歯周病を治すにはどうしたらいい?治療方法別の特徴と費用目安を解説

  • 65
  • 60
  • 11
  • 2
  • 8
歯周病を気にする女性の写真

歯周病の治療方法やそれにかかる費用が気になっている方、多いのではないでしょうか。歯周病は、進行具合や選ぶ方法によってかかる費用が大きく変わる場合があります。この記事では、歯周病の治療方法やそれぞれの特徴、かかる費用の目安を紹介しています。歯周病の治療について知りたい方、その費用が気になる方はぜひ読んでみてください。

※掲載する平均費用はあくまでユーザー様のご参考のために提示したものであり、施術内容、症状等により、施術費用は変動することが考えられます。必ず各院の治療方針をお確かめの上、ご自身の症例にあった歯医者さんをお選びください。

この記事の目次

1.歯周病はどのように治療していく?

1-1.まずは歯垢や歯石を除去する

各種検査後に歯周病と診断された場合、まずは歯周病の原因となる歯垢や歯石の除去をおこなっていきます。正しいブラッシング指導や歯垢・歯石除去のほか、必要に応じて汚れが付着した歯根をきれいにする処置をおこなうこともあります。
また、歯周病が進行しにくい状態にするため、日々のケアのなかで歯垢を除去しやすいよう歯並びを整えたり、合っていない修復物を取り除いたりといった治療法もあります。
歯周病が進行してしまい歯がぐらぐらしている場合は、できるだけ負荷がかからないように隣接した歯と歯科用接着剤で接着したり、全体のバランスを考え早い段階で抜歯したりすることもあります。

ここまでを歯周基本治療といいます。

1-2.必要に応じて外科的処置も

歯周病が進行するにしたがい、歯と歯肉の間にできた隙間は深くなります。
「歯周ポケット」と呼ばれるこの隙間の深さが、歯周基本治療をおこなっても正常な状態に戻らない、細菌をしっかり除去できないという場合には、外科的な治療が必要になってきます。
歯根の表面の汚れや細菌感染している歯肉組織を取り除く歯周ポケット掻爬術(そうはじゅつ)、歯肉を切開し直接歯の根が見える状態にしてから歯垢や歯石、炎症を起こしている歯肉組織を除去する歯肉剥離掻爬術(しにくはくりそうはじゅつ)など、状態に応じておこなわれます。

1-3.重度になると抜歯の可能性が高まる

歯周ポケットがさらに深くなり、歯を支えている骨が3分の2以上溶けてしまっている状態を重度歯周病といいます。骨が溶けてしまうことにより歯がぐらついたり、自然と抜け落ちたりというような症状が現れます。
ここまでに紹介した歯周基本治療や外科的処置をおこない、改善が見込めない場合には抜歯になることもあります。
また、状態によっては、失った歯周組織を再生する歯周組織再生療法という治療法も選択できます。

歯周病の図解

2.選択できる治療方法はどんなものがある?

2-1.基本治療である歯垢・歯石除去、殺菌にはレーザーの選択肢も

歯垢はブラッシングである程度落とすことができますが、歯石になってしまうとセルフケアで取り除くのは難しく、歯医者さんでスケーラーを使い除去します。
歯石とりに使われるスケーラーは、先に金属製の歯が付いた手用のもののほか、超音波や空気圧を使うものなどもあります。
また、レーザーの光や熱を使って歯石を除去したり、ポケット内を殺菌したりする治療をおこなう歯医者さんもあります。スケーラーで届きにくいポケットの奥まで届くことや、殺菌もおこなえるというメリットがあります。使用するレーザー機器にはいくつか種類があり、治療は自由診療となることも多いです。

2-2.重度の場合、抜歯になることも

歯周病治療では歯を残すことを前提としつつ、進行度合いによって抜歯を選択することもあります。それは、重度の歯周病を抜歯せず残すことが歯を支える骨にも影響を及ぼすからであり、抜歯することで歯を支える歯槽骨や周りの歯を残せる可能性が高まるからです。
抜歯後の選択肢として、顎骨にボルトを埋め込み被せ物をするインプラントや、隣合った歯を土台に人工の歯で補うブリッジ、取り外し可能な人工物を使う入れ歯があります。

2-3.再生治療という選択肢も

歯周病によりダメージを受けた歯周組織は、歯周病菌を取り除く治療をおこなっても元には戻りません。しかし、歯を支える組織を再生させ、元の状態に近い形へ戻す治療があり、これを再生治療・再生療法と呼びます。
現在おこなわれている再生治療は下記のとおりです。

・人工膜で歯肉の入り込みを防ぎ、歯周組織(骨)の再生を待つGTR法
・欠損した部分に薬剤を注入し、歯周組織の再生を促す治療法
・自身の骨や人工の骨などを移植する骨移植術

再生治療が登場したことで、これまでは抜歯しか選択肢がなかった歯周病でも歯を抜かずに済む可能性がでてきました。しかし、適応症が限られており、進行しすぎている歯周病の場合は再生が期待できません。

歯科器具の写真

3.治療にかかるおおよその費用は?

3-1.歯周基本治療

歯周病治療の基本となる歯周基本治療ですが、検査により歯周病と診断されれば、歯垢や歯石の除去、ブラッシングの指導に保険が適用されます。3割負担で、歯周基本検査が150円~600円、歯周精密検査が300円~1,200円、歯石除去は初回204円で3分の1顎ごとに加算されていきます。さらに歯根の歯石を除去する場合はそれも加算されます。
また、レーザー治療を選択する場合は自由診療となることが多く、使用している機器や治療内容によって異なるため、費用は数千円から数万円と幅があります。なお、Er:YAG(エルビウムヤグ)を使ったレーザー治療は、虫歯治療と歯周病の歯石除去という条件で保険が適用される場合があります。

3-2.外科的治療

歯周病が進行して歯周ポケットが深くなっている場合におこなわれる外科的処置には、基本的に保険が適用されます。歯周ポケット掻爬術や歯肉剥離掻爬術などの一般的な外科治療が対象となり、症状により施術回数や費用は異なります。なお、3割負担で歯周ポケット掻爬術は1歯あたり240円、歯肉剥離掻爬術は1歯あたり1890円となります。

3-3.再生治療

GTR法は保険適用となることがあり、その場合は1歯につき6,000円前後となります。
薬剤を注入し歯周組織の再生を促す治療法も、保険適用となる場合があり6,000円前後です。
なお、使用する薬剤や材料のほか、歯科医院により保険診療か自由診療でおこなうかが変わるため、詳しくは治療を受ける歯医者さんへご確認ください。
骨移植については自由診療となるため、1部位5万円~10万円程度です。

電卓と歯科器具の写真

4.まとめ

歯周病の治療は、症状の進行具合や選ぶ治療内容によって費用は大きく異なります。保険が適用される処置も増えてきていますが、重度になると自由診療になることも多く、費用は歯医者さんによって異なります。費用を抑えるためにも、早めの受診や治療開始が重要です。気になる症状がある方は、歯医者さんへ相談しましょう。

【監修医 松岡浩司先生のコメント】

虫歯より怖いのは歯周病です!治せるべき歯が根元から無くなってしまう歯周病になる前に、歯医者さんで日ごろから定期的にケアをしてくださいね。

この記事は役にたちましたか?

  • すごく
  • いいね
  • ふつう
  • あまり
  • ぜんぜん
不正確な情報を報告

ネット受付・予約もできる

歯医者さん検索サイト

ご自宅や職場の近くで歯医者さんを探したいときは、検索サイト『EPARK歯科』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を見ることができます。

EPARK EPARK
  • 歯医者さんをエリアと得意分野でしぼって検索!
  • 歯医者さんの特徴がわかる情報が満載!
  • 待ち時間を軽減!24時間ネット予約にも対応!

EPARK歯科で歯医者さんを探す