EPARK歯科熊本県熊本市東区健軍町駅熊本パール総合歯科・矯正歯科・こども歯科クリニック健軍院

医院からのお知らせ

ご希望の条件での受付は仮受付です。 予めご了承ください。

当院では新型コロナウイルス感染拡大防止のため、下記対策を行っております。

1.マスクと医療用手袋、ゴーグルの着用。
2.医療用手袋の患者さまごとの交換。
3.患者さま用のエプロン、コップは使い捨てのものを使用し、患者さまごとに廃棄。
4.治療器具は、ドリル等のハンドピースを含め患者さまごとに交換し、消毒滅菌。
5.口腔外バキュームの使用。
6.診療台や操作パネル等の消毒液による清拭。
7.スタッフの頻繁な手洗いと手指消毒。
8.患者様ごとに非接触型体温計を使用
9.患者様1人1人にユニットに座られた際30秒ほどうがい液でうがいを実施
10.玄関、待合室への消毒液の設置。
11.ドアノブや取っ手、手すりの消毒液による清拭。
12.待合室ソファの消毒液による清拭。
13.待合室への空気清浄機の設置。
14.フロントでの、飛沫防止のためビニールカーテンを設置
15.定期的な換気。

 

「熊本パール総合歯科・矯正歯科・こども歯科クリニック健軍院」の特徴

これ以上、歯を失わずに済むように治療後にはじまるメンテナンスこそが本番です。
インプラントの実績も多く、皆様との良い関係を大切にしております。

お口の中のことなら、お子さまから高齢者まで、幅広い年齢層の、
100人100様それぞれの状態に対応できるよう医院の総合力で診察・治療に当たります。

 

診療受付

歯医者・歯科への電話予約についての注意事項

※お客様が予約専用電話番号に発信した電話番号は、予約確認・案内SMS送信を目的とし、当サイトの運営会社であるEHC(株)が取得します。

※キャンセルの場合も必ずご連絡をお願いします。

受付時間

診療受付時間
09:30~12:30
14:00~18:30

■混雑時間情報
17時から比較的混み合います。

お勧めの時間帯 15時~17時

 

交通案内

熊本県熊本市東区健軍3-24-22

熊本市電「健軍町駅」「健軍交番前」より
徒歩約2~3分と好立地で、
駐車場も設置しておりますのでお車での通院も可能です。

*熊本市電「健軍町駅」より徒歩約2分
*熊本市電「健軍交番前」より徒歩約3分

「徒歩3分」エリアのランドマーク情報
*マクドナルド 健軍店
*肥後銀行 健軍支店
*熊本信用金庫 健軍支店

 

 

  • 外観本物のレンガ創りの外観が特徴的です。
  • 待合室明るい光が差し込む待合室でお待ちください。
  • カウンセリングルームまずはカウンセリングルームにてしっかりお話をお聞かせください。
  • キッズルーム2階はキッズルームとなっております。
  • ミーティング風景ミーティング風景です。スタッフも日々勉強しています。
  • スタッフ一同お困りのことなどございましたらお気軽にご相談ください。

当院は熊本市電「健軍町駅」より徒歩2分の位置にございます。
医院前と医院横に駐車場も完備しておりますので、お車でもお越しいただけます。
当院スタッフが明るくお迎えいたします。

 

特徴

熊本パール総合歯科・矯正歯科・こども歯科クリニックの患者様に対する【目標】

治療後から未来を見据えた本番です。「虫歯」「歯周病」のない健康なお口づくりが当院の目標です!

本院に初めて来られる方は、お子さまも大人も、「歯が痛い」「虫歯検診で要治療といわれた」などの主訴を持っていらっしゃいます。当院ではそんな患者さまの歯の状態をきちんと把握したうえで、治療方法はもちろんですが、その先を見据えた治療の計画を作成します。
目標は、12歳くらいのお子さまなら、「虫歯のない永久歯列を作る」こと。成人の方でしたら、「治療後に新しい虫歯を作らない」「歯周病を防ぐ」そして、いちばん大事なのは「今以上に歯の本数を減らさない」ことです。
当院のスタッフは、どういう治療をすれば歯を減らさずに済むか、よくわかっています。さらには、常にスタッフ全員で新しい歯科医療や治療法を学び、総合技術を動員して治療やメンテナンスに当たります。
治療が終わってからが、むしろ本番です。もちろん、詳しいご説明と、患者さまのご希望や疑問に答えながら、一緒に治療の計画を作成していますので、心配はご無用です。

診察風景

ひざ上診療からはじめる【小児歯科】

歯医者さんの椅子は小さいお子さんにはコワイ場所。まずは託児ルームで膝の上診療で慣れていただきます。

歯医者さんは、小さなお子さまにとって、怖い場所かもしれません。当院では2階を託児ルーム(要予約)にしています。専任の保育士が見ていますので、パパやママが治療中も問題ございません。歯医者に慣れていないお子さまが治療を受ける際は、いきなり診察室の椅子に座らせることはいたしません。まず、2階の託児ルームで、先生のひざの上に座ることから始めます。そのあとコミュニケーションを重ねて関係を築き、ひとりで座れるようになれば、診察室での治療に入ります。
永久歯に生え変わる前のお子さまは、早めに虫歯を見つけ、お口の中をきれいに保つことが重要です。
きれいな歯並びを希望される親御さんは、お気軽にご相談ください。「カウンセリングルーム」もありますので、気兼ねなくお話しいただけます。きれいな永久歯列は、お子さまにとって貴重な財産になることでしょう。

キッズルーム

最小限のインプラントで多くの歯を取り戻せる治療法【All-on-4®】

お口の中が大変なことになっていても「ALL-on-4」で施術すれば、その日に食べ物を噛むことができます。

当院では、20年前よりインプラント手術を行っています。つねに学会や勉強会で新しい情報や術式などを学び、患者さまにフィードバックしています。
インプラントをご希望される方で、すでに総入れ歯の方、歯周病が悪化し過ぎている方、他院でのでたらめな施術でうまく噛めない方には、「ALL-on-4」という最小限のインプラントで、固定式仮歯を入れたその日にはものが噛めるようになる優れた治療法です。身体への負担も少なく、費用も抑えられるのが特徴です。
この「ALL-on-4」は、東京・銀座にある「「マロクリニック東京」で、当院の医師と患者さまが行って施術を行います。「マロクリニック東京」は、日本における「ALL-on-4」の教育機関としての役割を果たしており、毎週のようにこの手術をおこなっています。当院はこの「マロクリニック東京」と九州で唯一、提携して実際に腕を磨いている歯科医院でもあります。

治療風景

不安や恐怖感が取れない方にお勧めの【ハイブリッド鎮静法®】

治療が不安な方、簡単な外科手術にもリラックスしているうち痛みを感じずに終わる、当院の鎮静法を用意しております。

口腔内外科手術が必要な時、当院で登録商標を取得した「ハイブリッド鎮静法」で麻酔を患者さまに施してから、治療に入ります。虫歯や抜歯でも痛みに恐怖を感じる方や、不安な方もいらっしゃいます。また、口の中に治療機器を入れるとどうしても吐き気を催してしまう方にも有効です。
鎮静には笑気ガスを吸入していただき、さらに少量の鎮静剤を組み合わせます。リラックスした状態で、痛みを感じずに治療を受けることができます。そのまま心地よく寝てしまう患者さまも多く、終わって起こしますと「痛くなかった」「時間が短く感じました」と言っていただけます。この方法だと麻酔医は不要ですが、万一に備えて麻酔専属歯科医師も当院に常駐しているなど、しっかりとした体制を整えております。

治療風景
 

インタビュー

先生のリアルな声をお聞きしました!

歯科医師としてお仕事にやりがいを感じる時はどのような時ですか?

院長写真

最近やりがいを感じたのは、インプラント治療が終わったあとで「生活が楽しくなった」「食事が噛めるようになって本当に嬉しい」と言ってくださったことですね。インプラントを手がけていると、最初は歯がグラグラしていたり、無い歯が多くて、そういう患者さんの表情はたいてい暗いんです。この先どうなるのかという不安もありますし、その気持ちのまま来院されますので。

ところが、インプラント治療も半年、1年も経って終わりに近づいてきますと、特に女性は明るい色の口紅をさして、化粧もきちんとされて、洋服も明るいデザインのもので来られるようになるんです。髪型にも気を使うようになりますね。表情も明るくなって、別人のようです。 歯の治療で良い方へ様子が変わったり、食べられるようになったと感謝されるのは、とてもやりがいを感じられます

もうひとつ、開業して12年になりますが、その頃からずっとメンテナンスさせていただいている患者さまに「インプラントも全然悪くならないね」と言われて、調べたらインプラントから11年目だったんです。これはやはり嬉しかったですね。歯医者冥利に尽きます。

平日は診療、週末は研修の繰り返しとのことでとても多忙な前田先生の
リラックス(息抜き)方法はなんですか?

診察室

美味しいものを食べたり飲んだりすることが大好きで、家族やスタッフを連れてよく外食に行きます。美味しいお店に行くのが本当に好きなんです。食べ道楽と言ってもいいかもしれません。

最近は、スポーツクラブにハマっていて、仕事後でも行ってしまいますね。まず筋トレをして、それからスイミング。あとはシャワーを浴びて帰って、美味しいお店に出かけるわけです。 プールで泳いでいる時は、いろんなことを考えていますね。気になっていることを改めて検討したりして。飲んでいる時はお酒が入って考えられないので、けっこうリラックスして考えられる貴重な時間になっていると思います。

これまで数多くの様々なタイプの患者さんを診てこられたと思います。
その中でも特に印象に残っている患者さんとのエピソードをお聞かせください。

院長笑顔

他の医院でインプラント治療を受けて、口腔内が腫れた状態で来院されたお年寄りの患者さまでしょうか。まずは当院のインプラント術式で上顎のインプラントをやり直して、ものが噛める状態になったんです。その状態でもすごく喜んでいただけました。下顎の方も見てみると、残っている4本の歯にブリッジが掛かっていたのですが、歯ぐきに食い込んでおり骨が見えそうな状態だったのです。迷いましたが、まだ噛めるということと、上顎のインプラントが終わったばかりだったこともあり、「とりあえずこのままにして様子をみましょう。お金もかかりますし。」とご提案しました。

ところが、その患者さまは「先生がやっていいというタイミングでいつでもやってください。冥土の土産にお金なんていらないから。」と言ってくださったんです。しかしながら、患者さまの全身疾患によって体調が優れず、歯の手術もドクターストップがかかってしまい、麻酔医にも断られてしまいました。 結局、下の顎のインプラントはそれから4年後に行いました。「どうしてもやってほしい、文句は言わないから」という強いご希望を受けて、「ALL-on-4」でやらせていただき、無事成功しました。時期を待ち、私が責任を持つということで納得いただいてから施術したのです。

本当に私達を信じていただいて、ありがたかったと共に思い出深い患者さまでしたね。

前田先生が設計されたこの医院様の創りで、特にこだわられた箇所、コンセプトを教えてください。

外観

歯医者らしくない歯医者を作ろうというのがコンセプトです。健軍院は、特に半円形の外観にこだわりました。イメージは思いつきです(笑) ラフスケッチを建築士さんに渡して実現しました。こだわりは本物のレンガ、そして天井の高い診察室と、待合室の吹き抜け、そして2階の託児ルームですね。

内装面は、設計時に気に入っているホテルを参考にしています。インテリアもよく見ていただくとホテルのイメージでまとめていることが分かっていただけるかもしれません。 また、カウンセリングルーム、予防歯科ルーム、オペ室と専門の部屋を診察室と別に設けており、診察室は隣同士が見えないようにユニットで区切っています。

なにより、歯医者に来るのが億劫にならないような空間作りを目指しております。たとえば、小さいお子さまをお持ちの患者さまは、ベビーカーのまま上がっていただけるように設計しました。なお、待合室では無料でWi-Fiをご利用いただけます。

医院様の「チーム医療」の団結力を深める為に何か取り組まれていることなどございますか?

ミーティング風景

当院には「健軍院」と「宇土院」があります。三ヶ月に一度、医院を休診にして両院のスタッフを交えたスタッフ全員で勉強会を行っています。勉強会では、それぞれが「朝礼ノート」を取っているので、それを見直して大事なことを振り返って再確認をしていきます。さらに、症例発表や、講師を呼んでの講義をみっちりと1日がかりでこなします。その後、全員で飲みに行ってコミュニケーションを取ったりもします。

また、各院の代表4~5人で構成する幹部会に私の考えや重要な情報を伝え、それを幹部会の人間が各院のスタッフに伝えて共有される仕組みを取っています。

その他、私だけでなくスタッフ一人ひとりが学会や研修会に参加して勉強しています。院内勉強会はもちろんですが、学べる症例数が多いことも、自然とスタッフのチーム力を強めている要因ではないかと考えています。

 

理事長写真

理事長 前田 明浩(Akihiro Maeda)

昔、歯医者に行ったら「どうしてこんなになるまで放っておいたんだ」と怒られたことがトラウマで、歯は気になるけれど、また怒られたくないという理由で来られない方がけっこういらっしゃいます。

しかし今の歯科医師は怒ったりすることはありませんので、リラックスしてお越しください。お口の様子をみせていただき、しっかりとご説明し、お話も伺います。

理事長写真 理事長写真

当院は見かけが歯医者らしくないので「高そう」と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、基本は地元のファミリーを向いた歯医者です。

口コミでインプラントに来られる方も多いのですが、ふつうの虫歯や歯周病治療もきっちり直します。お電話が苦手な方はインターネット予約をどうぞご利用ください。

理事長略歴

  • 1986年3月鹿児島大学歯学部 卒業
  • 1995年4月パール歯科クリニック 開業
  • 1997年7月医療法人エステティックライン 設立
  • 2004年高知アーク歯科 開院
  • 2006年熊本インプラント矯正センター 開設
  • 2009年10月宇士パール歯科クリニック 設立
  • 2019年9月熊本パール総合歯科・矯正歯科・こども歯科クリニック健軍院へ院名変更
  •  現在に至る
院長写真

院長 鶴田 敏弘(Toshihiro Tsuruta)

院長経歴

  • 2015年3月 北海道医療大学 歯学部卒業
歯科医師写真

歯科医師 大橋 博文

丁寧でわかりやすい説明・治療を大切にしています。これからもよろしくお願いします。

 

熊本パール総合歯科・矯正歯科・こども歯科クリニック健軍院の基本情報

医院名

熊本パール総合歯科・矯正歯科・こども歯科クリニック健軍院くまもとぱーるそうごうしかきょうせいしかこどもしかくりにっくけんぐんいん

開院年月日

1995年4月

予約
住所

〒862-0911 熊本県熊本市東区健軍3-24-22

アクセス

熊本市電A系統健軍町駅 出口徒歩2分

熊本市電A系統健軍交番前駅 出口徒歩3分

豊肥本線(阿蘇高原線)新水前寺駅 出口車11分

駐車場
  • 駐車場が12台分ございます。
診療時間
診療受付時間
09:30~12:30
14:00~18:30
診療項目
保険診療 入れ歯・義歯 虫歯 歯周病 親知らず 歯科口腔外科 小児矯正 矯正歯科 小児歯科 マウスピース矯正 ワイヤー矯正 噛み合わせ 予防歯科 歯科検診 訪問歯科診療 インプラント 美容診療 ホワイトニング ホームホワイトニング オフィスホワイトニング 顎関節症 口臭 無痛治療 笑気麻酔 レーザー治療 クリーニング PMTC つめ物・かぶせ物
施設規模
診療チェア数6台
先生の人数常勤男性3人 女性1人
非常勤男性1人 女性2人
スタッフの人数常勤女性12人
非常勤女性6人
お問合わせ

096-369-5350

データ更新日:2017年8月16日

特徴

施設情報

キッズスペースあり|駐車場あり

サービス

院内処方|カード払いOK(自由診療)

データ更新日:2020年1月15日

熊本パール総合歯科・矯正歯科・こども歯科クリニック健軍院の特徴

熊本市電の健軍町駅から徒歩2分、熊本市東区健軍にある熊本パール総合歯科・矯正歯科・こども歯科クリニック健軍院です。新しい設備とより良い治療法で患者様の健康をサポートしている歯医者さんです。そのために、痛みの少ない治療に取り組んだり、歯医者さんが苦手な方でも落ち着いて通える雰囲気づくりを施したりされています。歯科はもちろん、美容診療、訪問歯科診療、インプラント、小児歯科などの診療を行っていらっしゃいます。お口のことでお悩みを抱えている全ての方がより通いやすく、治療が受けやすい環境と設備が整っているので、熊本市東区エリアで歯医者さんをお探しの方はぜひ一度熊本パール総合歯科・矯正歯科・こども歯科クリニック健軍院へご相談してみてください。駐車場も12台分用意されていますので、お車でお越しの方も来院しやすいです。

★熊本パール総合歯科・矯正歯科・こども歯科クリニック健軍院(熊本市東区健軍)【アクセス】健軍町駅出口から徒歩2分/健軍交番前駅出口から徒歩3分/新水前寺駅出口から車11分

掲載のご案内