症状の再発による抜歯のリスクを抑える治療

症状の再発による抜歯のリスクを抑える治療

再発のリスクというよりは、詰め物が取れた、外れたというのはいいと思っています。むしろ治療のあとに何かトラブルが起こって、抜歯につながることが大きなリスクになっています。治療として、再治療ができる状態にしておくことです。

例えば歯の土台は金属ではなく、ノンメタルの素材を使用する事で、万が一歯が折れたとしても土台に負荷はかからないため、根っこの部分が残っていますので歯根が割れしまう次の治療で抜歯にはなりません。何かあっても、打つ手があるように再治療できる状態にすることが歯科医師としての腕です。

昔の医師は、削ったり、抜歯したりして、治療したものを取れないようにすることばかりを行っていました。そのために、健全な隣の歯も削って連結してしまうこともありましたが、隣の歯をたまったものではありません。
それだと、共倒れで両方の歯がダメになってしまいます。リスクを避けて治療を行うことが大事で、治療した歯に何かあっても、再治療できる逃げ道をつくることが歯にとっては良いことです。

ネット予約・空き状況確認

2020年1月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28 29 30 31

2020年2月

1
2
3 4 5 6 7
8
9
10
11
12 13 14
15
16
17 18 19 20 21
22
23
24
25 26 27 28
29

 :受付中 :お問い合わせ -:受付不可

ネット仮予約 24時間受付中
  • 今日空き
  • 明日空き
0066-9801-217326無料通話
  • 今日18時~も診療中
掲載のご案内