虫歯の治療後なのに痛い!治療したばかりの歯が痛む原因と治療方法を掲載

  • 1
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
虫歯 治療後 痛い

「歯医者さんで虫歯の治療をしてもらった後に痛みがある」「神経を抜いたのに治療後に歯が痛い」といった経験をしたことがある方は多いと思います。その痛みの原因、様子を見ていい痛みなのか、歯医者さんに行った方がいいのか、気になるポイントを掲載しています。通常の虫歯治療と、根管治療によって神経を取りのぞいた場合に分けて解説しているので、ぜひ参考にしてください。また、痛みが強い場合の応急処置の方法も紹介しています。

この記事の目次

1.虫歯を治療したはずなのにまだ痛い!5つの要因と対処・治療法

1-1. 治療後の神経が過敏になっていて痛みがある

【原因】
虫歯の治療では、歯を削る際の熱や振動、麻酔、詰め物をするときの乾燥などによって神経が刺激されます。その影響で治療後は神経が過敏になっていたり、炎症を起こしたりしていて痛みが出る場合があります。
【対処・治療法】
多くの場合、3日ほどで症状が落ち着きますが、神経の状態や回復の程度によっては数ヶ月におよぶこともあります。痛みが長く続く場合は、歯医者さんに相談してみてください。また、痛みがある期間は、冷たいものや熱いものが治療した歯に当たらないように気を付けましょう。

1-2. 金属の被せ物や詰め物が原因でしみる

【原因】
金属製の修復物、なかでも銀歯は熱を伝えやすいです。そのため、虫歯治療で金属製の詰め物や被せ物を使用した場合は、神経が温度による刺激を受けやすく痛みやしみるといった症状が出ます。
【対処・治療法】
一般的に、1週間ほどで症状は落ち着いてきます。歯が神経を守ろうとして、周囲に二次象牙質と呼ばれる新しい象牙質をつくるためです。これにより、温度による刺激が神経に伝わりにくくなります。

1-3. 被せ物や詰め物が合っておらず噛んだら痛い

【原因】
噛むと痛みが出る場合は、詰め物や被せ物が合っていないことが考えられます。治療した歯が周りの歯より高くなって噛み合わせに問題があると、噛んだときの衝撃から歯や骨を守ってくれる歯根膜に負担がかかって痛みが生じます。
【対処・治療法】
通常、1ヵ月ほどで治療した歯がなじんで、噛み合わせの違和感や痛みは消えていきます。数ヶ月が経過しても痛みがおさまらない場合は、歯医者さんに行って被せ物や詰め物の高さを調整してもらいましょう。

1-4. 虫歯を削り切れていない

【原因】
虫歯が複雑に広がっている場合や神経に近い場合、できるだけ歯を削らないよう注意するあまり、虫歯を取り残してしまうことがあります。虫歯が残っているということは、治療が終わっていないということですから痛みが出てしまうのは当たり前です。また、このケースでは治療直後に痛みはなく、しばらく経ってから削り切れていない虫歯が悪化することで痛みが生じる場合も多いです。
【対処・治療法】
歯医者さんに行って、もう一度虫歯治療をしてもらう必要があります。放置すると悪化してしまい、神経やほかの歯にも虫歯がおよんでしまう恐れがあります。

1-5. 残っている神経が弱っていて痛む

【原因】
歯医者さんは神経がダメージを受けていても、できるだけ残すことを考えて治療してくれます。そのため、虫歯によって神経がダメージを受けていると、治療後も回復するまで痛みが生じる場合があります。
【対処・治療法】
神経が回復しているかどうか、3日ほど様子を見てみましょう。神経が回復していれば痛みがおさまる、もしくは徐々に痛みが小さくなっていきます。もし、痛みが続くようでしたら、歯医者さんで神経の状態を確認してもらいましょう。回復が難しい場合は、神経を取りのぞく根管治療を受けることになります。

虫歯 治療後 痛い

2.根管治療をした直後なのに歯が痛むのはなぜ?5つの要因と対処・治療法

2-1. 治療の刺激による痛み 

【原因】
根管治療では、歯の根にある虫歯におかされた神経や周辺組織を、ファイルやリーマーと呼ばれる先のとがった道具で取りのぞいた後、消毒します。そのため、神経を取りのぞいていても、そういった治療の刺激によって周辺組織が炎症を起こして痛みが発生することは珍しくありません。

【対処・治療法】
数日から1週間ほど鈍い痛みが続きますが、次第に症状が落ち着いてきます。

2-2. 歯根膜が炎症していて噛んだら痛い 

【原因】
歯の根の周りには、噛んだときの衝撃を吸収するクッションの役割を果たしている歯根膜があります。根管治療を行うということは、虫歯が歯の根まで達しているということですから、歯根膜が炎症を起こしている場合もあります。また、詰め物や被せ物が合っておらず、噛んだときに歯根膜に負担がかかって炎症を起こしている恐れもあります。

【対処・治療法】
2週間から1ヵ月ほどで炎症がおさまることが多いです。痛みが引かない場合は、噛み合わせの問題で歯根膜に負担がかかり続けていることが考えられるので、歯医者さんで詰め物や被せ物の調整、もしくは作り直しをしてもらいましょう。

2-3. 薬剤の圧力による痛み 

【原因】
根管治療では、根管内をきれいに消毒した後に粘土状の薬剤を詰めます(根管充填)。これは虫歯菌や細菌が根管内に入り込めないようにしっかり詰めるため、薬剤の圧力によって痛みや違和感が生じる場合があります。

【対処・治療法】
数日から1週間ほどで症状は落ち着きます。

2-4. 溜まった膿による圧力で痛みが生じる 

【原因】
根管治療では、根管内部の虫歯におかされた組織を完全に取りのぞくことが重要となってきます。そのため、根管充填を行う前に、根管を消毒して薬を詰めた状態で仮の蓋をする処置(根管貼薬)を数回くり返します。その過程で体が溜まっていた膿を出そうとすると、圧力で歯茎が圧迫されて腫れや痛みが生じます。

【対処・治療法】
痛みが小さい場合は、次回の根管治療の診療まで待つという選択肢もあります。強い痛みが続く場合、もしくは次回の診療まで日にちがあいてしまうときは、早めに歯医者さんに行って膿を抜いてもらいましょう。

2-5. 取り残した神経による痛み 

【原因】
根管は曲がっていたり、細かに枝分かれしていたり、人によって本数が異なる場合もあります。細く入り組んだ構造になっているので、根管内部の清掃は手探りでの作業になってしまい、神経を取り残してしまうと痛みの原因となります。

【対処・治療法】
根管治療をもう一度行う必要があります。歯の根の再治療は時間が経過してしまうと抜歯せざるをえない状況にもなりうるので、2,3日が経過しても痛みがおさまらない場合は早めに歯医者さんで診てもらいましょう。

虫歯 治療後 痛い

3.痛みが強い場合の応急処置

3-1. 鎮痛剤の服用で痛みを抑える 

痛みが強くて眠れない、歯医者さんにすぐには行けないといった場合は処方してもらった鎮痛剤、もしくは市販の鎮痛剤を服用しましょう。市販薬で歯痛に使用されているのは3成分あり、効き目は強い方からロキソプロフェン、イブプロフェン、アセトアミノフェンとなります。

ロキソプロフェン配合の鎮痛剤には、歯医者さんで処方される痛み止めとほぼ同じ成分になっているものもあります。ただ、ロキソプロフェンが含まれる場合は第一類医薬品に分類されるため、薬剤師がいるお店でないと購入できません。近くにそういったお店がないといった場合は、イブプロフェン配合の痛み止めを選択しましょう。また、効き目には個人差があるので、ロキソプロフェンよりもイブプロフェンの方が合う場合もあります。アセトアミノフェンは効き目が弱いものの、副作用が少ないので子供でも服用することができるのが特徴です。

虫歯 治療後 痛い

3-2. 冷やす 

痛みがある歯の側の頬を、熱の際に使うような冷却シートや、濡れタオルで冷やします。患部を冷やして血管を収縮させることで、圧力を減らして痛みが軽減します。逆に温めてしまうと血流が多くなって痛みが増すので、運動や飲酒・喫煙は避け、入浴時は体をあたため過ぎないよう気をつけましょう。

4.まとめ

虫歯を治療したばかりなのに痛みがある…。そんなときの原因と対処法・治療方法を見てきました。時間が経過するにつれて痛みが引く場合も多いので、慌てずまずは2,3日様子を見ましょう。痛みが強い場合は鎮痛剤を飲んだり、患部を冷やしたりして緩和するようにしましょう。経過観察後も痛みが引かない、痛みが増したという場合は、噛み合わせや神経に問題があることが考えられます。原因によっては重大な疾患につながる危険性もあるので、痛みが続く場合は一度歯医者さんに相談してみることが大切です。

本町通りデンタルクリニック

この記事は役にたちましたか?

  • すごく
  • いいね
  • ふつう
  • あまり
  • ぜんぜん
不正確な情報を報告

ネット受付・予約もできる

歯医者さん検索サイト

ご自宅や職場の近くで歯医者さんを探したいときは、検索サイト『EPARK歯科』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を見ることができます。

EPARK EPARK
  • 歯医者さんをエリアと得意分野でしぼって検索!
  • 歯医者さんの特徴がわかる情報が満載!
  • 待ち時間を軽減!24時間ネット予約にも対応!

EPARK歯科で歯医者さんを探す