その頭痛は親知らずが原因?抜歯のタイミングや応急処置を紹介

    頭痛がする女性

    親知らずが原因となって、頭痛や強い歯の痛みに悩まされる方は多いようです。
    親知らずの状態によっては、残しておくことでトラブルの原因にもなってしまいます。

    しかし、仕事などが忙しくなかなか歯医者さんへ受診する機会がない方もいるでしょう。
    そんな忙しい方のために、この記事では突発的な頭痛の応急処置法や、そもそも頭痛の原因は親知らずなのか?といった悩みにもあわせてお答えします。
    頭痛の原因や自宅でおこなえるケアについて知りたい方は、ぜひチェックしてみてください。

    この記事の目次

    1.なぜ頭痛が起きてしまうの?

    1-1.親知らずが原因で起きる頭痛について

    親知らずで頭痛が発生する原因としては、大きく分けてふたつのパターンが考えられます。

    ひとつめは、菌の繁殖により歯や歯茎に炎症が起こり、結果として頭痛が起こってしまうパターンです。
    親知らずはほかの歯と比べて真っ直ぐに生えてこないことが多く、斜めに生えていたり、横向きに倒れていたり、逆さまに生えていたりすることがあります。
    歯を磨きにくいため、親知らずが虫歯や歯肉炎になることも珍しくありません。
    その炎症が悪化することによって、頭部の神経を刺激し頭痛を起こすケースがあります。

    ふたつめは、噛み合わせに起因して頭痛が起こっているパターンです。
    親知らずは全部で4本生えてくることがありますが、すべての方が4本生えそろうわけではありません。
    親知らずが生えても噛み合わせる歯がなかったり、そもそも横向きに倒れているのでまったく噛み合わなかったりして「噛み合わせのバランス」が崩れ、頭痛が起こることも少なくありません。

    親知らずのイラスト

    1-2.頭痛が起きるメカニズム

    そもそも頭痛が起きてしまう理由としては、歯の構造に要因があります。
    歯冠の表面はエナメル質という硬い層でできており、エナメル質自体は痛みを感じません。
    しかし、エナメル質の内側にある「象牙質」「歯髄」、そして根っこの周りの組織である「セメント質」「歯根膜」などは神経や血管とつながっています。
    そのため、こうした組織に異常が起きたり、内側まで虫歯が進行したりすることで痛みを感じ、それが広がっていくと頭痛につながるのです。

    2.親知らず以外が原因で頭痛が起きることも

    2-1.虫歯が原因の場合

    親知らずに限らず虫歯が深く進行してしまうと、歯の神経にまで炎症がおよぶ場合があります。
    そうなると、「冷たいもしくは温かい食べ物でしみる」「何もしなくても痛む」「頭痛がする」といった症状が出てくるようです。
    頭痛以外にも上記のような症状がある場合は、虫歯のおそれがあります。

    頭が痛い食事中の女性

    2-2.歯周病が原因の場合

    歯周病が重症化したケースでは、症状のひとつとして頭痛があらわれることもあります。
    軽度の歯周病では、自覚症状のない方がほとんどです。
    しかし歯周病菌は歯槽骨とよばれる歯根周囲にある骨を溶かしてしまうので、重症化すると歯がグラグラしてくることもあります。
    歯の揺れがはじまってしまうと、歯を噛み合わせた際に痛みや頭痛をともなうことがあると言われています。

    2-3.外傷などによる歯の破折が原因の場合

    歯ぎしりや食いしばり、外傷が理由で歯や歯の根っこが折れてしまった場合は、強い痛みをともなうことが多いようです。
    歯の表面にヒビが入ったり、患部に触れたときにグラグラと動いたりする場合は、歯の一部が割れている可能性が考えられます。

    3.突然頭痛が起きたときの応急処置法

    3-1.患部を冷やし、痛みを抑える

    急性の痛みであれば、ガーゼや氷の入ったタオルなどをあて患部を冷やすなり、口に含むと、症状が和らぐことがあります。
    しかし、ある程度進行してしまった虫歯が原因で出ている痛みは、冷やすとかえって症状が悪化するケースもありますので、様子をみながらおこなう必要があります。

    3-2.口をできるだけ清潔に保つ

    口のなかが不衛生になっていると「痛みのもと」である炎症がより起きやすくなります。
    軽い痛みであれば、歯の汚れ(プラークとよばれる細菌の塊など)を歯ブラシやフロスできれいにすることで、症状が落ち着くケースもあります。

    しかし、炎症が強いときは歯磨きの刺激でかえって痛みが増すことがあります。
    歯ブラシをあてられないほどの痛みがある場合は、ノンアルコールで刺激の少ないうがい薬で口をゆすぎ、口のなかを清潔に保ちましょう。

    3-3.市販の頓服薬を服用する

    痛みが強いと、夜の寝付きが悪くなったり食べ物を食べにくくなったりします。
    結果的に免疫力低下を引き起こして症状がさらに悪化してしまうケースもあります。
    そのようなときは市販の頓服薬で一時的に痛みを和らげるのもひとつの方法です。

    薬を飲む女性

    3-4.痛みが続く場合は歯医者さんへ

    頭痛があるほど歯が痛むときは、できる限り早めに歯医者さんで診てもらうのがおすすめです。
    痛みの程度によりますが、炎症が強い場合はまず抗生物質を出したり、患部を消毒したりと炎症を抑える処置をほどこしてから抜歯の治療になることも珍しくありません。

    また、真夜中に痛んでしまうなど「今すぐには受診しにくい」と迷う患者さんも少なくありません。
    頭痛以外にも、以下の症状を併発している際は、すぐに受診した方がよいでしょう。
    夜間や休日には救急診療も検討してください。

    4.抜歯によって頭痛が起こるケースもある

    4-1.斜めに生えているなど抜歯が難しいケースの場合

    親知らずを抜くと傷を治そうとする働きが起こり、炎症が起きることで頭痛にもつながる場合があります。
    また、親知らずが斜めに生えている場合、抜歯には骨を削るための器具を使うことがあります。
    こうした器具の振動で、頭痛が引き起こされることもあるようです。

    4-2.歯がなくなったことへのストレス

    親知らずを抜歯すると、噛み合わせのバランスが以前と変わります。
    それがストレスとなり、頭痛を起こす場合があります。
    また、難しい抜歯が必要なケースでは、処置が長時間におよぶこともあり、顎や心身に負担を感じて頭痛を感じる患者さんもいるようです。

    抜歯した親知らず

    5.まとめ

    上顎か下顎かによっても症状が変わる場合がありますが、親知らずはもともと歯磨きがしにくいところに生えているので炎症が起こりやすく、それが原因で頭痛が引き起こされるケースもあります。
    頭痛が起きた際には「患部を冷やす」「頓服薬を飲む」といった応急処置をすることもできますが、やはり一時しのぎの対処法です。

    「頭痛がするけど、すぐに歯医者さんへ行くべきかわからない」と悩むときには、腫れや患部の熱っぽさ、歯周辺に痛みがおよんでいるかどうかといった、頭痛以外の症状にも注目して検討してみてください。

    【監修医 松岡浩司先生のコメント】

    昔は、親知らずを抜くと死んでしまう!などと言われましたが、現代では医療の進歩もめざましく、
    抜歯しないリスクの方が後に大きな代償として現れるケースが見受けられます。
    あまり症状が出現しないうちに、違和感を覚えたら抜歯をご検討ください。

    監修医 松岡浩司先生

    この記事は役にたちましたか?

    • すごく
    • いいね
    • ふつう
    • あまり
    • ぜんぜん
    不正確な情報を報告

    ネット受付・予約もできる

    歯医者さん検索サイト

    ご自宅や職場の近くで歯医者さんを探したいときは、検索サイト『EPARK歯科』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を見ることができます。

    EPARK EPARK
    • 歯医者さんをエリアと得意分野でしぼって検索!
    • 歯医者さんの特徴がわかる情報が満載!
    • 待ち時間を軽減!24時間ネット予約にも対応!

    EPARK歯科で歯医者さんを探す