自費診療って何?歯科を受診する上で知っておきたいお金の話

自費診療って何?歯科を受診する上で知っておきたいお金の話

80277 View
★役に立った!36

歯科医院を受診する際に、施術を受ける内容によって自費診療といった言葉を目にして疑問を感じる方もいらっしゃると思います。

自費診療とは「保険外診療」のことであり、別名自由診療とも呼ばれています。歯科医院が自由に料金を決めることができるため、同じ施術でも施設ごとに料金に異なります。自費診療は保険の適用が受けられないために費用が高額になりがちですが、おさえておくべきメリットも多くあります。

自費診療と保険診療の違いやその存在理由、特徴など、歯科医院を受診する際の、気になるお金に関する疑問を解消するコンテンツをまとめてみましたので、是非参考にしてみて下さい。

この記事の目次

1.どうして歯科には自費診療と保険診療があるの?

1-1 自費診療とは?

保険外診療とは「自費診療」「自由診療」とも言い、厚生労働省が承認していない治療法、または、承認していない薬や材料を使用しているといった理由により、健康保険が適用にならない診療の総称になります。保険診療の場合は一般に、全額のうちの1~3割が患者さんの負担額になり、残りは国や自治体などが負担をしてくれます。対して保険外診療の場合は、診療において支払う費用は全額自己負担となります。その為、保険診療と比べても高額なイメージになります。また、医院側が金額を自由に決めることができる点も特徴です。

次に、自費診療が存在する理由についてです。まず、新しい材料や治療法などを国が認可するのに、正確な効果や問題・副作用などのリスクを正確に確認しなくてはならないため、非常に時間がかかります。このため、先進的な医療技術で認可が追い付いていなかったり、海外では当たり前に行われていて有用性が認められているものでも、日本での認可が無く、やむを得ず保険外診療という扱いで取り扱うというケースもあります。

 

自費診療はこのような特徴から、高度で質の高いサービスが提供されていることが多く、費用の面を気にせず自身の健康のためにあらゆる手を尽くしたいといった方には適しています。その反面、所得が低く、支払い可能な範囲の治療しか受けることができないために医療に格差が生じることが問題視されています。

1-2 保険診療とは?

保険診療とは、歯科医院をはじめとした医療機関で保険証を提出して普段私たちが受けている診療のことです。

保険制度によって定められた範囲内で、全国どこの医院を受診しても同じ金額で同じ診療を受けることができます。支払いに関しては患者さん各人が加入している保険から、一定の負担額を支払うという仕組みになっているため、経済的負担が少なく病気の治療を受けることができます。

このような保険診療の特性は、1961 年に施行された国民皆保険制度により、すべての国民が貧富の差なく平等に医療を受けられるようにという趣旨によって定められています。非常に恩恵の大きい制度ではありますが、保険が適用できる診断内容には範囲が定められており、診断内容や使用する薬などが決められています。そのため必ずしも最良の医療を受けることができるとは限りません。

また、保険診療はあくまで「病気に対しての最低限の治療」という条件があるため、例えばホワイトニングや歯科矯正など、美容に関する治療についても適用外になりますし、見た目が美しいセラミックやフィット感の良い素材を使った入れ歯などは適用外になります。「虫歯が治ればいい」「入れ歯が入って噛めればいい」という範囲内での治療のため、「見た目がよいもの」や「快適なもの」「満足できる治療」は本人の実費で行って下さい、というスタンスなのです。

2.自費診療と保険診療は併用できないの?

2-1 日本では混合診療は原則禁止されています

希望した治療内容のみ自費診療を受けて、他の保険適用内で治療できる部分は保険診療で済ませたいという方は多いと思います。しかし現在日本では、このような方式を混合診療と呼び、原則として禁止されています。

理由は、やはりお金を持っている方の方がより良い医療を受けることができるため、国民皆が等しく医療を受けられるという国民皆保険制度の趣旨に反するということが挙げられます。混合診療が仮に認められたとしても、経済的理由から実質保険診療の範囲内の治療しか受けられない方が現れてしまうためです。他の理由としては、医療の質が担保されないといった理由や、もし混合診療が原因で健康被害が増加すると国民医療費が増加することにより国家財政難になる可能性がある等が挙げられます。混合診療が認められれば、診療を受ける患者側の選択肢も広がりますが、このような背景から原則認められていません。

2-2 一部例外として混合診療が認められるケースも?

基本的に健康保険で認められていない医療を受けると、すべて自費診療扱いとなるのですが、一部例外として保険適用外の医療を受けても他の治療に関して保険適用が可能となる場合もあります。この制度は特定療養費制度と呼ばれており、高度先進医療に該当する医療については混合診療が認められるというものです。この制度は、歯科医療についても適用できる可能性があります。

ただしこれらの診療内容もすべての歯科医院で使えるわけではなく、厚生労働省に認可された一部の病院でしか認められないものも多く、認知度や拡充もまだまだ足りていないのが現状です。

2-3 2016年より認められた新制度、患者申出療養制度とは?

先進医療を対象とした特定療養費制度のほかに、2016年から患者申出制度と呼ばれる混合診療が認められる新しい制度が認められ、大きな話題となっています。

この制度の概要は、保険適用を目指しているがまだ国内で認可されていない薬の使用等が自費診療で使用可能となり、保険診療分の内容についても全額自己負担とならずに、3割負担で受けることができる制度です。患者からの希望を審査したのち治療が開始されるという特徴を持っており、審査の期間も短く既に実績があって安全性や効果が確認されている薬においては、身近な医療機関でも実施できる点が優れています。先進医療での混合診療よりもより早く治療を開始できるため、患者側の意思を尊重した制度であると言えます。

3.自費診療のメリット・デメリット

歯医者

3-1 自費診療のメリット

高額な費用に目がいきがちな自費診療ですが、実はメリットの多い診療内容です。保険治療においては誰もが等しく治療を受けられる半面、病気の治療のための必要最低限な治療となってしまいます。そのためより見た目を美しくしたりコンプレックスの解消を目的とした治療や、虫歯等の疾患をあらかじめ予防する施術に対しては保険制度の範囲外となるため、患者さんのニーズに対応することができません。

自費診療になると経済的な負担は増えるものの、より患者さんの希望に対応できる診療メニューを組めますし、日本でまだ認可されていない海外で評価の高い技術や最先端の技術を受けることもできます。また医院が独自に価格やサービスを設定できる自費診療においては歯科医院同士の競争原理が働くため、各歯科医院も保険診療に比べてはるかに質の高いサービスを提供しています。良い結果や良い仕上がりを求める方にはうってつけの診療内容です。費用の面以外では、自費診療は非常に魅力的なメリットがたくさんある診療であると言えます。

3-2 自費診療のデメリット

自費診療のデメリットですが、やはり費用が高額になる点に尽きます。自費診療と保険診療で全く同一の診断内容が仮に存在したとしても、支払う金額は保険適用ですと自己負担額は3割で済みますので、自費診療は3倍以上もの金額を支払うことになります。経済的な理由から、希望する診療メニューを選べなかったり、妥協せざるを得ない可能性もでてきます。特に継続的な治療が必要な診療内容に関しては経済的負担が重くのしかかってしまいます。

また、先の記事でご紹介したように日本では混合診療が認められていないため、治療内容の一部に自費診療を適用すると、基本、その他の内容に関してもすべて自費診療となってしまいますので、更に経済的負担が増えてしまうというのも大きなデメリットです。治療後の保証の有無についても医院によって異なるため、その点の確認も必要になるでしょう。

4.より美しい仕上がりが期待できる自費診療の技術

4-1 美容診療

自費診療ならではの診療内容の代表的なものは、美容診療です。聞き慣れない方もいらっしゃると思いますので、美容診療についてご紹介します。

一般的な歯科治療が虫歯や歯周病といった疾患の治療が主であるのに対して、美容診療とは治療に加えて見た目の美しさも考えた内容となっています。具体的には、歯の詰め物や被せ物を銀歯ではなくより自然な仕上がりに見せるためセラミックを使用したり、歯の形を整えたり、歯並びを整えるといった矯正治療、歯や歯茎のホワイトニング、専門的なクリーニングでの歯の汚れの除去など、歯の美しさを求める方にはうってつけの内容となっています。

アメリカでは歯の美しさは肥満の解消と並んで出世の条件とさえ言われています。より美しい歯を実現したい方は、美容診療を検討してみてはいかがでしょうか。

4-2 ホワイトニング

ホワイトニング美容診療の内容に含まれるのですが、歯を漂白して白くする美容目的の診療メニューで、美しい歯が手に入ることから美容意識の高い方を中心にニーズが高まっています。病気の治療とは関係が無いため、保険適用では希望しても受けることができない、自費診療だからこそ実現できるサービスです。

歯科医院で実施する1回で高い効果が得られるオフィスホワイトニングや、歯科医院でマウスピースと薬剤を受け取り自宅で実施するホームホワイトニングがあります。多様なニーズにこらえることができるのも自費診療ならではのメリットです。

5.歯並びの矯正や口内疾患の予防にも高い技術を提供する自費診療

歯医者

5-1 矯正歯科

矯正歯科は、歯の矯正治療を行う診療内容で、保険適用内だと一部の先天性の疾患や外科的な治療が必要とされる顎の変形等の治療しか受けることはできません。しかし自費診療だと一般的な歯の矯正等のニーズに応えることができます。

矯正治療の種類には、歯の全体に矯正装置を装着する全体矯正や、前歯の出っ張り等気になる部分だけ矯正する部分矯正と呼ばれる安価に実施できる矯正、矯正装置を目立たないように歯の裏側に取り付ける裏側矯正等があります。マウスピースやインプラントを用いた方法もあります。矯正治療を実施することにより、見た目の改善はもちろん、歯並びの悪さによる発音や噛み合わせといった機能的な部分も改善することができます。自費診療のため費用は高額ですが、現在の歯科医療においては多様な症状、ニーズに対応することが可能となっています。

5-2 インプラント治療

虫歯や歯周病、外傷等の理由で歯を失ってしまっても、人工の歯の根を埋め込み、その上に人工の歯を取り付けることができます。より自然な仕上がりになり、失われた歯を補うことが可能です。

この技術はインプラントと呼ばれており、自費診療だからこそ実現できる高度な歯科医療技術です。保険診療内では入れ歯やブリッジで失われた歯の機能を補うのですが、周囲の歯に負担をかけて悪影響を与える恐れもあります。インプラントは周囲の歯に負担をかけることも無く、入れ歯やブリッジよりも物を噛む感触が天然の歯に近いといった優れた特徴があります。インプラントは費用が高額ですがとてもメリットの大きい技術であり、取り入れる方も増えています。

5-3 予防歯科(PMTC

虫歯や歯周病を患ってから治療するのは保険診療の範囲内ですが、あらかじめ歯に付着した歯垢や歯石を除去して虫歯や歯周病を未然に防いだり、虫歯菌を殺菌したりといった予防措置に関しては、基本的に保険の適用範囲外になります。

スウェーデン等の歯科医療先進国では、虫歯や歯周病といった疾患を未然に防ぐ予防歯科を受診する意識が非常に高く、高齢まで歯を残すことができる人の割合が非常に高くなっています。虫歯や歯周病に患ってから歯科医院にかかる方は多いのですが、自分で自覚する頃には病状が進んでおり、保険内診療でも費用や期間、通院の手間が多くかかることが殆どです。

予防歯科を受診しているとこれらの疾患にかかる可能性を大きく下げることができますし、もし異常が見つかっても初期の軽微な段階で治療することができますので、短期間で少ない費用で健康な口内を取り戻すことができます。自費診療とはなりますが、通院の手間や回数、費用、得られる健康効果を考えると予防歯科を受診する方がトータルで考えてもメリットが大きいと言えます。

6.まとめ

自費診療は保険診療と比べて高額な費用ばかりが気になってしまいがちですが、その反面高度で質の高いサービスをうけられたり、幅広いニーズに対応していたりと保険診療をはるかに上回るメリットが数多く存在します。従来の保険診療の範囲でしか歯科医院を受診していなかった方は、自費診療の内容にも着目してみてはいかがでしょうか。

 

この記事は役に立った!

青山通り歯科監修医矢島昇悟 先生

東京都港区赤坂4-9-25 新東洋赤坂ビルB1F

■院長略歴

2007年 日本歯科大学 生命歯学部卒業
2008年 埼玉県羽生市 医療法人社団正匡会 木村歯科医院
2010年 埼玉県新座市 おぐら歯科医院
2011年 東京都文京区 後楽園デンタルオフィス
2015年 東京都港区 青山通り歯科 院長
先生の詳細はこちら
不正確な情報を報告

ネット受付・予約もできる

歯医者さん検索サイト

ご自宅や職場の近くで歯医者さんを探したいときは、検索サイト『EPARK歯科』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を見ることができます。

EPARK EPARK
  • 歯医者さんをエリアと得意分野でしぼって検索!
  • 歯医者さんの特徴がわかる情報が満載!
  • 待ち時間を軽減!24時間ネット予約にも対応!

美容診療の相談ができる歯医者さん一覧へ