飲食物によって歯が溶ける?酸蝕歯になってしまう理由と具体的な対策方法

    酸蝕歯

    歯が黄色い、歯のツヤが失われたなど、歯の見た目が気になっている方は、酸蝕症(さんしょくしょう)を疑いましょう。

    酸蝕症では、歯が酸によって溶けた「酸蝕歯」の状態となります。日常の飲食が原因になるため、どんなことに注意すべきか確認しておくことが大切です。ここでは、酸蝕歯の症状や原因、具体的な対策まで詳しく解説します。歯の見た目が気になってきた方はチェックしてみてください。

    この記事の目次

    1.酸によって溶けた酸蝕歯とは

    1-1.酸蝕歯の症状と問題点

    酸蝕歯とは、酸性の飲食物や胃液により、歯の表面にあるエナメル質という部分がダメージを受けた状態です。歯の表面が薄くなったりしみたりするほか、ツヤが失われたり黄色くなったりします。さらに、前歯の先端が欠けるなど、歯の形状に悪影響を及ぼすケースもあることが特徴です。

    歯の形状や色に影響が及ぶと、口元が気になって人前で笑えなくなる恐れもあります。コンプレックスになる前に治療するとともに、日ごろから予防を意識しておくことが大切です。

    酸蝕歯

    1-2.酸蝕歯と虫歯の違い

    虫歯は、虫歯菌が出す酸によって歯が溶けてしまう病気です。酸蝕歯が酸性の食べ物や胃液が要因となるのに対し、虫歯は虫歯菌が糖分を栄養にして作り出した酸の影響で歯が溶けます。酸性の食べ物や胃液の影響は、すべての歯に及びます。一方、虫歯は歯垢(プラーク)の中で歯を溶かす酸が生産されるため、歯垢がついている部分のみが虫歯になります。例えば、歯と歯の間や歯と歯茎の間などは虫歯ができやすいです。

    また、酸蝕歯は特定の歯が強く溶けるのではなく、全体的に少しずつ溶けていくため、早期の発見が難しいとされています。虫歯は、溶けた部分が黒くなるため、比較的早い段階で発見できるでしょう。ただし、口の中をチェックする習慣がなければ、気づけない虫歯もあります。

    2.酸蝕歯を引き起こす原因

    2-1.飲食物などの外的要因

    酸性の飲食物には、清涼飲料水や酒類、柑橘系のもの、酢などがあります。そのほか、酸性の成分が含まれたアスピリンなどの内服薬やビタミンCを含むサプリも酸蝕症の原因のひとつです。

    酸性度は、pHという尺度で表され、pHが5.5~5.7を下回ると、歯の表面からカルシウムイオンやリン酸イオンといった成分が溶けだします。下記を参考に飲食物のpHを確認しておきましょう。

    ・コーラ pH2.2
    ・10%オレンジジュース pH2.8
    ・黒酢ドリンク pH3.1
    ・サイダー pH3.4
    ・乳酸菌飲料 pH3.6

    製品によって多少の誤差がありますが、上記の飲み物は酸性度が高いため、飲む頻度を抑えた方がいいでしょう。

    酸蝕歯

    2-2.胃酸などの内的要因

    胃の中で飲食物を消化する胃液は、強い酸性の液体です。通常、胃液が口へと上がってくることはありませんが、嘔吐をするときに溶かされた飲食物と一緒に上がってきます。そのため、拒食症や過食症によって頻繁に嘔吐する人は、酸蝕歯になりやすく注意しなければなりません。

    また、口の中へと胃酸が上がってくる胃食道逆流症の方もなりやすいとされています。病気によって胃酸の影響を受けやすい方は、原因となっている病気の治療や対策を検討しましょう。

    2-3.酸蝕歯になりやすい人の特徴

    酸性度が高い飲食物を頻繁に口にしたり、病気によって口へと胃酸が上がることが多かったりする方は、酸蝕症になりやすいです。毎日のように飲酒をしていたり、ジュースやスポーツドリンクによる水分補給が習慣づいていたりする方は注意が必要です。

    また、酢のような酸味料を使う料理が好きな方、毎食後に酸味のある果物を食べる方もリスクが高まります。

    3.酸蝕歯の歯科医院での治療法

    酸蝕歯は、歯科医院で治療を受けられます。基本的に、エナメル質がはがれて象牙質という層が露出していれば治療が必要です。前提として、早期の発見と治療が大切なことを覚えておきましょう。大きく進行していると、それだけ治療にも長い時間がかかるうえに、治療を受けても元通りの歯に戻すことが難しくなります。

    早期の発見・治療には、歯科医師による観察を定期的に行うことが欠かせません。基本的には歯の見た目を戻すだけではなく、象牙質の露出によって起こる知覚過敏を改善することが治療方針となりますが、症状の進行具合には個人差があるため、状態に合わせて判断していきます。

    歯の形を整える必要がある場合は、コンポレットレジン充填やフルクラウンといった詰め物や被せ物で整えられます。保険適用の治療と自由診療の治療があるので、歯科医師と話し合って慎重に選びましょう。

    4.日常でできる酸蝕歯の対策

    4-1.外因性の酸蝕歯の対策

    飲食物といった外因性のケースは、普段の飲食を見直すことで対策できます。次のことに注意しましょう。

    ・飲食に時間をかけすぎない
    ・寝る前に酸性の飲食物を口にしない
    ・酸性の飲食物を口にした後は十分に口をすすぐ
    ・酸性の飲食物を口にしてすぐのブラッシングを避ける

    口の中に酸性の飲食物が長く残ることで、リスクが上がります。しかし、酸性の飲食物を口にした後はエナメル質が柔らかくなっているため、すぐにブラッシングをしてはいけません。1時間程度は間隔を空けることが大切です。また、柔らかめの歯ブラシでやさしく丁寧に磨きましょう。

    酸蝕歯

    4-2.内因性の酸蝕歯の対策

    嘔吐や胃食道逆流症による内因性のケースでは、さまざまな対策が必要です。

    まず、嘔吐をした後には水や牛乳でうがいをしましょう。牛乳はpH6.6程度のため、酸性の状態を中和してくれます。

    また、溶けだした成分が歯に戻る再石灰化を促すために、ガムを噛むことも有効です。ガムを噛むと唾液が分泌されて、再石灰化が促されます。また、嘔吐物に含まれる酸を少しでも減らすために、酸性の飲食物を制限することをおすすめします。

    このような対策のほか、エナメル質の再石灰化を促したり酸に強い歯を作ったりするために、フッ素塗布をするのもいいでしょう。

    4-3 .正しいブラッシング

    酸蝕症の予防には、正しいブラッシングが欠かせません。ゴシゴシと強い力で磨くと、エナメル質を傷つけてしまいます。歯ブラシの毛が少したわむ程度の力で磨きましょう。重さにして、150~200g程度の力加減が目安です。ただし、力が弱すぎると歯の汚れを落とせないため、適度な強さを心がけましょう。歯の表面を見て、ざらつきや粘つきがある場合は、歯垢が落ちていないと考えられます。

    ただし、自分で歯の汚れ具合を確認するのには限界があるので、定期的に歯科医院でチェックしてもらいましょう。そのときに、正しいブラッシング方法も教えてもらえます。

    5.まとめ

    酸蝕歯は、酸性の飲食物や胃液などの影響で歯のエナメル質が溶けた状態です。

    象牙質が露出することで、冷たいものや熱いものがしみる知覚過敏になります。さらに、歯の黄ばみや欠けといった見た目にも影響が及ぶなど、さまざまな問題点があります。酸蝕歯にならないために、酸性の飲食物をとりすぎないよう気をつけたり、嘔吐や胃酸の逆流の原因を探って対策したりしましょう。異変に気づいたら、まずはかかりつけの歯科医師に相談してください。

    【監修医】遠藤三樹夫先生の写真

    この記事は役にたちましたか?

    • すごく
    • いいね
    • ふつう
    • あまり
    • ぜんぜん
    不正確な情報を報告

    ネット受付・予約もできる

    歯医者さん検索サイト

    ご自宅や職場の近くで歯医者さんを探したいときは、検索サイト『EPARK歯科』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を見ることができます。

    EPARK EPARK
    • 歯医者さんをエリアと得意分野でしぼって検索!
    • 歯医者さんの特徴がわかる情報が満載!
    • 待ち時間を軽減!24時間ネット予約にも対応!

    EPARK歯科で歯医者さんを探す