TOP
なぜアメリカではそんなに歯並びが大事だと思われているのでしょうか。この記事ではアメリカで歯が重視される理由やアメリカと日本の矯正のちがい、矯正のメリットなどを紹介します。

この記事の目次

アメリカでは歯の美しさが大事!

アメリカでは口元の美しさがとても大事とされています。笑ったときに見えるキレイな歯並びが魅力とされているからです。小さい子どもならまだしも、大人になって歯が出っ歯、すきっ歯、デコボコ歯など歯並びが悪い人は少ないのです。
日本では可愛いとされている八重歯もアメリカでは「吸血鬼」の象徴として不吉に思われています。日本ではファッションや髪の毛や化粧品にお金をかけますよね。どちらかというと歯の矯正やホワイトニングはあと回しにしがちなのではないでしょうか。しかし、アメリカの人は「歯」を美しくするためならお金をかけても構わないという考えをもっています。
そのため歯並びが悪ければ小さいころから矯正し、着色が気になれば自宅でホワイトニングケアをします。アメリカでは過酸化水素が配合された歯のホワイトニング薬剤がドラッグストアなどで簡単に手に入るため、「歯のホワイトニングケア」が日本より身近なものなのでしょうね。
また歯の治療に保険が効かないという理由もあり、定期的に歯医者さんでクリーニングや虫歯の検査をしてもらうのが普通です。いわゆる「虫歯予防」をすることで歯をキレイに保っています。

アメリカで歯が重要視されるワケ

美しい歯はステータスだから

アメリカでは白くてキレイな歯が、ステータスとされています。真っ白でキレイな歯並びはそれだけで格が上がったように感じられるようです。逆にいえばお金がない人は歯がガタガタで黄ばんでいるというイメージがあるそうで、イラストや風刺画などでも誇張して描かれます。
そのため、親は子どもに優先的に矯正をさせています。日本では考えられないですが、なかには借金をしてまで子どもの歯を矯正する家庭もあるんですよ。
歯並びが悪い子どもを放っておくのは親として責任を果たしていないという考え方もあるほどです。

ビジネスや就職を有利にするため

アメリカではビジネスや就職でも歯並びが重視されます。なぜなら、歯が汚い人=だらしない人という印象があり、歯並びは身だしなみとしてとらえられているからです。歯が汚いと自己管理ができない人とみなされ、ビジネスで不利になってしまいます。
ビジネスだけでなく恋愛においても歯並びがキレイな人のほうが有利と考えられています。それほどアメリカでは歯並びや歯の白さが重視されているのです。

コミュニケーションツールとして使うため

アメリカはにこっと笑ったときの笑顔にとても価値があるとされています。日本でも笑顔がコミュニケーションとして大事なのは理解されていますよね。初対面の相手などには「あなたに敵意がありませんよ」という意味を込めて笑顔であいさつをかわします。
アメリカではさまざまな文化をもった人と接する必要があります。あいさつの際もハグやキスなど相手との距離が近いですよね。そういった意味ではアメリカでの笑顔の重要性は日本よりも高いのかもしれません。
笑顔によって白くて美しい歯を見せることは相手に対して敵意がないこと、安心感を与えるために重要なコミュニケーションツールなのでしょう。

アメリカと日本の矯正

日本の矯正はほとんど自費

日本では虫歯や歯周病とちがい、歯並びを改善する矯正治療は病気として扱われないため保険が効かないことがほとんどです。しかし、特定の病気であれば保険が効くこともあります。
たとえば、生まれつき歯や骨に異常がある「先天異常」の場合またはあごの変形が原因となって噛みあわせがうまくいかない「顎変形症(がくへんけいしょう)」の場合などに保険が適応となります。しかし、基本的には矯正は自費治療と考えておいてよいでしょう。

アメリカの矯正は保険が効く?

すべてのケースではありませんが、アメリカでは矯正に保険が効くこともあります。保険が効けば日本より安価に歯列矯正を受けられることもあります。保険が効くことで料金プランが多くあり選択肢があるため、子どものころから矯正をして歯並びをなおしてしまう人も多いのです。
歯医者さんによっては矯正の費用のなかに毎月通う診療費なども含まれているプランもあるようです。それを考えると日本より費用が安価にすむこともあるでしょう。

歯並びがよいとメリットがたくさん!

虫歯や歯周病のリスクが減る

歯並びが悪いと歯みがきの際にブラシが届きづらく清掃性が悪いです。歯が重なっていたり、変な方向を向いていることでみがきにくい歯があるなら治療を行うことで歯みがきのしやすさが変わると思いますよ。
逆にそのまま放置しておけば虫歯や歯周病のリスクが高まります。虫歯や歯周病が進行してしまうと最悪の場合、抜歯というケースもあるのです。
アメリカでは虫歯の予防などが小さいころから教育されていて、歯ブラシのほか、デンタルフロス(糸ようじ)やうがい薬などさまざまなケアグッズを使うよう指導されています。
しかし、日本ではまだまだデンタルフロスや歯間ブラシを毎回使う人は少ないです。予防に対する意識の低さから虫歯を進行させてしまうこともあるのです。

噛み合わせがよくなる

矯正をすることで正しい噛みあわせになります。噛みあわせというのはじつは全身に影響を及ぼしていて、矯正をすることで顔やからだのゆがみが改善する、食べものが噛みやすくなる、肩こりや頭痛が改善するなどのメリットがあります。見た目だけでなく、これらの不調が緩和するなら嬉しいですよね。

笑顔に自信がもてる

歯並びが美しくなることでコンプレックスがなくなり、笑顔に自信がもてるかもしれません。たとえば笑うときに自信がなく、ついつい口元を手でかくしていた人もいるのではないでしょうか。口元に自信がでることで、気にせず会話ができるでしょう。

正しい発音になる

出っ歯やすきっ歯や受け口の場合、発音しづらいなどのデメリットがあります。舌や口をうまく動かせなかったり、空気がもれてしまったりすることで話しづらいのです。
特にサ行、タ行、ナ行、ラ行が発音されづらいとされています。矯正をすることでそれが改善され、はっきりと話せるようになります。特に話す仕事(アナウンサーやバスガイドさんや先生など)は言葉がうまく通じないと仕事に支障をきたすため、矯正することがあります。

まとめ

日本ではまだまだ歯並びに対しての関心が低く、出っ歯やすきっ歯でもあまり気にしない人が多いです。
矯正が自費で高いというのもあるかもしれませんが、矯正装置が目立って恥ずかしいという理由も手伝っているのではないでしょうか。たしかに大人になって目立つ矯正装置をつけていると気になりますよね。いまは白や透明の装置(審美ブラケットとよばれるもの)やマウスピース矯正などもありますので目立ちにくい治療もできます。
矯正によるメリットは見た目以外にもたくさんあるので歯医者さんに一度相談してみてはどうでしょうか。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション)

貴重なご意見をありがとうございます
矯正歯科まとめはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

アメリカは歯並びのキレイさが絶対!重要視される理由とは?
歯科矯正まとめ
歯科矯正まとめ
2019-01-16T14:08:05+00:00