歯医者嫌いな子どもに朗報!削らない虫歯治療「カリソルブ」

子ども 歯医者 カリソルブ

歯医者嫌いな子どもに朗報!削らない虫歯治療「カリソルブ」

子どもが歯医者さんを嫌いになる大きな原因は、虫歯を治療する際のキーンという歯を削る不快な音や痛みなど。これが苦手で歯医者さんでの治療を受けたくなくなってしまい、親御さんもお子さんを歯医者に連れて行くのに苦労なされていることと思います。ところが、今は歯を削らない「カリソルブ」という虫歯治療があるのをご存知でしょうか。まだまだ取扱いのある歯医者さんもそれほど多くはなく、一般的に普及した治療法ではないですが、今後の治療の選択肢の一つとして、今回ご紹介していきます。

14,129 View

この記事の目次

1.歯を削らない虫歯治療「カリソルブ」とは

子ども 歯医者 カリソルブ

虫歯の新しい治療技術

虫歯を削らずに治すという画期的な治療法「カリソルブ」はスウェーデンで開発されました。1998年に認可されて以来、スウェーデンでは一般的な虫歯治療の方法として定着しています。日本でも、2007年に厚生労働省に認可され、一部の歯医者さんで受けることができるのです。
痛みが苦手な人に適しているだけでなく、歯にやさしい虫歯治療として注目されています。

虫歯を削らずに治療する

カリソルブでは、どうして虫歯を削らずに治療できるのでしょうか。
その秘密は、薬剤にあります。次亜塩素酸ナトリウムとアミノ酸などを成分とした薬剤を虫歯になっている部分に塗ります。そうするとその部分がやわらかく溶けた状態になるのです。そこを専用の器具で取り除くことによって、虫歯をなくすというわけです。
薬剤でやわらかくするのは虫歯部分のみ。健康な歯はアミノ酸で保護されるので、この処置によって傷つけてしまう恐れはほとんどありません。虫歯治療によって失う歯質が少なくすむので、神経の近くに虫歯ができたとしても神経を取らずに治療できる可能性が高いのです。

カリソルブが誕生した背景

一般的な虫歯治療では、虫歯におかされている部分だけでなく、健康な歯へもダメージを与えてしまうのが問題とされていました。そこで、歯をできる限り傷つけずに、しかもあまり痛みを感じることなく、健康な歯に影響をほとんど与えずに虫歯治療ができないかと考えた結果、スウェーデンで研究が進められたのです。
そうして開発された技術が「カリソルブ」というわけです。

カリソルブで治療できる虫歯

実はカリソルブは進行した虫歯に対しては処置ができません。有効なのは、C2という虫歯が象牙質にまで達している程度まで。虫歯だからといって、無条件でできるわけではないのです。
また、奥歯の咬合面の溝など塗りづらい場所に施す場合は、歯を多少削ることもあります。

歯医者さんが苦手なお子さんに

カリソルブによる虫歯治療では、あの独特な治療の音や振動がないので、これまでのような恐怖感はほとんどないでしょう。歯を削らなければ、麻酔をする必要もありません。
歯医者さんを嫌いになる原因がなくなるので、抵抗なく治療を受けることができると注目されています。

2.従来の虫歯を削る治療の特徴

虫歯を削る理由

虫歯の治療といえば、これまでは削って取り除くのが当たり前でした。しかし、虫歯になった部分を完全に除去するには、その周りも含めて大きく削り取らなければならなかったのです。

虫歯を削ることの問題点

歯を治療するにもかかわらず、問題のない歯まで削って傷つけてしまう、これは歯医者さんにとっても心苦しいことです。しかも、歯は一度削ってしまうと、二度と再生することができません。
何度も歯を削っていくうちに歯が小さくなっていき、最終的には歯を抜くことだってあり得るのです。そして、入れ歯やインプラントの治療が必要となるケースも少なくありませんでした。虫歯の治療をしながら、歯の寿命を短くしてしまうという矛盾があったのです。

3.カリソルブ治療の流れ

子ども 歯医者 カリソルブ

カリソルブを虫歯に塗る

薬剤を混ぜ合わせて、専用の器具で虫歯部分にのみたっぷりと塗ります。それから30秒ほどしかかかりませんが、虫歯と薬剤が化学反応を起こすのを待ちます。

虫歯を取り除く

薬剤によって虫歯部分がやわらかくなったら、専用の器具でていねいに虫歯を取り除いていきます。この処置を繰り返し、薬剤が虫歯に作用しなくなるまで続けるのです。
最終的な確認として、虫歯検知液などを用いて虫歯が本当に完全になくなったかチェックします。

詰め物や被せ物をする

カリソルブで虫歯を完全に取り除いたら、必要に応じて詰め物や被せ物の処置を行います。このように、治療の最初から最後まで歯を削ることなく、そして痛みを感じることもなく虫歯をなくることができるというわけです。

4.カリソルブ治療のデメリット

治療期間が長い

カリソルブ治療では、虫歯を完全に取り除くために薬剤を塗って虫歯を溶かして除去するという作業を何回か繰り返さなければなりません。虫歯を削る治療では一気に取り除けるのですが、少しずつ虫歯を取っていくので2倍ほどの時間は要すると考えておいたほうがよいでしょう。

保険を適用できない

今のところ、カリソルブ治療に保険を適用することができません。
カリソルブで虫歯を除去したあとに必要となる被せ物や詰め物に対しても保険がきかないので注意が必要です。保険適用外の治療は自由診療になりますから、費用の設定は歯医者さんによって異なります。
ただし、費用の安さだけで歯医者さんを選ぶことはおすすめできません。やはり、実績のある歯医者さんかどうかがポイントとなるでしょう。

適応できない虫歯もある

1-4でもお伝えしたように、ある程度進行した虫歯の場合カリソルブ治療は受けられません。虫歯が進行して痛みがあったり神経に達していたりすると、どうしても歯を削る必要があるためです。
お子さんの虫歯がカリソルブ治療の対象なのか、歯医者さんに確認してみるとよいでしょう。

5.まとめ

このように虫歯は削らなくても治療できることもあります。デメリットもありますが、子どもの場合は特に健康な歯を可能な限り残してあげたいものですよね。また、嫌がらずに虫歯治療を受けさせることができるのは子どもだけでなく親御さんにとっても助かります。
まだ一般的に普及している治療法ではなく、比較的新しいものですが、子どもの虫歯治療の選択肢のひとつとして、カリソルブがあることを頭に入れておくとよいでしょう。そして、虫歯が発見された際にはカリソルブ治療を受けられるかどうか歯医者さんに確認してみましょう。

不正確な情報を報告

その他 虫歯の歯医者・歯科一覧

      もっとみる

      歯医者嫌いな子どもに朗報!削らない虫歯治療「カリソルブ」

      監修医 飯田尚良先生

      飯田歯科医院

      住所
      東京都中央区銀座1-14-9 銀座スワロービル 2F

      ネット受付・予約もできる

      歯医者さん検索サイト

      ご自宅や職場の近くで歯医者さんを探したいときは、検索サイト『EPARK歯科』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を見ることができます。

      EPARK EPARK
      • 歯医者さんをエリアと得意分野でしぼって検索!
      • 歯医者さんの特徴がわかる情報が満載!
      • 待ち時間を軽減!24時間ネット予約にも対応!

      小児歯科のある歯医者さんを探す 小児歯科のある歯医者さんを探す