炭酸水のデメリットを知りたい!歯に与える影響についてご紹介

    炭酸水 デメリット 歯

    炭酸水を日常的に飲んでいる方は「歯が溶けてしまわないだろうか」「歯によくない影響を及ぼすのでは?」と不安に感じているのではないでしょうか。

    この記事では炭酸水とはどのようなものかを説明したうえで、デメリットや歯が溶ける危険性、注意点などについて解説しています。歯が溶けてしまう病気についても取り上げているので、気になる方はチェックしてみてください。

    この記事の目次

    1.炭酸水はどのようなもの?歯が溶ける危険性も

    1-1.炭酸水は何からできている?

    水の代わりに飲む方も多い炭酸水は、水のなかに二酸化炭素を入れて高圧力をかけて溶かしたものです。無糖の炭酸水については基本的に無味のため、食事とあわせても飲みやすいことが特徴です。

     

    1-2.歯が溶け始める酸性の度合について

    歯は酸の性質によって溶ける場合がありますが、お口のなかで唾液が酸性から中性に戻す働きをしているので、弱酸性であれば中和することができ問題ないとされています。酸性の度合いは数値で表すことができ、中性がpH7.0、強い酸性はpH2.7~3.4が目安で、数値が低いほど酸性度は高くなります。歯が溶けだす酸性度についてはpH5.5以下と一般的に言われていて、酸性の度合いが強いものを長時間口に含むときは注意が必要です。

     

    1-3.炭酸水のデメリットは?歯が溶ける危険性

    炭酸水で歯が溶けるリスクについて心配する方もいますが、無糖の炭酸水における酸性度は水道水よりも若干強い程度です。そのため、無糖の炭酸水では歯が溶ける危険性は少ないと考えていいでしょう。しかし、フレーバーつきのものは炭酸水に甘味料や砂糖、香料や酸味料、保存料といったさまざまな添加物が含まれていて、オレンジジュースと同等の酸性度と言われています。糖分が多く含まれるフレーバーつきの炭酸水を日常的に飲んでいる場合は、歯が溶けるリスクがあるので注意が必要です。

     

    1-4.酸蝕歯の心配について

    酸蝕歯(さんしょくし)とは、酸性のものを頻繁に摂取することで歯のエナメル質が溶けてしまうお口の疾患です。酸蝕歯になると、歯の表面の色や形が変わり、冷たいものや温かいものをお口に入れると歯がしみるようになります。糖質を含まない炭酸水であれば日常的に飲んでいても酸蝕歯になるリスクは低いですが、炭酸ジュースの飲みすぎは控えたほうがいいでしょう。

     

    炭酸水 デメリット 歯

    2.家庭でつくれる炭酸水とその作用

    2-1.重曹とクエン酸を使用した炭酸水

    炭酸水は実は自宅でも手軽に作ることができ、重曹(炭酸水素ナトリウム)やクエン酸を使う方法があります。重曹とクエン酸を混ぜることで二酸化炭素が発生するため、水と一緒に混ぜあわせると自家製炭酸水が簡単にできます。クエン酸はレモン汁でも代用可能なので、家庭で自身の好みにあわせて微炭酸の炭酸水を作りやすいです。ただし、クエン酸の取りすぎは歯を溶かす原因にもつながるため気をつけましょう。

     

    2-2.重曹うがいでおこなうオーラルケア

    重曹にはお口のなかの酸性度を中和して悪玉菌の繁殖を防ぐ作用があります。そのため、食用の重曹を使ってうがいをすることで、歯周病や口臭の予防をはじめ、歯の再活性化を促して初期の虫歯の進行を防ぐ作用についても期待できます。重曹を用いたうがい方法では、水道水500mlに小さじ1杯程度の重曹を入れて、歯垢を落としやすくするために歯磨き前に数分間お口に含みゆすぎます。歯磨きの後も、同様の手順で重曹を水道水に混ぜたものをお口に含んでゆすぐことを日課にして虫歯予防に努めましょう。

     

    ただし、重曹水は弱アルカリ性のため、歯茎が痛む可能性があり注意が必要です。また、塩分が多い傾向もあるため、高血圧など塩分制限のある方は誤って飲み込まないようにしたほうが良いでしょう。

     

    2-3.白くなると噂の重曹歯磨きは危ない!

    重曹を使ったオーラルケアとして、歯磨きを取り入れている方もいます。重曹はお掃除や洗濯でも使用されることがあり、歯の黄ばみやヤニなどが取れて歯が白くなりやすいです。ただし、研磨剤作用が強力なため、歯のエナメル質を傷つけて知覚過敏を引き起こす恐れがあります。また、歯が傷ついて表面に凹凸ができることで、逆に汚れが付着しやすくなる場合もあります。そのため、重曹うがいと比較して、重曹を用いた歯磨きは歯を傷つけたり、口内環境に悪影響を与えたりする危険性も高いと言えるでしょう。

     

    炭酸水 デメリット 歯

    3.炭酸水を飲むうえでの注意点

    3-1.フレーバー付きの炭酸水は避ける

    炭酸水は糖分を含まない無糖のものを常飲する分には心配は少ないですが、フレーバーの付いたものは酸性度が強いためできるだけ避けたほうが無難です。毎日飲んでいるという方は、無糖の炭酸水に切り替えたり適度な量に抑えたりして自身で意識して調整しましょう。

     

    3-2.だらだらと炭酸水を飲み続けない

    炭酸水を飲むときは、少しずつだらだらと飲むよりも1度に飲み切ることがおすすめです。長い時間お口のなかが酸性になるのを避けることで、歯の健康に関するリスクを抑えやすいです。

     

    3-3.寝る前に飲むのは避ける

    眠っている間は唾液の分泌量が減って酸を中和する力が落ちてしまうため、寝る前に炭酸水を飲むのは控えたほうがいいでしょう。お口のなかが酸性になっている時間が長くなると、虫歯や歯が溶けるリスクが高まりやすいです。

     

    炭酸水 デメリット 歯

    4.まとめ

    炭酸水のデメリットを知りたい方のために、歯が溶ける可能性や飲み方の注意点などを解説してきました。炭酸水でも無糖とフレーバーの付いたものは、大きな違いがあることが理解できたのではないでしょうか。うがいや歯磨きなど重曹を使ったお口のケアの効果や危険性についても解説しているので、ぜひ参照してみてください。

    【監修医 貝塚浩二先生のコメント】

    ダイエットや美容のために無味の炭酸水や、カロリーゼロの炭酸水を飲んでいる方もいらっしゃいますが、飲む際には少し注意しましょう。歯が溶ける可能性は少ないものの、過剰に摂取したりすることは歯が溶けることにつながります。 また、炭酸水を飲んだ後には、水を飲んだりうがいをしたりして、口を中性に戻すとよいでしょう。

     

    コージ歯科

    この記事は役にたちましたか?

    • すごく
    • いいね
    • ふつう
    • あまり
    • ぜんぜん
    不正確な情報を報告

    ネット受付・予約もできる

    歯医者さん検索サイト

    ご自宅や職場の近くで歯医者さんを探したいときは、検索サイト『EPARK歯科』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を見ることができます。

    EPARK EPARK
    • 歯医者さんをエリアと得意分野でしぼって検索!
    • 歯医者さんの特徴がわかる情報が満載!
    • 待ち時間を軽減!24時間ネット予約にも対応!

    EPARK歯科で歯医者さんを探す