔内の乾燥や喫煙、よくかまずに食べること、ストレスによる免疫力の低下なども要因になるため、こうした習慣のある方は注意が必要です。

5.まとめ

歯茎から出血がある方は、歯周病を発症している恐れがあります。歯周病が要因になっているときには、血が出るからと歯磨きを止めるとさらに悪化させてしまうので、磨く強さに気をつけながらしっかり歯磨きを続けましょう。

しかし、セルフケアだけでは、虫歯や歯周病の予防は難しいともいわれています。目立った症状がなくても、定期的に歯医者さんを受診することをおすすめします。

【監修医 松岡 浩司先生のコメント】

歯磨きをしていたら歯茎から出血した!!と驚かれる方々が多いと思います。

時々で良いので、手鏡を持ち歯磨き粉は使用せずカラ磨きをして確認するようにしましょう。

監修医 松岡浩司先生

この記事は役にたちましたか?

  • すごく
  • いいね
  • ふつう
  • あまり
  • ぜんぜん
不正確な情報を報告

ネット受付・予約もできる

歯医者さん検索サイト

ご自宅や職場の近くで歯医者さんを探したいときは、検索サイト『EPARK歯科』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を見ることができます。

EPARK EPARK
  • 歯医者さんをエリアと得意分野でしぼって検索!
  • 歯医者さんの特徴がわかる情報が満載!
  • 待ち時間を軽減!24時間ネット予約にも対応!

EPARK歯科で歯医者さんを探す