舌の痛みは何科にかかればいい?舌痛症の特徴についても解説

  • 1
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
舌 何科

「舌がピリピリする」「舌になにか痛みがある」このような症状で、なにか病気にかかっていないかと不安に思う方もいるのではないでしょうか。舌の病気は原因によって対応する診療科が変わるケースもあるので、できるだけ症状にあわせた医療機関を訪れたいものです。

この記事では、舌が痛いときに考えられる病気や何科を受診すればよいのかについて説明しています。舌に違和感や痛みがある方は、ぜひ参考にしてください。

この記事の目次

1.舌が痛いときや違和感がある場合に考えられる病気、検査や治療方法も

1-1.鉄欠や亜鉛・ビタミンの欠乏性貧血によって起こる舌炎

鉄欠乏性貧血よって起こる舌炎は、プランマービンソン症候群と呼ばれていて、舌のつぶつぶした細かい突起箇所がなくなります。血液検査によって判明し、舌の表面が赤みを帯びて滑らかになるのが特徴です。偏った食生活を送っている方や中年女性などがかかりやすく、鉄剤を投与することで症状に働きかけます。

またビタミンB12と葉酸不足により起こるハンター舌炎も、プランマービンソン症候群と似た症状で、舌がしみることもある疾患です。菜食主義の方や胃の炎症により粘膜が萎縮している方などに出やすい症状で、治療ではビタミンが体内に行き届くよう注射をおこないます。

亜鉛が不足した場合には、舌は乾燥気味になり痛みをともないます。食事性味覚障がいの方や薬を飲んでいる方、全身疾患がある場合などに起こりやすいです。血液検査の結果、亜鉛が足りていない場合には、亜鉛補給剤を内服して症状の緩和につなげていきます。舌が炎症を起こしていて、栄養不足だと感じている方はできるだけ早く医療機関を受診して相談しましょう。

 

1-2.舌を動かすと痛い場合は神経痛の恐れがある

舌を動かしたときに付け根部分や奥側に激しい痛みがある場合は、三叉神経痛や舌咽神経痛の疑いがあります。神経が血管によって圧迫されることにより発症する疾患で、MRIを使った検査がおこなわれます。治療が必要な場合は、抗てんかん薬をはじめとした薬物療法のほか、必要におうじて手術をすることもあります。

 

1-3.異常が見つからない場合は舌痛症と診断される

舌に痛みやしびれなどの異変を感じているにもかかわらず、検査をしても原因が特定できない場合は舌痛症という診断名がつきます。原因は不安をはじめとした心理的なものと考えられ、治療では抗うつ剤の処方とあわせて生活指導やカウンセリングなどをおこないます。

 

1-4.そのほかに考えられること

そのほかに舌が痛む原因として考えられるのは、補修物や義歯による刺激をはじめ、技工物がお口にあわないことで舌が炎症を起こしてしまうケースもあります。また、カンジダ症や単純性ヘルペスといった感染症や加齢にともない女性に多く見られるドライマウスなども、舌の痛みや炎症につながりやすいです。悪性腫瘍の場合も痛みがあり、検査の際には視診や触診のほか生検も実施して識別をおこなっているので、気になる症状がある方は自己判断をせずに医療機関を訪れましょう。

 

舌 何科

2.舌が痛い場合には何科を受診すべきか

2-1.お口全般の悩みに対応する歯科口腔外科

舌に痛みを感じた場合には、お口のなかのさまざまな疾患に対応する歯科口腔外科を訪れることができます。舌の外傷をはじめ、口腔がんや神経痛などの症状について対応しているので、まずは歯科口腔外科を掲げる地域の歯医者さんを訪れるのがおすすめです。

口腔がんの手術など地域の歯医者さんでおこなうよりも専門的な治療や設備が必要となる場合は、対応している病院を紹介してくれますので相談してみましょう。

 

2-2.迷ったときには総合的な診療をおこなう内科へ

舌の痛みが発生して、何科にかかるべきか迷ったらまずは内科を受診してみるのもいいでしょう。ドライマウスや鉄欠や亜鉛・ビタミンの乏性貧血、お口の粘膜の疾患などにも対応し、体の健康状態もあわせて相談しやすいです。

 

2-3.口とも関連性の高い耳鼻いんこう科

耳鼻いんこう科でも口腔カンジダ症や粘膜疾患、口腔がんなど幅広いお口のトラブルに対応しています。原因の解明が難しい舌痛症についても、複数の治療方法を組みあわせて症状に働きかけるので、お口の悩みがある場合は訪れやすいです。

 

3.まとめ

舌の痛みや違和感があるときには、何科を訪れるべきかについて紹介してきました。また、自身の症状と照らし合わせやすいように、舌の痛みに関連する疾患の特徴や原因、治療方法についても詳しく説明しています。舌の痛みは、神経痛や口腔がんなどと関連しているケースもあるので、異変を感じたらそのままにしておかないことが大切です。できるだけ早く医療機関を訪れて、舌の症状にあわせた治療を開始しましょう。

 

【監修医 松岡浩司先生のコメント】

放置しておくと、中には癌化してしまうケースもありますので、早期受診を心がけてください。

 

監修医 松岡浩司先生

この記事は役にたちましたか?

  • すごく
  • いいね
  • ふつう
  • あまり
  • ぜんぜん
不正確な情報を報告

ネット受付・予約もできる

歯医者さん検索サイト

ご自宅や職場の近くで歯医者さんを探したいときは、検索サイト『EPARK歯科』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を見ることができます。

EPARK EPARK
  • 歯医者さんをエリアと得意分野でしぼって検索!
  • 歯医者さんの特徴がわかる情報が満載!
  • 待ち時間を軽減!24時間ネット予約にも対応!

EPARK歯科で歯医者さんを探す