担当衛生士制、保険診療内での予防歯科

予防歯科

担当衛生士制、保険診療内での予防歯科

当院では、予防歯科への取り組みに力を入れています。一般的な処置が修了しても、歯周病の予防、虫歯のチェックが常日頃から必要です。担当衛生士制を基本として、保険診療内で行う予防プログラムを用意しています。患者さまの現在の状態をプリントし、術前・術後の状態も比べていただくことが可能です。

継続した口腔内全体の治療、そして予防歯科

継続した口腔内全体の治療、そして予防歯科

虫歯は、お口の中の細菌が歯を溶かすことによって起こります。虫歯には、進行が早い虫歯とゆっくり進む虫歯の2種類あります。進行が早い虫歯の場合はすぐに治療が必要ですが、ゆっくり進む虫歯の場合はすぐに治療をせずに経過を追っていくこともあります。当院では患者さまの虫歯がどのレベルにあるか、写真で確認しながら治療を進めます。
根管治療とは細菌に感染した歯質や神経を取り除き、歯の根の病気を治療、予防することです。虫歯が進行すると細菌が神経に達し、神経が死んでしまい、歯の根まで細菌が達します。細菌が残った状態で詰め物をつめ、かぶせ物をかぶせてしまうと、歯が痛み、根の周囲に炎症が広がり、歯肉が腫れるため、根管治療が必要になります。根管治療では細菌を消毒し、細菌をすべてなくした状態で詰め物をしてふさぎます。根管治療は歯を保存するために重要な治療です。
歯周病は、歯周病菌による炎症からくるさまざまな症状の総称です。歯周病の原因は細菌と細菌の産出物からなるネバネバしたプラーク(歯垢)です。プラークは歯と歯茎の境目にたまり、歯茎が炎症を起こします。次第に委縮して、最後には歯の根元はむき出しになり、抜けてしまうことになります。歯の健康を守るためにも、定期的な検診は必要です。

日々の細かなチェックで行う予防歯科とは

日々の細かなチェックで行う予防歯科とは

虫歯や歯周病の予防には、定期健診と歯石除去が基本です。
・歯石除去
みがき残したプラークは、だ液の中のミネラルと反応して硬くなり歯石となり、歯周病の原因となります。プラークは歯みがきで落とすことができますが、歯石となると歯科医院で取り除くしかありません。当院では専用の器具を使って歯石をきれいに落とします。
・初期虫歯のチェック
虫歯は初期段階では痛みを感じません。定期健診で初期虫歯のチェックを行うことにより、痛みが出る前に治療をすることができます。
・専用の機器による口腔内のチェック
当院では専用の機器を使用し、お口の中の細菌の種類や量をチェックします。お口の中の細菌は、虫歯や歯周病の原因です。細菌が多い患者様には、除菌治療を行い、虫歯や歯周病などのリスクを少なくします。お口の中の細菌により除菌方法は異なりますので、患者様に合った除菌方法をご提案します。
・詰め物の状態のチェック
詰め物、かぶせ物がきちんと設置されているか確認します。詰め物やかぶせ物が欠け、ぐらついていると、みがき残しが出てしまい虫歯や歯周病の原因になります。

医院写真

ネット予約・空き状況確認

 :受付中 :お問い合わせ -:受付不可

ネット予約 24時間受付中
  • 今日空き
  • 明日空き
0066-9718-535841無料通話
  • 今日18時~も診療中
掲載のご案内