犬歯の治療にかかる費用が知りたい!矯正方法や抜いた際の影響なども紹介

    犬歯 治療 費用

    にっこりと笑った時にのぞく犬歯は、日本ではチャームポイントとされていますが、海外だと良いイメージはなく矯正の優先候補となっているようです。また、幼い頃はあどけないかわいらしさを感じていても、年齢とともに恥ずかしくなってくる人もいるようです。ここでは気になる犬歯や八重歯の治療方法に加え、費用や期間、お口のなかで犬歯が果たす役割についても解説しています。犬歯が気になっている、という方は参考にしてみてください。

    ※ 掲載する平均費用はあくまでユーザー様のご参考のために提示したものであり、施術内容、症状等により、施術費用は変動することが考えられます。必ず各院の治療方針をお確かめの上、ご自身の症例にあった歯医者さんをお選びください。

    この記事の目次

    1.犬歯と八重歯の抜歯について

    1-1.犬歯=八重歯は間違い?

    八重歯といえば犬歯とイメージする方が多いですが、厳密には別の意味を持ちます。八重歯は歯列からはみ出してしまった歯のことを指し、犬歯だけでなく正常な歯列からずれて生えてしまった歯はどれも八重歯と呼ばれます。犬歯は永久歯が生えそろうなかで最後の方に生えてくるため、スペースが足りない場合が多く八重歯になる確率が高くなります。そのため、「犬歯=八重歯」という誤解が生まれたのです。

     

    1-2.八重歯を抜いてはいけない理由

    犬歯が八重歯になってしまった時には、抜歯をすることで簡単に歯並びが整うと思われがちです。しかし、全体の噛みあわせや歯の将来を考慮した場合、抜歯をしない矯正治療が推奨されます。犬歯はほかの永久歯と比較すると、太く長い根を持っているため寿命が長く、歯周病が進んでも残ることが多い歯です。また、犬歯にはほかの歯を守る「犬歯誘導」という働きがあり、矯正治療ではこれがきちんと機能することもゴールのひとつに設定されているため、安易な抜歯は少なくなります。

     

    犬歯 治療 費用

     

    2.主な矯正方法3種類のメリットとデメリット

    2-1.透明で目立ちにくいマウスピース矯正

    マウスピースの矯正は、透明で目立ちにくく取り外しができることがメリットです。ただし、マウスピース矯正が適用できる症例は限られているため、歯医者さんとの相談が必要です。また、ほかの矯正方法をおこなってからマウスピースに移行するという方法もとられています。治療期間は歯の動きや歯並びによって違ってきますが、平均して1年から2年程度です。費用面では、マウスピースそのものの価格は1本約5万円前後ですが、複数の装置を取り換えながら徐々に歯を移動させていくため、総額は治療の進行状況によって大きく変動します。マウスピース矯正の進め方は以下のようにいくつか種類があります。

     

    コンピューターシミュレーションでマウスピースを作製

    最初にとった歯型をもとに、歯の移動過程をコンピューターでシミュレーションします。治療に必要なすべてのマウスピースを作製して事前にまとめて渡すこともできるため、通院回数の軽減につながりやすいです。

    費用 約20万円(片顎)から85万円(歯列全体)

     

    歯の移動にあわせてその都度マウスピースを作製

    マウスピースにあわせて約0.5ミリずつ歯を動かし、移動した段階で次のマウスピースを作製します。毎回型取りをして作製するため、矯正治療中でも虫歯などの治療が可能です。また、移動の様子を見ながら替えていくので、患者さんの思う目標を考慮した移動がしやすいです。

    費用 約25万円(片顎)から50万円(両顎)

     

    2-2.100年の歴史があるワイヤー矯正

    歴史があるワイヤー矯正は、さまざまな症例に対応しやすいというメリットがあります。

    歯の表面に、溝のあるブラケットという装置を接着して溝に沿ってワイヤーをわたし、ゴムなどでしばって固定することで歯列を整える治療方法です。ブラケットには、金属製以外に目立ちにくい透明なものなどもあり、ワイヤーも白色のものもあります。

    治療期間の目安は1年から2年半ほどで、費用は約70万円から100万円程度になります。

     

    2-3.内緒にしたい方には裏側矯正

    裏側矯正(舌側矯正)は、ワイヤー矯正の装置を表ではなく舌側に取り付ける治療方法です。

    外から装置が見えにくいため、ほかの方に知られたくない方に向いていますが、表側からの矯正と比較すると歯を移動させるのに時間がかかる場合が多く、費用と期間がかかるという側面があります。

    また、歯の裏側に器具を取り付けるため舌ざわりが悪く、初めはかなりしゃべりづらいことが多いです。一般的なワイヤー矯正と比較して、外から見えにくいということ以外に大きな利点はあまりありません。

    治療期間の目安は1年半から3年ほどで、費用は約100万円から150万円程度になります。

     

    犬歯 治療 費用

    3.そのほかの治療方法

    3-1.前歯だけにおこなう部分矯正

    部分矯正は、前歯の気になる箇所だけを矯正していく方法です。全体矯正であれば数年にわたる治療期間を要しますが、部分矯正は歯1本からの対応が可能なため、3カ月程度の短期間で治療が終わるケースもあります。その分費用も抑えやすく、約15万円から40万円程度が目安になります。

    ただし、歯並びによっては適用できない場合があります。適用が難しい主な症例は、下記3例です。

     

    ・出っ歯を引っ込める治療

    ・前歯のスペースが3ミリ以上不足している場合

    ・下の前歯が上の歯茎にあたってしまう過蓋咬合の治療

     

    上記3例は、部分矯正ができず、全体的な矯正が必要になります。

     

    3-2.口腔周囲筋機能療法

    口腔筋機能療法は、舌や口のまわりにある筋肉の正しい動きを覚えて習慣化し、正しく機能させるための訓練のことです。矯正装置を使用する治療方法とは異なりますが、上下一体型のマウスピースを使用する場合もあります。

    治療期間は半年から2年程度ですが、歯医者さんが指導するトレーニングを自宅で続けることが大切です。

    自由診療のため費用はさまざまで、トレーニングに検査料を含んで約6000円から2万円程度が目安になります。ただし、マウスピースを使用した場合は8万円以上になることもあります。

     

    犬歯 治療 費用

    4.まとめ

    犬歯の治療にかかる費用について紹介してきました。

    八重歯になってしまった犬歯に限らず、歯1本だけの治療が可能な場合とお口全体の矯正が必要な症例は、歯医者さんに行ってみないとわかりません。矯正治療は高価なため尻込みしてしまいそうですが、部分治療が適用できる場合は費用を抑えた治療方法を選択することもできます。すてきな笑顔を手に入れるためにも、まずは歯医者さんに相談してみてはいかがでしょうか。

    【監修医】遠藤三樹夫先生の写真

    この記事は役にたちましたか?

    • すごく
    • いいね
    • ふつう
    • あまり
    • ぜんぜん
    不正確な情報を報告

    ネット受付・予約もできる

    歯医者さん検索サイト

    ご自宅や職場の近くで歯医者さんを探したいときは、検索サイト『EPARK歯科』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を見ることができます。

    EPARK EPARK
    • 歯医者さんをエリアと得意分野でしぼって検索!
    • 歯医者さんの特徴がわかる情報が満載!
    • 待ち時間を軽減!24時間ネット予約にも対応!

    EPARK歯科で歯医者さんを探す