顎関節症で肩こりに?辛い痛みの原因を見つける方法

顎関節症で肩こりに?辛い痛みの原因を見つける方法

50121 View
★役に立った!153

顎関節症と肩こりは密接な関係があります。ひどい肩こりがあり何をやっても改善せず悩んでいたら、実は顎関節症が原因だったということも少なくないのです。

また顎関節症による肩こりを放置していると、両方の症状が悪化するだけなく、頭痛や耳鳴り、めまいさらには自律神経失調症やうつ病の引き金になりうるというから非常に怖いのです。

ではなぜ顎関節症になると肩こりになるのか、つらい痛みはどのようにして引き起こされるのか、そしてそれらのつらい症状から解放されるには何をすればいいのか…今回はこれらを中心にしてまとめてみました。
顎関節症や肩こりに悩まされている方はぜひ参考にしてみてください。

この記事の目次

1.顎関節症が肩こりを引き起こす

1-1 顎関節症について

顎関節症とは、顎の関節周囲で何らかの問題が起こっている状態を言います。症状としては「口を開けると痛い」「口を大きく開けられない」「口を開けた時に顎やこめかみがカクカクなる」といったものです。

原因は顎関節にある繊維組織がずれる、顎を動かす筋肉が炎症を起こす、顎関節を構成する骨が変形している、などが考えられます。

1-2 顎関節症と肩こりの関係

顎関節症になると、顎の筋肉が緊張状態になります。顎の筋肉が緊張すれば、すぐ近くにある首や肩の筋肉も緊張し、肩こりや首のこりを引き起こします。加えて、顎関節症の痛みにより体に力が入ってしまい、それが肩こりを引き起こすことも少なくありません。

2.顎関節症による肩こりの判別方法

2-1 片方の肩や首に強いこり

顎関節症の原因として、噛み合わせや姿勢の悪さ、頬杖をつく癖といったことが挙げられます。顎関節症になる人には体の左右に歪みを抱えていることも多いため、これにより、肩こりの症状にも左右によって違いが生まれやすくなります。

2-2 左右の目尻や口角の高さが違う

顔のパーツの歪みや、使い方の癖で顎関節症が引き起こされることもあります。わかりやすいのは、左右の目尻や口角の高さです。

鏡の正面で、左右の目尻や口角の高さを確認してみましょう。左右差があり、肩こりに悩まされているのであれば顎関節症が原因かもしれません。

 

2-3 ストレートネックになっている

首を形成している骨を横から見てみると、本来は自然なS字カーブが描かれていますが、姿勢の悪さや首周辺のケガなどでカーブが失われ、真っすぐになってしまうことがあります。

これをストレートネックといいますが、ストレートネックでは首が受ける衝撃を吸収できないため、首周辺の筋肉に大きなストレスがかかるのです。顎の筋肉も影響を受けやすいため、ストレートネックから顎関節症、そして肩こりと繋がっている可能性が考えられます。

2-4 歯ぎしりや食いしばりがある

歯ぎしりや食いしばりは、顎関節症を引き起こす原因のひとつです。歯ぎしりや食いしばりの癖に加え、ひどい肩こりがある場合は、顎関節症が関係しているかもしれません。

2-5 口を開けたり、咀嚼したりすると痛みがある

顎関節症の特徴的な症状が、口を開けた時や咀嚼時の痛みです。
よって口を開けた時や咀嚼時の痛みと肩こりは、顎関節症のサインとも言えます。

2-6 その他の判別方法

上記で挙げた例以外でも、食べ物を左右のどちらかで噛む癖がある、食べ物や飲み物を飲み込みにくい、うまく表情を作れない、話しづらい、頭痛といった症状があれば、顎関節症が肩こりの原因になっている可能性があります。

3.顎関節症を治すと肩こりが改善する理由

3-1 顎の筋肉を緩められる

顎関節症では、顎の筋肉が緊張状態になっています。
顎の筋肉が緊張すれば、その周辺にある首や肩などの筋肉も緊張し、それがこりの原因となるのです。
よって顎関節症を治して顎の筋肉の緊張状態を解いてあげると首や肩の緊張も緩み、肩こりが改善します。

3-2 顎の痛みが解消する

顎関節症の痛みにより、肩に余計な力が入っていることがあります。
そのことが原因で肩こりになっている場合は、顎関節症を治して顎の痛みから解放されることで、肩に力が入ることがなくなり、肩こりが改善するのです。

3-3 姿勢がよくなる

そもそも顎関節症には、姿勢の悪さが関係していることが少なくありません。姿勢の悪さにより顎関節症を発症し、顎関節症の痛みでより姿勢が悪化する、という悪循環を起こしていることもあります。

その悪循環を断ち切ることにより姿勢が良くなり、体の歪みが原因である肩こりの改善が見込まれます。

4.顎関節症を放置する危険性

肩こり

4-1 肩こりが悪化の一途をたどる

顎関節症が肩こりの原因となっている場合、顎関節症の痛みでさらに肩に力が入る、体が歪むなどします。結果、肩こりは悪化の一途をたどっていくでしょう。

4-2 口の開閉がスムーズにいかなくなる

顎関節症を放置すると、繊維組織のずれが大きくなる、筋肉の緊張状態が進む、筋肉の炎症や骨の変形が悪化するなどで、最後には口の開閉がスムーズにできなくなります。

また機能的には問題がなくても、顎関節症の痛みがあることで無意識に口を大きく開けられなくなることもあるのです。

4-3 五感に異常が出てくる

顎に近い歯や舌の痛み、味覚異常の他、目の疲れや耳鳴りなど五感にまで影響していきます。さらに悪化すると、手足のしびれや呼吸のしにくさを感じるといった非常に怖い状態になることもあるのです。

4-4 うつ病の引き金となる

顎関節症による不眠や痛みなどによりうつ病になる場合と、顎関節症を引き起こす原因とうつ病と引き起こす原因とが似通っていることにより、両方を発症する場合とがあります。

後者では、例えば体の歪みが原因で噛み合わせが悪いままでいると、脳が大きなストレスを感じ、ささいなことでうつ病を発症しやすくなるということです。

4-5 耳鳴りがするようになる

耳が付いている側頭骨と下顎の骨によって構成される関節が顎関節です。そのため顎関節症になると耳にも影響を及ぼし、耳鳴りという症状として現れることがあります。

4-6 めまいが起こるようになる

私たちは、内耳にある三半規管と耳石器の働きにより、体の平衡感覚を保っています。顎関節症の影響が耳に及ぶとそれらの器官や働きにも異常をきたすようになり、平衡感覚を失ってめまいを起こすようになるのです。

4-7 自律神経失調症の原因となる

自律神経は、活動したり緊張したりすると働く交感神経と、休んでいるときやリラックスしているときに優位に働く副交感神経から成り立ちます。
本来、両者の神経は状況に合わせてバランスをとって働いていますが、顎関節症により脳がストレスを感じると、交感神経ばかりが優位に働いてしまいます。その結果バランスが崩れ、自律神経失調症をきたすことがあるのです。

5.顎関節症を治す方法

5-1 顎関節症セルフ対処法

顎関節症は専門家に診てもらうことが大原則ではありますが、症状が軽い時にはある程度自分で対処することも可能です。ただし痛みを感じたときや、ひどくなったと思うときにはすぐに中止し、無理をしないようにしましょう。

まず、口をめいっぱい開けてそのまま15秒間キープします。次に、軽く「い」の口にして顎だけを前に出して再び15秒間キープ後、顎を引っ込めて15秒待ちます。そして顎を左右にずらしてそれぞれ15秒間保ち、終了です。

5-2 歯を治療する方法

顎関節症の原因の一つに噛み合わせの悪さがありますが、そもそも虫歯や歯並びなどからかみ合わせが悪くなっていることが多いです。また食いしばりや歯ぎしりがある場合は、マウスピースを装着してそれらを緩和します。

上記のような歯のトラブルが思い当たる場合、まずは歯科で相談してみましょう。

5-3 顎を治療する方法

顎関節のずれや、顎周囲の筋肉の緊張が原因による顎関節症の場合は、関節のずれや筋肉の緊張をほぐす整体治療が有効です。

ただし顎関節のずれや筋肉の緊張の根本原因が噛み合わせの悪さや虫歯などであった場合、整体治療も一時的なものになってしまいますので、原因を突き止めるにはやはりまず歯科医院で診断を仰ぐのがよいでしょう。

5-4 口や顎以外を治療する方法

顎関節症により痛みが生じている場合は、痛み止めをうまく使って体に余計な力が入らないようにします。

軽症の顎関節症であればそのまま自然によくなることもありますが、中等度以上では根本治療にはならないため、痛みをコントロールして悪化を避けつつ根本原因を探っていきましょう。また姿勢や体の歪みが原因で顎関節症が生じている場合は、整体で体の歪みを直すことも必要になっていきます。

6.顎関節症を治すことで得られるメリット

6-1 表情が豊かになる

顎関節症を治すと顎がスムーズに動くようになり、顔の筋肉の緊張もほぐれます。そのため表情が豊かになるでしょう。

6-2 食事がおいしくなる

顎関節症を治すと咀嚼時の痛みがなくなり、よく味わって食べることができるので、食事がおいしく感じられるようになります。

6-3 仕事の効率がよくなる

顎関節症の痛みや関節の歪み、筋肉の緊張により、脳はストレスを感じています。顎関節症を治すことで、ストレスから解放され、仕事の効率が上がったという人も多いです。

また、顎関節症の治療により不眠症が改善され、昼間の活動効率があがることもあります。

6-4 頭痛や腰痛など身体の痛みが改善される

頭痛や腰痛、肩こりと顎関節症は互いに影響し合います。
顎関節症の治療により、筋肉の緊張が取れたり身体の歪みが矯正されたりして、顎以外の痛みが改善されるのです。

7.まとめ

顎関節症は肩こりを始め、身体に様々な影響を及ぼします。つまり、顎関節症を治せば身体の調子がよくなる可能性があるということです。顎関節症の診断や治療は素人判断では難しいので、まずは専門家に診てもらい、指示を仰ぐことが大切です。

この記事は役に立った!

松岡歯科クリニック監修医松岡浩司先生

愛知県名古屋市名東区西山本通2丁目12 エミナンス松岡1階

■院長経歴
1986年 日本歯科大学 卒業
1988年 パール歯科医院 勤務
1995年 松岡歯科クリニック 院長就任
現在に至る

先生の詳細はこちら
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

該当部分を選んでください
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
詳細コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

貴重なご意見をありがとうございます
スマイルラインはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

ネット受付・予約もできる

歯医者さん検索サイト

ご自宅や職場の近くで歯医者さんを探したいときは、検索サイト『EPARK歯科』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を見ることができます。

EPARK EPARK
  • 歯医者さんをエリアと得意分野でしぼって検索!
  • 歯医者さんの特徴がわかる情報が満載!
  • 待ち時間を軽減!24時間ネット予約にも対応!

インプラントの相談ができる歯医者さん一覧へ