睡眠時無呼吸症候群の治療内容|狛江和泉本町デンタルクリニック

お気に入り

4.5いいね!

口コミ48

最寄駅
狛江駅
出口 徒歩2分

住所 東京都狛江市和泉本町1-2-5 サブマリンビル1F地図

  • 土曜診療
  • 18時以降診療

EPARK医療総合アプリ「デジタル診察券」が利用できます。

睡眠時無呼吸症候群で悩む方や、格闘技などのスポーツに取り組む人のために、マウスガードをご用意できます

睡眠時無呼吸症候群で悩む方や、格闘技などのスポーツに取り組む人のために、マウスガードをご用意できます

夜中に熟睡できない、いびきがひどいなどの症状はありませんか?もしかしたら「睡眠時無呼吸症候群」かもしれません。気道が狭まり、睡眠時に呼吸停止が起こる「睡眠時無呼吸症候群」は日中の倦怠感や異常な眠気で仕事や日常生活に悪影響を及ぼします。当院では睡眠中に「スリープスプリント」と呼ばれるマウスピースを用いる治療(※)に対応しています。数回の通院で適したマウスピースを作製できますので、気になる症状のある方はご相談ください。

また、格闘技などのスポーツをする際に役立つのが、歯や口内を守る「スポーツマウスガード」です。さまざまなスポーツで利用可能です。ご興味のある方はご相談ください。

※自由診療です。料金は料金表を確認してください。

睡眠時無呼吸症候群の特徴

睡眠時無呼吸症候群とは?

睡眠時無呼吸症候群とは?

睡眠時無呼吸症候群とは、気道が狭まることで発症します。主な症状はいびき、睡眠時の呼吸停止などです。睡眠時無呼吸症候群を発症すると、日中の倦怠感や、異常な眠気を誘発します。全身倦怠感は、体に負担がかかります。これが続いた結果、仕事や日常生活に支障をきたす恐れがあります。脳に酸素がいかない状態が続くため、健康にも害が及ぶ可能性も高いです。

スリープスプリントと呼ばれるマウスピースによって、睡眠時無呼吸症候群の治療を行います。スリープスプリントは、下顎を突き出す仕組みとなり、舌を持ち上げた姿勢で就寝できる仕組みです。寝ている最中に気道をふさぐ状態を回避できるため、睡眠時無呼吸症候群の治療に使用されています。当医院では、数回の通院で適したマウスピースを作製することが可能です。気になる症状のある方はご相談ください。

ネット予約・空き状況確認

 :受付中 :お問い合わせ -:受付不可

掲載のご案内