歯医者さんが怖いのはなぜ?その理由とそれに対する歯医者さんの取り組み

  • 13
  • 11
  • 2
  • 3
  • 8
歯医者 怖い

「歯医者さんでの経験がトラウマになっている」「治療が怖くて痛みを我慢している」という方は意外と多いようです。この記事では、歯医者さんを怖いと感じる具体的な理由をはじめ、患者さんが通院しやすいよう歯医者さんがどんな取り組みをしているかについて詳しく紹介していきます。できるだけ早く歯医者さんへの苦手意識を改善することが、お口の健康維持にもつながります。歯医者さんを受診する勇気がほしい方は、ぜひ参考にしてみてください。

※ 掲載する平均費用はあくまでユーザー様のご参考のために提示したものであり、施術内容、症状等により、施術費用は変動することが考えられます。必ず各院の治療方針をお確かめの上、ご自身の症例にあった歯医者さんをお選びください。

この記事の目次

1.歯医者さんが怖い原因

1-1.歯を削るときのキーンとする音

歯を削る際に使うハンドピースと呼ばれるドリルからは、頭のなかにまで響き渡るような独特な音がするため、恐怖心につながる場合が多々あるようです。ドリルを高速回転させることによりキーンという音が出て、それが脳内の記憶をつかさどる海馬にも刺激を与えるケースがあると言われています。記憶へ刻まれることが、さらに歯医者さんへの恐怖心を大きくしてしまうのかもしれません。

 

1-2.治療の痛みや麻酔の注射

過去に歯医者さんで治療をした際、痛みがありそれがトラウマになって足が遠のいてしまう方もいるでしょう。できるだけ痛みが発生しないように、虫歯を削ったり親知らずを抜歯したりするときは事前に麻酔をしますが、その麻酔の注射をするという行為自体が怖さの原因となっている方も少なくありません。

 

 1-3.何をされているのかわからないのが不安

治療中にお口のなかで何が起こっているのかわからないという不安が、恐怖心へつながることもあります。患者さんがリラックスしやすいよう治療の際に顔へタオルをかける歯医者さんもありますが、逆に見えないことが怖さの原因となってしまう場合もあります。

 

 1-4.薬品の匂いが苦手

歯医者さん独特の薬の匂いに苦手意識を持ち、怖い場所だと認識してしまうケースもあります。これは歯科に限らず、病院=独特な薬の匂いがあると感じている方が多いかもしれません。

 

1-5.周囲の目が気になる

治療中に周囲の患者さんの視線が気になり、強い不安へとつながることもあります。ほかの患者さんにお口を開けている姿を見られたくないという気持ちやデリケートな治療内容を聞かれるのではと考えて、歯医者さんへの受診をためらっている方も少なくないようです。

 

歯医者 怖い

2.怖くて歯医者さんに行けず虫歯を治療しなかったらどうなる?

2-1.虫歯は放置しても治らない

「虫歯が痛むのは時々だからそのうち治るだろう」と考える方もいるようですが、痛みを感じるような虫歯が自然に治ることはありません。それどころか悪化する一方で、痛みが増してしまったり、歯の削る範囲が広くなってしまったりと、患者さんへの負担が大きくなります。

 

2-2.放っておいた虫歯の治療費は高くなる

虫歯を放置することで患者さんの負担が大きくなるとお伝えしましたが、治療にかかる費用も同様です。つまり、できるだけ早い段階で虫歯を治療することが、経済的負担の軽減にもつながります。保険適用の3割負担の場合、軽度の虫歯治療で2,500円前後、中度になると詰め物か被せ物かなど治療方法によって異なるものの、1万円近い費用がかかります。さらに重度の虫歯においては抜歯となるケースが多く、治療費にプラスしてブリッジや入れ歯などの出費もかかります。また、セラミック素材やインプラントなどといった自由診療を希望する場合は、さらに高額な費用が必要となります。

 

2-3.お口以外にも影響がある

虫歯はお口だけの病気と思われがちですが、実は全身疾患とも深く関連しています。虫歯菌や歯周病が顎の骨を通じて全身に広がると、脳梗塞や心筋梗塞、動脈硬化といった命にかかわる疾患をまねくリスクがあると言われています。そのほか、骨髄炎や副鼻腔炎などを発症するケースもあるため、できるだけ早期治療をすることが望ましいです。

 

歯医者 怖い

3.患者さんを怖がらせない!歯医者さんの取り組み

歯医者さんの多くは、患者さんが通いやすいように配慮した取り組みをおこなっています。痛みやプライバシーへの配慮など、実際にどんな取り組みをおこなっているのかについて紹介していきます。

 

3-1.治療の痛みや不快な音への配慮

歯を削る際のキーンという音を抑えた機器を導入している歯医者さんや、ヘッドホンで削る音が聞こえないよう配慮する歯医者さんもあります。また、麻酔の注射をおこなう前に歯茎へ表面麻酔を塗布して、注射針が刺さるときの苦痛を緩和するといった取り組みをおこなう歯医者さんも多いです。

 

3-2.事前説明や声がけといった取り組み

何をされるのかわからないことが怖いという方に配慮し、治療前にどういった処置をするのか説明したり、治療中も「これから削りますね」といったようにひとつひとつ声かけしてくれる歯医者さんもあります。また、説明の際にレントゲン写真や口腔内写真を見せて、視覚的にもわかりやすいよう配慮する取り組みもおこなわれており、患者さんの不安軽減につながっています。

 

3-3.歯医者さん独特の匂いを抑える

歯医者さん独特の匂いを抑えるために、アロマオイルを使い待合室や診療室を香りで満たすといった取り組みをおこなう歯医者さんもあります。また、院内感染防止のため空気清浄機を導入している歯医者さんも多く、それが匂いの除去につながっています。

 

3-4.プライバシーへの配慮

周りの目が気になって仕方ないという方でも受診しやすい環境として、個室で治療が受けられるようにしている歯医者さんもあります。また、「周りを気にせず集中したいけれど、密閉された空間が苦手」という方であれば、敷居を設け半個室となった診療室を用意する歯医者さんがおすすめです。

 

3-5.子供を怖がらせない取り組み

歯医者さんを怖がる子供は多いです。そのため歯医者さんではさまざまな取り組みをおこなっていて、デザインにこだわったお子さん専用の診療スペースを設けた歯医者さんや、すぐに治療ではなく器具に触れてもらい慣れるトレーニングからはじめる歯医者さんなどがあります。子供のうちに歯医者さんへの恐怖心を克服できれば、大人になってからも「歯医者さんは怖い」という意識を持つことはないでしょう。

 

歯医者 怖い

4.まとめ

歯医者さんが怖い理由や虫歯を放っておいた場合のリスク、患者さんの恐怖心を取り除く歯医者さんの取り組みについて紹介してきました。医療の進歩や時代の流れにより、通いやすさを意識している歯医者さんが増えています。恐怖心から治療を迷っている間に症状が悪化してしまう可能性もありますから、できるだけ早く歯医者さんを受診しましょう。

 

監修医

小川 隆介先生

後楽園デンタルオフィス 院長

経歴

2005年 日本歯科大学 卒業
2005~2006年 東京医科歯科大学摂食機能構築学 医員
2007~2011年 東京都内歯科医院 副院長
2011年 後楽園デンタルオフィス 院長就任
現在に至る

この記事は役にたちましたか?

  • すごく
  • いいね
  • ふつう
  • あまり
  • ぜんぜん
不正確な情報を報告

ネット受付・予約もできる

歯医者さん検索サイト

ご自宅や職場の近くで歯医者さんを探したいときは、検索サイト『EPARK歯科』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を見ることができます。

EPARK EPARK
  • 歯医者さんをエリアと得意分野でしぼって検索!
  • 歯医者さんの特徴がわかる情報が満載!
  • 待ち時間を軽減!24時間ネット予約にも対応!

EPARK歯科で歯医者さんを探す