知覚過敏の治療は自宅でできる?今すぐできる対策と歯医者での治療法を解説

アイスやジュースをためらいなく口にすることができますか?または、洗顔時に冷たい水で口をゆすぐとき、「うっ」と眉をひそめたくなる感覚が走ったことはありませんか?

冷たいものが歯にしみるのは知覚過敏のせいかもしれません。日本人の3人に1人は感じたことがある痛みといわれています。そこで、ここでは歯医者さんや自宅でできる知覚過敏の治療法についてお伝えします。

知覚過敏の治療は自宅でもできる!

歯茎やエナメル質に保護されているはずの「象牙質」が露出してしまうことでおきる知覚過敏ですが、自分でできる対策もあります。歯磨き粉やブラッシング方法など、簡単な対処で改善することができるので、ぜひお試しください。

1-1 誤ったブラッシング方法を治そう

歯を磨く時、固めのブラシでゴシゴシ磨いていませんか?歯を綺麗にするためのブラッシングですが、強すぎる場合は歯茎を傷つけたり萎縮の原因になります。ブラッシング圧は、歯ブラシの毛先が広がらない程度の軽い力でも十分に歯垢を落とすことができます。子どもの歯を磨く時も、弱い力で優しく磨いてあげると良いでしょう。

1-2 歯磨き粉を変えて痛みを軽減

知覚過敏専用の歯磨き粉が市販されており、痛みを軽減できます。知覚過敏に有効な成分については諸説ありますので、どんな商品が良いか、信頼のおける歯医者さんに相談できると良いですね。

また、歯磨き粉の量にも注意が必要です。適量は小豆一個分程度と少量で、歯ブラシを覆ってしまうほど付ける必要はありません。研磨剤入の歯磨き粉をたっぷり付けて歯磨きするのも、知覚過敏の一因です。効率よく汚れを落とすための研磨剤が歯の表面を傷つけてしまうこともあることを覚えておきましょう。

歯医者さんで受けられる知覚過敏の治療

仕事や子育て中の女性など忙しくてなかなか行けない、といった声も聞かれますが、やはり歯医者さんでしっかり治療するのがおすすめです。歯医者さんでの治療法にはさまざまありますが、ここではフッ素を使ったものやマウスピースといった一般的な治療法をご紹介します。

2-1 コーティング剤によって痛みを軽減

進行している場合にはレーザー治療や神経を抜いてしまうという場合もありますが、一般的にはコーティング剤の塗布で十分です。しかし、コーティング剤が剥がれると症状がでるため症状によっては何度か通う必要があります。妊娠中は治療が難しい場合もあります。妊婦さんでも受けられる治療法を相談してみると良いでしょう。

2-2 原因になっている歯周病を治療

歯周病によって歯茎が下がり、知覚過敏の症状がでている場合も多くみられます。その場合は、歯周病のケアも必要です。歯石除去だけでなく、口内環境の改善など根本的な治療を進めていきます。少し時間はかかりますが根気強く続けることが大切です。

2-3 マウスピースを用いてエナメル質を保護

歯ぎしりや食いしばりなどで歯のエナメル質がはがれることが原因の知覚過敏も多く、この場合にはマウスピースを用いた治療となります。終日口の中に入れているというわけでなく、寝ている間につけるため負担も軽いのが特徴です。これなら、仕事や子育てで忙しい方でも気軽に利用できます。

まとめ

知覚過敏の治療は軽度の場合、コーティング剤を塗るだけで痛みを軽減できます。早めの治療、正しい日々のケアを続けられれば症状を改善することができるので、まずは予防歯科に力を入れている歯医者さんに相談してみてください。

<全国の歯医者さんを検索!>

飯田歯科医院

不正確な情報を報告