きれいな白い歯に憧れている方に・・

2種類のホワイトニングをご用意

白く輝く白い歯を手に入れるためのホワイトニングに関しては、ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングの双方をご用意しております。生活環境や予算なども考えあわせて患者様に選択していただくことになりますが、実際にはホームホワイトニングを選択される方が多いようです。ホームホワイトニング、オフィスホワイトニングそれぞれにメリット、デメリットがあるため、患者様にはそれらを十分に説明し、納得していただいたうえで施術するよう心がけています。ホワイトニングの最中は、色の濃いものや喫煙をお控えいただくことになりますので、どのくらいの期間それらを我慢できるかということも大きなポイントになります。

メリット・デメリットを明確に提示

まずホームホワイトニングについては、マウスピースを1度作れば、自宅で好きなときに歯を白くすることができるというメリットと、1度施術した後でもお手頃な価格の薬を購入しさえすれば何回でも施術できるというメリットがあります。日中歯科医院に通えない患者様にはこちらをおすすめします。低濃度の薬剤を使うため、しみたり痛んだりすることはありませんが、1日2~4時間ほどマウスピースを装着し、2週間ほどかかるというのがデメリットになります。一方のオフィスホワイトニングは、液がホームホワイトニングの10倍ほどもある高濃度のため、しみたり痛んだりする場合があります。当院の場合は、3回の通院で終了するのがメリットですが、急速に白くするため色の戻りが早い場合もあります。できるだけこうした戻りがないよう、通常1回の通院でかなり白くなるところを、3回施術することでご希望の白さに近づけるようにしています。それでも、喫煙される方などはヤニのために3ヶ月ほどで白さが落ちることもありますし、着色性の食品をとることが多い場合も色の戻りが早くなります。どのぐらい白さが持続するかは、患者様の生活環境にもよります。

ホワイトニングの可否は検査次第

虫歯や歯のシミがある方、差し歯の方はホワイトニングができません。差し歯にはホワイトニングの意味がありませんので、差し歯だけが黄色い状態で残ってしまうことになります。全部が天然歯で虫歯がない人でないと、ホワイトニングがむらになってしまいます。患者様の状態を確認しなければならないため、お電話でのお問い合わせにはお答えすることができず、一度来院して検査していただくほかありません。

きれいな口元を手に入れる美容診療

心から笑っていただく為に・・・

口を開けるたびにぎらりと光る銀歯が気になる為、笑うときには口に手をあてる方などがいらっしゃいます。当院ではきれいな仕上がりの詰め物・被せ物をお作りしておりますので、きっとご納得いただけるものと思います。自然で美しい笑顔を取り戻しましょう。

銀歯はアレルギーを引き起こしてしまうおそれがあります。

銀歯がもたらす悪影響は見た目だけに限りません。実は口のなかにある銀歯が原因となることも少なくないのです。当院では金属を使用してなく、更に見た目や耐久性に優れた詰め物や被せ物をお作りしておりますので、お悩みの方はぜひ一度ご相談ください。

当院の予防歯科

今後リスクをこうむらないために

予防歯科としては、まず日ごろからしっかりと歯磨きをすることで、ご自分の歯を大事にすることをお話しています。歯が痛んだら歯医者に行けばいいのではありません。何よりも、毎日の歯磨きを通してご自分の歯の状態をしっかり確認し、病気になる前の手段を講じるために歯科医院に通っていただくのです。当院ではなるべく抜かない、削らない、虫歯の治療を目指しておりますが、虫歯の状況によってはそうせざるを得ない場合もあります。しかし、1度削ってしまうと、歯はもとには戻りません。何よりもまず、虫歯にならないこと、歯周病にならないことを目指して予防歯科をつづけております。実際には、歯垢などのクリーニングの後、最終的にフッ素を塗って仕上げをしています。また治療後にきちんと磨かなければまたすぐに通院をすることになってしまいますので、歯ブラシ指導などで患者様のモチベーションをあげていただいています。歯磨きをしないことでご自身がこうむる精神的・経済的リスクを患者様にご理解いただくことが、予防歯科にはとても大事だと考えています。

歯周病を目で確かめ、精緻に計測

歯の痛みを訴えて来院される患者様でも、かならず歯周病の有無を確認します。ポケット検査や揺度検査、レントゲン検査などで歯周病の進行段階を確認しますが、初診のときにはさらに口腔内カメラを使用し、口の中や歯肉の状態、色やはれ具合まで全部見ていただきます。口で説明しても、患者様にはわかりません。全部を実際にカメラの写真を通じて見ていただくことで、初めてご自身の口の中の状態を確認していただくことができるわけです。歯周病が初期段階でもある場合は、計測の上で度合いを調べてから治療ということになります。

まず歯周病治療から

もし虫歯があったとしても、それが軽度で痛みを伴わない場合は、その虫歯を後回しにして歯周病のクリーニングから始めます。レーザーを照射して歯周ポケットを浅くしたり、歯の根についた歯垢や歯石を除去することで歯の根底を支える施術を行います。

患者様の意識のための取り組み

歯磨き指導をした何ヶ月か後に患者様の歯肉の状態を拝見することで、どの程度歯磨きをされているかの想像はつきます。これでは歯磨きが足りないとなると、再度歯磨きの指導をします。よい状態であればそれまでの患者様の努力を褒めることで、患者様の意識を維持できるようにうながしています。

実際のリスクを目にする手段

まずは、歯周病にかかるとご自分の口の中がどのような状況になるのかを説明する動画を患者様に見ていただきます。歯垢がたまり歯ぐきが炎症を起こしている軽度のものから、実際に歯が抜けてしまうほど重度のものまで実際の動画ご覧になると、患者様ご自身に意識が芽生えるようです。

歯医者は痛みを抑えられる、怖くない場所です

「歯医者は痛みを抑えられる、怖くない」と思ってもらうために

小児歯科は、お子様の歯の健康を守るための診療科目です。乳歯でも、抜歯することで永久歯の歯並びに影響が出ることもあります。何より虫歯を放置するという習慣づけをしてはいけません。幼いうちから定期的に歯科医院に通う習慣を身につけることで、歯の健康に繋がります。そのためにはお母様のお力添えは大切ですので、お子様の治療内容については、まずはお母様にご説明し、ご納得いただきた上で治療を行います。

治療を重ねる仕組みづくり

お子様の場合は、最初にかけた麻酔が痛ければ、もう2度と麻酔させていただけません。痛む場所であってもなるべく麻酔をかけずに、痛みをなるべく感じないよう治療することを心がけています。まずは応急的に小さい虫歯を治療してしまい、慣れてきたところで麻酔をかけるような状態にすることで、大きな虫歯をきちんと治療できるようにもっていっています。痛みを感じないようにするという点では予防が特に大事です。当院では、フッ素塗布やシーラントなどを行うことで、お子様が痛みを感じる前の処置を行います。

患者様の身体を第一に考えたレーザー治療

当院では、レーザー治療を10年以上前から行っています。今現在では、メスはほとんど使っていません。レーザー治療のほうが治療にかかる時間が短縮できることと、患者様へのダメージも少ないため、状態改善までの時間も短くてすむことになります。患者様のメリットを第一義に考えております。

患者様のメンタルケアをまずは心得ます

表面麻酔が必要ないとはいっても、怖いと感じる患者様には表面麻酔をします。そうすることで患者様が精神的に落ち着くことができるなら、それが良い手です。歯科治療自体を不安に思われる患者様も少なくありません。そのため、私はメンタルケアも重要視しておりますので、まずはしっかりお話をして、患者様の緊張をほぐすところから治療にあたります。

歯軋りの要因

メンタルケアから始める治療

歯軋りをする方は、寝る前にスマホやパソコン、本を見ていることが多いようです。そうした生活習慣から肩がこり、その肩こりを治そうと、眠っている間に無意識で顎を動かしてしまいます。それは本能的なものです。その改善のためにまずは、寝る30分前にはそういったものに触れないようにしたり、目の運動をしたり、温めたタオルで目の血行をよくしてから睡眠に入るように指導しています。顎関節症の治療には、マウスピースを用いています。歯軋りでお悩みの方はぜひ一度ご相談下さい。

医院からのお知らせ

8月11日(日)~8月15日(木) 夏季休診となります。

ネット予約・空き状況確認

今日 明日 明後日
休診日 可能 休診日

2019年10月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25 26
27
28 29 30
31

2019年11月

1 2
3
4
5 6
7
8 9
10
11 12 13
14
15 16
17
18 19 20
21
22
23
24
25 26 27
28
29 30

 :受付中 :お問い合わせ -:受付不可

ネット仮予約・空き状況確認
掲載のご案内