歯周病

歯周病の症状がまだ浅い場合は、歯石を取り除いて症状を改善していきます

スケーリングで歯石を取り除くと、歯茎が少しずつ引き締まっていきます。

歯周病の症状がまだ浅い場合は、歯石を取り除いて症状を改善していきます

歯周病はお口の中で細菌が感染することで、歯茎などに炎症が引き起こされる症状です。症状が進行すると歯が抜け落ちることもある恐ろしい病気です。そのため歯周病だとわかったらすぐに治療を始める必要があります。

歯周病の進行がまだ浅い患者さまには、スケーリング(※)と呼ばれる、歯と歯茎(はぐき)の隙間に溜まった、細菌のかたまりである歯石を取り除く治療をしていきます。1~2カ月ほど、スケーリングによって歯石を取り除くと、ダメージを受けていた歯茎がきれいに引き締まっていきます。

治療の前後にはお口の中をカメラで撮影して、スケーリングによってどれだけ症状が改善したかを目で見て確認できるようにしています。治療前後の写真を見比べることで「歯周病が改善している」と実感していただき、治療の大切さを知っていただきたいからです。

歯周病は痛みも少なく、症状が実感しにくいということもあり、途中で通院をやめてしまう患者さまも少なくありません。そのため当院では、歯周病の治療に対する前向きな気持ちを育んでいただける工夫をしています。一緒に歯周病のない健康なお口を目指しましょう。

重度の歯周病は歯茎を切り開いて、歯と歯茎の奥にある歯石を取り除きます

重度の歯周病は歯茎を切り開いて、歯と歯茎の奥にある歯石を取り除きます

重度の歯周病にはフラップ手術が必要になることがあります。細かい精度で歯石を取り除きます。

スケーリングだけでは改善できないほど歯周病の症状が悪化してしまった場合は、フラップ手術(※)と呼ばれる歯茎の外科手術が必要になることがあります。スケーリングでは届かない、歯茎の内側を治療する外科手術です。

フラップ手術は、歯茎を切り開き、歯と歯茎の隙間で炎症を起こす原因となる歯石や歯肉を取り除き、歯茎の内側にある汚れを取り除いてから、開いた歯茎を縫い合わせます。フラップ手術は歯茎を切り開くことで、歯周病によってできてしまった歯と歯茎の隙間を細かく見ながら、汚れをしっかりと取り除くことが可能です。

治療時間は、治療する歯の本数によって変わりますが1~2時間程度が目安です。歯周病が重症化した場合には、なるべく早くフラップ手術を受けるようおすすめしております。この治療をおこなう際には麻酔をしますので、少ない痛みで治療を受けていただけます。

痛みなどの自覚症状がないため、早めの発見と治療を心がけましょう

痛みなどの自覚症状がないため、早めの発見と治療を心がけましょう

初期の歯周病は歯石を取り除くことで改善することができます。早めの治療を心がけましょう。

当院では、患者さまに少しでも早い段階で歯周病の治療を受けていただくため、ご自宅でブラッシングをしているときの出血や、歯が浮く感じがするなどの症状が出たときには、歯に痛みを感じなかったとしても、ご来院されることをおすすめしています。

歯周病は痛みなどの自覚症状が出てくる頃には、重度の症状になっていることがほとんどです。そのためなるべく早く症状を発見して、早めに治療することが重要になります。早めに治療ができれば、治療する期間も短くなり、歯や歯茎への負担を減らすことができます。

痛みを感じる状態になると手遅れになってしまいますので、少しでも違和感があったら当院へお越しください。歯周病の治療で、早めに歯周病からお口を守りましょう。

医院写真

ネット予約・空き状況確認

今日 明日 明後日
受付不可 休診日 受付不可

2019年12月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
-
12
13
-
14
-
15
16
-
17
-
18
-
19
20
-
21
-
22
23 24 25
26
27
28
-
29
30
-
31
-

2020年1月

1
2
3
-
4
-
5
6 7 8
9
10
11
-
12
13
14
-
15
-
16
17
-
18
-
19
20
-
21
-
22
-
23
24
-
25
-
26
27
-
28
-
29
-
30
31
-

 :受付中 :お問い合わせ -:受付不可

ネット予約・空き状況確認
掲載のご案内