舌の病気や種類について解説!こんな症状がある場合は要注意

    舌の病気 種類

    「舌にできものがある」「舌の色や表面がおかしい気がする」とふとしたときに気が付いて、舌の病気かもと不安になる方は多いのではないでしょうか。

    この記事では舌の色やできものといった症状をはじめ、舌がんとそのほかの病気の種類について解説しています。また、子どもの舌に起こる症状にも触れています。自分や家族に気になる症状がある方は、受診を検討する材料として確認してみてください。

    この記事の目次

    1.舌に起きるさまざまな症状と考えられる病気

    1-1.口内炎のような症状や口のなかの傷がなかなか治らない

    食べたり飲んだりしたときに口のなかが痛むと、口内炎かな?と思う方は少なくないでしょう。しかし、症状がなかなか治らない場合には口内炎以外の疾患も考えられます。

    例えば、紅板症という疾患は粘膜の一部分が鮮やかな赤色を帯びて痛みを生じるため、口内炎との区別がつきにくいです。しかし、この疾患はがん化する可能性が高い傾向にあるので、患部は切除したほうがよいとされています。

    舌がんの場合、初期だと自覚症状を感じにくいのですが、症状が進んでくるにつれ痛みや舌を動かしたときの違和感などが現れます。多くは舌の両脇にできると言われていますが、舌の裏側のような見えにくいところにある場合もあります。

    また、一般的な口内炎だったとしても身体の異変によって発症しているケースも考えられます。白血病やクローン病、ベーチェット病、潰瘍性大腸炎など免疫にかかわりのある疾患が潜んでいる場合もあるので、症状が長引くときには一度医療機関へ相談してみることをおすすめします。

     

    1-2.できものや硬いしこりがある

    舌にポコッとできものがある、しこりがある、でこぼこしているなどの症状は舌がんの恐れもあります。

    舌がんが進行すると、口内炎のようなものが潰瘍に変化したり、首周辺のリンパが腫れたり、出血するといった症状が出てきます。

    舌がんは舌にできるがんのことを指しますが、口のなかにできるがんをまとめて口腔がんと呼びます。舌のほか歯肉部分にできるがんや口腔底がんなどもあるので、お口のなかに異常を感じたときは早めの受診を検討しましょう。

     

    1-3.舌に白いものが付いている・ただれている

    舌に白く苔のようなものが付いている場合、口腔カンジダ症や白板症、扁平苔癬といった疾患が考えられます。

    口腔カンジダ症とは、口のなかに存在するカンジダ菌が免疫力の低下によって異常繁殖を起こしてしまう疾患で、ヒリヒリとする痛みを感じます。原因としてはほかにも口のなかの清掃不良や唾液の分泌不足、投薬による副作用などもあります。口のなかを清潔に保ち、長引くときには抗真菌薬を含んだうがい薬や塗り薬で治療していきます。

    白板症もまた粘膜の一部が白くなる疾患で、口内炎のような接触痛や食べ物・飲み物がしみるといった症状がある場合もあります。白板症は紅板症などと同様に前がん病変と呼ばれるものの一つで、放置していると悪性のがんになる可能性のある病気です。悪性度の低いものから高いものまであり、実際には切除して検査をしてみる必要があります。喫煙や飲酒、入れ歯が原因となる慢性的な刺激、ビタミン不足などが関係しているとも言われています。

    扁平苔癬は、粘膜が白く細くレースを編んだような状態になる疾患です。多くは頬の粘膜に現れますが、舌にもできることがあります。食べ物がしみる、触れると痛むほか、潰瘍やびらんをつくることもあります。はっきりとした原因は不明ですが、金属アレルギーや代謝、免疫、ストレスなどがかかわっていると考えられています。

     

    1-4.赤い斑点がある・一部だけ赤い

    舌に赤く斑点が現れた、または一部だけ赤くなっているといった症状は、これもまた紅板症や舌がん、そのほかでは紅斑性カンジダ症などを抱えていることが考えられます。

    紅斑性カンジダ症は、口腔カンジダ症と同じくカンジダ菌が原因となる疾患ですが、舌に紅斑をともないヒリヒリとした痛みも生じます。症状はやや異なるものの、同じ菌によるものなので基本的な原因や対処法は同じです。

     

    1-5.見た目に異常はないのにピリピリと痛む

    舌が痛いけれど見た目は何ともない、舌痛症という疾患も存在します。ヒリヒリ・ピリピリといった痛みが長く続くほか、口の乾燥や味覚・触覚の異常などが主な症状です。別の何かに集中していたり、寝ていたりするときにはそれほど痛みを感じないようです。舌痛症のはっきりとした原因はわかっていません。ある種の漢方薬や東洋医学的治療が効を奏す場合もあるようです。

     舌の病気 種類

    2.子どもの舌に異変がある場合に疑われる病気

    2-1.舌にいちごのようなブツブツ

    舌の異変は大人ばかりでなく子どもにも起こります。

    「溶連菌感染症」は喉の痛みや38度以上の発熱とともに、舌にはいちごのようなつぶつぶが現れます。また、身体や手足に発疹が出る場合もあります。溶連菌感染症は急性腎炎の併発や家族への感染の恐れもあるため、できる限り早めに医師の診療を受けるようにしましょう。

     

    2-2.広範囲に赤く腫れている

    外傷や火傷または細菌、ウイルスなどによって舌が炎症を起こすことを舌炎と言います。舌がただれるほか潰瘍になったり食べ物がしみたりします。この場合、舌だけではなくほかの口腔粘膜に炎症を起こしているケースも少なくありません。

    舌全体に地図を描いたような斑紋が生じる地図状舌という症状もあります。原因は不明で発熱の際にも確認されることがありますが、解熱とともに症状は治まるためこれと言った治療もありません。

     

    2-3.舌がまだら模様になっている

    舌に赤っぽいところと白っぽいところがあり、まだら模様になるのもまた、地図状舌の症状です。模様は日によって変化し、何日かで消えていくこともあれば数か月、数年間と続く場合もあります。

     

    舌の病気 種類

    3.舌の病気を診てもらいたいとき、どの診療科に行く?

    3-1.耳鼻咽喉科や歯科口腔外科が担当

    いざ病院を受診しようと思っても、どの科に行けばいいか悩むことも少なくありません。舌の病気を担当しているのは、主に耳鼻咽喉科や歯科口腔外科です。そのほか病院によっては、歯科口腔内科という診療科も設けられています。歯科口腔外科で対応してもらえる症状であるケースも多いので、まずはかかりつけの歯医者さんに相談してみてはいかがでしょうか。また、口腔がんの検査に対応している歯医者さんでは、歯科口腔外科の範囲を超える疾患だった場合に、大学病院や耳鼻咽喉科への紹介をスムーズにおこなえることもあります。

     

    舌の病気 種類

    4.まとめ

    舌の病気や種類について解説してきました。口内炎と間違えてしまいそうな疾患や、見た目から異常を感じる疾患、さらに子どもに起こりやすい疾患などがありますが、心あたりがあれば早めの受診が大切です。舌や口腔粘膜の異常は耳鼻咽喉科や歯科口腔外科、または歯科口腔内科で診療しているので、自身の行きやすいところを選んでみてください。

     

    【監修医】遠藤三樹夫先生の写真

    この記事は役にたちましたか?

    • すごく
    • いいね
    • ふつう
    • あまり
    • ぜんぜん
    不正確な情報を報告

    ネット受付・予約もできる

    歯医者さん検索サイト

    ご自宅や職場の近くで歯医者さんを探したいときは、検索サイト『EPARK歯科』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を見ることができます。

    EPARK EPARK
    • 歯医者さんをエリアと得意分野でしぼって検索!
    • 歯医者さんの特徴がわかる情報が満載!
    • 待ち時間を軽減!24時間ネット予約にも対応!

    EPARK歯科で歯医者さんを探す