神経を抜く虫歯治療って?抜髄が必要になる虫歯の症状や治療後の不安を併せて解説

  • 4097
  • 2219
  • 326
  • 112
  • 245
虫歯の神経を抜くって具体的にどんな治療?抜髄が必要になる症状を併せて解説

重度の虫歯治療や歯の根が折れてしまった際に、「歯の神経を抜く」という表現が出てきます。しかし、「神経を抜く治療」とは具体的にどんな処置をするのでしょうか?

この記事では、「神経を抜くとは?」「どのような手順?」といった「根管治療」の基礎知識から、「どんな状態のときに神経を抜く?」「抜いた後に痛くなることもあるの?」などのお悩み解消まで「歯の神経を抜く治療」に関する情報を掲載しています。

この記事の目次

1.「歯の神経を抜く」とは具体的にどういう治療?

一般的に「歯の神経」と呼ばれているのは、「歯髄(しずい)」という場所です。

「歯髄」とは歯の内部にある「神経・血管など、歯を生かしておくための柔らかい組織」を指します。

歯の断面図

歯髄は、歯の内部にある「歯髄腔(しずいくう)」という場所にあります。神経を抜く場合、まずは虫歯を削り、歯髄を露出させます。

歯髄が出てきたら、「ファイル」と呼ばれる器具で除去していきます。ファイルは「針の先端がヤスリ状になった道具」です。上下に動かす「ファイリング」という動作で、歯の中身を掻き出すことができます。

根管治療「ファイリング」の図解

「神経を抜く処置」は、「やむを得ず、歯を死なせる処置」になります。神経を抜く処置のことを、正式名称で「抜髄(ばつずい)」と呼びます。

次の章で、治療の一連の流れについて解説します。

2.神経を抜く処置の流れとは?

前章では、神経を抜く方法を解説してきましたが、実際の治療においては「抜いたら終わり」というわけではありません。

神経を抜くときは、歯の内部をきれいに無菌化する処置が必要です。

「神経を抜いて、歯の内部をきれいにして、薬を入れてかぶせ物をする」までの一連の治療を「根管治療(こんかんちりょう)」と呼びます。ここでは、虫歯治療における根管治療の手順を解説します。

2-1.歯を削り、神経を除去

まずは、虫歯部分を削り、神経を露出させ、「ファイル」を使って機能しなくなった神経(歯髄)や膿を除去したり、根管内を清掃したりします。

歯の根のほうにある「根管」と呼ばれる箇所は、細く曲がりくねっていたり、複雑に枝分かれしていたりするため、丁寧に除去していくことが大切になります。
また、神経を取り除きながら、「根管拡大」と呼ばれる根管を広げる処置や、「根管形成」という薬をつめるために根管の形を整えていく処置を行います。

2-2.根管充填(こんかんじゅうてん)

神経を取り除き、根管の内部を洗浄した後に行う、薬をつめる処置を「根管充填」と呼びます。薬をつめることで歯の内部を無菌化し、再感染を防ぐことができます。

根管充填では、「ガッタパーチャポイント」と呼ばれる詰め物がつめられます。つめる際には、無菌状態が保たれるよう、隙間を作らないことが大切とされています。

3.どんな虫歯だと神経を抜く必要がある?

虫歯治療において神経を抜く必要があるかどうかは、虫歯の進行具合で判断されます。虫歯は「C1~C4」の4段階に進行を分けることができます。

虫歯の進行度の図解

C1:エナメル質う蝕(えなめるしつうしょく)

歯の表面にある、エナメル質が虫歯になった状態です。
エナメル質の厚さは「2.0~2.5mm」なので、表面だけの虫歯です。

痛みを感じることは少ないです。

C2:象牙質う蝕(ぞうげしつうしょく)

虫歯菌がエナメル質より内側にある象牙質にまで、到達している状態です。
冷たいもの・甘いものがしみることはありますが、何もしてないときは痛みません。

C3:歯髄の仮性露出(しずいのかせいろしゅつ)

歯髄にまで虫歯菌が達している状態です。

「歯髄炎(しずいえん)」と呼ばれる、歯髄が炎症を起こしている状態になっていることもあります。この段階になると、何もしていなくてもズキズキと痛むことがあり、夜眠れないこともあります。

C4:残根(ざんこん)

歯髄が虫歯菌に殺されて、もう痛みは感じません。歯の内部は虫歯菌の巣窟(そうくつ)になっていて、歯を救うのは困難な状態です。

3-1.神経を抜かなければならない虫歯は、「C3」の状態!

「C1~C2」の状態で虫歯治療を行う場合、歯を削ることや歯の再石灰化により治療を終えることができます。しかし、「C3」の状態になり、虫歯菌が歯髄に到達し「歯髄炎(しずいえん)」という炎症を起こすと、抜髄を検討していくことになります。

C3の虫歯の図解

歯髄炎には、「可逆性歯髄炎」と「不可逆性歯髄炎」の二つの種類があり、初期症状である「可逆性歯髄炎」のときには、まだ神経を残したままでもよい場合もあります。しかし、元に戻らない「不可逆性歯髄炎」の状態になった場合には、根管治療を行います。

また、虫歯の進行が「C4」に進んだ場合は、神経が死んでしまっている状態のため抜歯による処置が一般的になります。

3-2.虫歯以外の理由でも神経を抜くことがある!

これまで解説してきた根管治療は、歯髄が炎症を起こして元に戻らなくなった際に行われる治療方法です。歯髄の炎症は、虫歯の進行以外にも下記のような場合に起こりえます。

重度の知覚過敏(ちかくかびん)

冷たいもの・甘いものを食べたり、歯ブラシが触れたりすると痛みが走る症状を「知覚過敏」と言います。知覚過敏は、歯ぎしりや噛みあわせの状態により歯に大きな力がかかり、象牙質がむき出しになることでおこります。

重度の知覚過敏で、ほかの治療方法で改善できないときには、抜髄という選択をとることがあります。

歯の亀裂

歯が割れてしまい、神経の通っているところまで亀裂や傷が入った場合は、神経を取り除き、内部を無菌化します。

その他、歯牙移植(歯を他の場所に移植する手術)を行う際にも、神経を抜き無菌化してから移植が行われます。

4.神経を抜いた歯の治療中・治療後の痛みの原因

4-1.歯の根に膿がたまっている・炎症を起こしている

根管治療では、仮の詰め物をつめて様子をみる処置が複数回にわたって行われます。その途中で歯根に膿がたまってしまうと、痛みが生じてしまう恐れがあります。

また、治療が全て終わった後も痛みが続く場合、歯根膜という神経の周りにある組織が炎症を起こしてしまっている危険性が考えられます。

特に食べ物を食べたり噛んだりしたときに痛みが強くなる場合、詰め物があわずに力がかかって、周辺組織の炎症を引き起こす要因となっていることもあります。この場合、歯医者さんで調整して痛みを解消していきます。

歯が痛い人

4-2.薬をつめたときの圧

根管治療では、最終的に神経を抜いた部分に薬をつめます。歯の根の中に空気が入ると痛みや細菌感染を招く危険があるため、薬をつめる際には強い圧をかけて行われます。
この圧が要因となって、薬をつめた後に一時的な痛みが出ることがあります。

4-3.神経の取り残し

歯の根は細かく複雑な構造になっていて、神経をきれいに取り除くのが難しいこともあります。取りきれずに残っている部分があると、その部分が刺激されると、治療中に痛みが出てしまいます。

5.神経を抜く治療に関するQ&A

5-1.神経のない歯は寿命が短いってホント?

神経が残っている歯と比較して、寿命が短くなりやすいのは本当です。

神経がなくなっていると痛みを感じなくなり、虫歯の再発に気づくことが難しくなります。結果、手遅れになるまで気づかない場合もあり、抜歯しなければいけない恐れが高まります。

また、神経のない歯は割れやすくなるので、「歯根破折(しこんはせつ)」(歯の根元が折れること)で抜歯に至る確率も上がります。

神経を抜き弱くなった歯

5-2.神経を抜いた歯が変色するのはなぜ?

神経を失った歯を「失活歯(しっかつし)」と言います。(神経を失った歯は「無髄歯」とも呼ばれます)失活歯は、時間の経過にともなって黒っぽく変色することがあります。

これは、歯髄がないと血液が循環しないために、歯の象牙質に含まれるコラーゲンなどが変質して起こる現象です。
また、歯の内部にあった血液が、象牙質の細かな穴に入りこみ、象牙質を変色させるケースもあります。

変色した失活歯を白くするためには、歯の内部から漂白する「インターナルブリーチ」、歯全体を白いかぶせ物で覆う「クラウン修復」などの方法があります。

6.まとめ

神経を抜く治療の手順や、抜かなければならない虫歯の状態、治療後にも痛みが続く場合に考えられる要因などを掲載してきました。

虫歯を放置して神経まで虫歯菌が到達することで、神経を抜かなければならなくなります。また、神経を抜く治療は、1回で終わらないため、何回も受診しなくてはいけません。また、神経を抜いてしまうと歯はもろく折れやすくなるので、根管治療を行わなくても大丈夫なよう、虫歯だと気づいたら早めの治療が大切になります。

【監修医 貝塚 浩二先生のコメント】

なるべく歯の神経取らない方が良いです。神経を取ってしまうと木の枯れ木と同様にもろい歯になってしまうので、治療を被せるようになってしまいます。また体内の異物と判断されてしまうと、いつかは抜歯等を行うことになってしまいますので、歯科医院での定期診断等の予防が大切になります。

神経を取らないようにする治療として、ドックセメント療法、3ミックス療法、レーザーによる治療等がありますので、かかりつけの歯科医院に相談してみて下さい。

この記事は役にたちましたか?

  • すごく
  • いいね
  • ふつう
  • あまり
  • ぜんぜん
不正確な情報を報告

ネット受付・予約もできる

歯医者さん検索サイト

ご自宅や職場の近くで歯医者さんを探したいときは、検索サイト『EPARK歯科』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を見ることができます。

EPARK EPARK
  • 歯医者さんをエリアと得意分野でしぼって検索!
  • 歯医者さんの特徴がわかる情報が満載!
  • 待ち時間を軽減!24時間ネット予約にも対応!

EPARK歯科で歯医者さんを探す