早い時期でも心配なし!乳歯の生え変わり時期の適正期って?

生え変わり 歯 早い

早い時期でも心配なし!乳歯の生え変わり時期の適正期って?

つい数年前に、赤ちゃんのかわいらしい「最初の歯」が生えてきたのを喜んだのに、ふと気づくともう乳歯がぐらついている!子どもの成長の早さに驚かされる一方で、「うちの子の歯の生え変わり、早すぎないかな?」と心配になる親御さんもいるようです。歯の生え変わり時期には個人差があり、なかにはとても早く生え変わるお子さんもいます。歯の生え変わりはいつごろが適正で、早すぎる場合に悪影響などはあるのでしょうか?この記事ではそんな疑問にお答えしていきます。

86,484 View

生え変わり 歯 早い

この記事の目次

1.乳歯の生え変わり、これって早すぎるの!?

6歳のお誕生日ごろが生え変わりの目安

子どもの歯の生え変わりでは、6歳のお誕生日を迎えるころに、最初の乳歯がぐらつき始めるというのが平均的なタイミングです。生後6~9か月で生え始めた乳歯は、2歳半~3歳半前後を迎えるころを目安に20本が生え揃います。
子どもの顎は成長とともにどんどん大きくなりますが、乳歯は一度生えてしまったらそのサイズを変えることはありません。顎の成長とともに、顎と歯のサイズのバランスが悪くなってしまうことを防ぐため、乳歯は永久歯に生え変わるのです。
その後6~7年をかけて20本の乳歯から、28本の永久歯へと徐々に生え変わっていきます。

生え変わりは子どもによって個人差あり

背の伸びや体重の増加、運動能力や言葉の発達などに個人差があるように、歯の生え変わりにもお子さんによって差が見られます。実際、平均である6歳の前後2年くらいで最初の歯が生え変わるというお子さんは多く、4~8歳あたりの生え変わりであれば、特別「早すぎる!」「遅すぎる!」と心配することはないのです。

乳歯がぐらつかなくても永久歯の準備は進行

乳歯が永久歯に生え変わる際には、まず乳歯がぐらぐらと揺れ始めて抜け、そのあとに永久歯が生えてくるのが一般的です。とはいえ、乳歯が抜ける前から、あるいは乳歯が生え揃う前から、歯茎の中では永久歯が生える準備をしています。この準備が整って始めて、乳歯がぐらつき始めます。つまり、生え変わりのタイミングは、永久歯の準備が整い次第ということです。それぞれのお子さんで決まったタイミングとならないのはそのためです。

乳歯が生えた時期と生え変わりに関連も

赤ちゃんに乳歯が生え始めた時期を思い出してみてください。お子さんの乳歯は同月齢のお子さんに比べて、早く生えましたか?それともゆっくりでしたか?すべてのケースに当てはまるとはいえませんが、乳歯から永久歯への生え変わりのタイミングは、乳歯が生える時期の早い遅いに関連している傾向があります。つまり、乳歯が早く生えたお子さんは、比較的生え変わりも早い傾向にあるということです。生え変わりの時期が気になったら、お子さんの赤ちゃん時代を少し思い返してみてください。

2.人より早い生え変わり、悪影響があるの?

生え変わり 歯 早い

「歯の生え変わりは遅い方がいい」は本当?

「歯の生え変わりは遅い方がいい」と聞いたことはありませんか?これは、あまりに早い生え変わりでは、永久歯の歯並びに影響が出るケースがあることからいわれているようです。しかし、乳歯の生え変わりはそれぞれのお子さんの永久歯の準備や顎の成長に応じて起こるもの。少しほかのお子さんより生え変わりの時期が早いからといって、すぐに歯並びに悪影響があるというわけではありません。

人より早い場合は顎のサイズをチェック

歯の生え変わりが早く、永久歯の歯並びに悪影響がないか気になる場合は、お子さんの顎のサイズをチェックしてみましょう。というのは、顎も永久歯のサイズに合わせた大きさに成長していることがあるためです。このように、顎にすでに十分なスペースが確保されているケースでは、生え変わりが早かったとしても、永久歯が曲がって生えたりする心配はいりません。顎のサイズさえ適切であれば、歯並びが悪くなるようなことはないのです。

顎が小さいのに乳歯が抜けてしまったら?

顎の成長タイミングとはアンバランスに、歯の生え変わりが進行することもときにはあります。こうしたケースでは、乳歯よりサイズが大きな永久歯が生えてきても十分なスペースを確保することができず、斜めに生えてしまったり、倒れて生えてしまったりしてしまいかねません。とはいえ、しばらく様子を見ているうちに、顎の成長が永久歯のサイズに追いつき、歯並びが整うことがほとんどです。また、歯医者さんでは装置を使って顎を広げ、歯並びを整える床矯正という治療を受けることもできます。原則的に抜歯をする必要のない矯正で痛みもほとんどありません。子どもの成長に合わせて顎を広げられるので、気になる場合は、一度歯医者さんで相談してみましょう。

歯並びが気になるなら歯医者さんに相談を

歯の生え変わりが早く、永久歯の歯並びに問題がありそうなケースで、しばらく様子を見ても状態の改善が見られないようなら、歯医者さんに相談してみましょう。ごくまれに永久歯の位置と生え方を整えるために歯列矯正が必要な場合もありますし、「個人差の範疇で問題なし」である場合でも、その事実を確認できるだけで、親御さんの心配も軽くなるはずです。

生え変わったときがその子のベストタイミング

早い時期に歯の生え変わりが始まったお子さんでは、ごくまれに永久歯の歯並びが悪くなってしまうことも確かにあります。とはいえ、歯医者さんで対処することも可能ですし、様子を見ているうちに歯並びが整うことがほとんどなので、生え変わりが早すぎるからと必要以上に心配することはありません。「生え変わったときがわが子のベストタイミング」だと捉え、ゆったりとその成長を見守りましょう。

3.早い歯の生え変わり、こんなときどうする?

乳歯が抜けたのに、永久歯が生えてこない

早い段階で乳歯が抜けたのに、永久歯がなかなか生えてこないという場合があります。こうなると「何か問題があって早すぎる時期に乳歯が抜けてしまったのでは」と心配になりますが、3か月程度であれば問題ありません。特に上の前歯では、乳歯が抜けてから永久歯が生えるまでに時間がかかることが多いようです。慌てずにそのまましばらく経過を見守りましょう。
乳歯が抜けて半年経っても永久歯が出てこないという場合には、乳歯の下に永久歯がない先天性欠如や、余分な永久歯がある過剰歯など、永久歯の準備に問題があるケースも考えられます。レントゲンで歯茎の中の状態を確認することができるので、歯医者さんで相談してみましょう。

永久歯が出てきたのに乳歯が抜けない

生え変わりのトラブルのひとつとして、乳歯が抜けていないのに、永久歯が生えてきてしまうというパターンもみられます。乳歯がぐらぐら揺れているのであれば、自然と抜けるまでしばらく様子を見ましょう。ただし、痛みが出てつらいようであれば、歯医者さんに相談してみましょう。場合によっては抜歯をする可能性もあります。
本来は、永久歯は乳歯の根を溶かして、抜ける助長をしながら生えてきます。しかし、乳歯の根は2本あり、永久歯の生える位置がずれていると、片方の根が溶けずに乳歯が抜けずらくなってしまうのです。基本的には、乳歯を抜歯すれば永久歯も適切な位置に自然と動いていきます。

生え変わりが左右対称でない

通常、乳歯から永久歯への生え変わりは、右の前歯から左の前歯というように、左右対称に進んでいきます。しかし、ときには右の前歯が生え変わったのに左の前歯で生え変わりの兆候すら見えないというように、生え変わりが左右アンバランスに進行してしまうこともあるようです。こうした場合には、歯の真ん中がずれてしまう可能性が考えられます。歯列矯正が必要になるケースもあるので、まずは歯医者さんを受診し、レントゲンで歯茎の中の様子を確認してもらいましょう。

4.まとめ

生え変わり 歯 早い

一般に6~12歳ごろの学齢期に起こるといわれる子どもの歯の生え変わり。その時期には大きな個人差があります。3歳で最初の乳歯が抜けたというお子さんもいれば、中学に上がってもまだ乳歯が残っているお子さんもいます。基本的には心配しすぎる必要はありませんが、乳歯が抜けて半年程度経っても永久歯が生えてこない、乳歯が残っているのに永久歯が生えてきたなど、異常が感じられた場合は、不安を払しょくするためにも、一度歯医者さんで相談してみましょう。

不正確な情報を報告

早い時期でも心配なし!乳歯の生え変わり時期の適正期って?

監修医 飯田尚良先生

飯田歯科医院

院長

【経歴】
1968年 東京歯科大学 卒業
1968年 飯田歯科医院 開院
1971年 University of Southern California School of Dentistry(歯内療法学) 留学
1973年 University of Southern California School of Dentistry(補綴学・歯周病学) 留学
1983年~2009年 東京歯科大学 講師
現在に至る
小児歯科のある歯医者さんを探す