歯医者さんを探す・見つける・予約する|全国の歯医者さん、歯科クリニックの検索・予約が出来るデンタル総合検索サイト

    EPARK歯科
    EPARK歯科

    キーワードで探す

    医師へ直接相談

    相談ポイント

    相談ポイントとは

    先生が回答することなどで付与されるポイントです。

    回答:5ポイント
    医師の支持:3ポイント
    参考になった:1ポイント

    お悩み相談室ガイド

    虫歯

    親知らず

    回答数:4件

    親知らずはすべて抜いた方が良いのか。

    先生からの回答

    全4件の回答

    坂田 尭久 院長 ノア歯科クリニック中目黒(東京都 目黒区)

    • 回答数 79
    • 相談ポイント 423pt
    • 医師の支持数 0件 / 参考になった数 66件
    ノア歯科クリニック中目黒 坂田 尭久 男性

    こんばんは、ノア歯科クリニック中目黒の坂田尭久です。

    親知らずの全てが抜くべき対象ではありません。

    親知らずがきちんとお口のなかに収まらず、斜めにはえていたり、
    場所がわるく、咬み合わせにほとんど参加していない場合や、
    虫歯や歯周炎が発生している親知らずは抜いたほうがいいです。

    そして、将来的に歯を抜くことになる可能性が高い場合も、
    早い段階で(若いうちに)抜歯を選択するのが結果的に良い場合もございます。

    逆に虫歯も歯周病もなく、咬み合わせが安定している親知らずや、
    再生療法、歯の移殖などに活用できそうな場合も無理に抜歯をすることはないと思いますよ。

    しっかり診断をして頂き、抜歯するか保存すべきかを判断してもらうのが良いですね。

    ご参考になれば幸いです。

    ノア歯科クリニック中目黒
    坂田 尭久

    1人が参考になったと言っています。参考になった

    回答:2018/01/12 23:30

    山本 達郎 院長 山本歯科医院(神奈川県 横浜市保土ヶ谷区)

    • 回答数 270
    • 相談ポイント 1636pt
    • 医師の支持数 0件 / 参考になった数 471件
    山本歯科医院 山本 達郎 男性

    横浜保土ヶ谷の 山本歯科医院 院長の山本達郎です。

    親知らずがあるおかげで咬合が安定しているなら残すケースがあります。
    そうでない場合は他の重要な大臼歯に悪影響が及ぶ可能性大きいのでほとんどのケースで抜歯が良いでしょう。

    高齢になるまで保存して 持病のため抜くに抜けない 顎骨と癒着起こし抜歯が困難な事例はたくさんあります。

    誤解を恐れない言い方をすれば

    若くて時間のあるときにモチベーション上げてもらって抜歯した方がいいです。

    山本歯科医院&横浜ホワイトニング・インプラントセンター 山本達郎

    2人が参考になったと言っています。参考になった

    回答:2018/01/12 10:41

    陶 秀彦 院長 10ban歯科(東京都 港区)

    • 回答数 3,547
    • 相談ポイント 18111pt
    • 医師の支持数 2件 / 参考になった数 1,135件
    10ban歯科 陶 秀彦 男性

    こんにちは。

    状態にもよりますね。

    抜けるなら抜いてしまった方がいい親知らずもありますし、レントゲンを撮って、先生の見解にもよりますね。

    1人が参考になったと言っています。参考になった

    回答:2018/01/11 19:47

    馬場 真菜美 理事長 兼 院長 マナミ歯科クリニック(東京都 中野区)

    • 回答数 3,685
    • 相談ポイント 18168pt
    • 医師の支持数 1件 / 参考になった数 702件
    マナミ歯科クリニック 馬場 真菜美 女性

    全てということはありません。歯として十分に機能しており、虫歯や歯周炎を起こたり、斜めに埋まっていて他の歯の圧迫するようなことがなければそのまま使い続けて問題はありません。

    しかし、実際には多くの親知らずは斜めに生えていて咀嚼に寄与せず、虫歯や歯周炎の原因となりやすく、治療も難しいので最終的に抜くことになるのが多いのも事実です。将来的に抜歯した方が良いと予想される場合はあらかじめ抜歯することも選択肢です。

    1人が参考になったと言っています。参考になった

    回答:2018/01/11 19:01

    免責事項
    回答されている内容は、症状や相談内容の異なる個人に対し、回答時の法律、保険制度、技術や回答者個人の見解などに基づいております。実際の施術行為、医療相談などは、直接関連する医師・薬剤師などに相談の上、ご自身の責任のもとご判断ください。当社は、当サイト上のサービスを利用し、その内容に基づいて生じたいかなる損害についても、一切の責任を負いません。