出来るだけ痛みの少ない治療

初診の方への治療

当医院では、患者さまの希望される診療を行うということを重視しています。そのため、十分に説明を行い、インフォームドコンセントについてもしっかり行い、患者さま自ら、希望されるものを選択していただいています。また、初診時には、こちらから良い診療があると勧めるのではなく、患者さまが希望されることをアンケートにて確認し、基本的に患者さまの主訴を伺って検査を行うようにしています。また、初診の患者さまの中には歯医者に対して恐怖心を持っている方もいらっしゃいます。そのため、初めての診療では、いきなり治療を進めるのではなく、たとえば最初は詰めるだけの簡単な処置を行い、麻酔などは次回の診療時に行うといった方法で治療を行っています。治療では、何より患者さまと歯科医師との間のコミュニケーションや信頼関係が重要であると考えています。信頼関係が成り立ってこそ、治療がスムーズに行えるのです。

おはよう歯科

痛みを感じないための工夫

歯の治療では、痛いというイメージを持っている患者さまも多くいらっしゃいます。そのため、おはよう歯科では、できるだけ痛みの少ない治療を行っていきたいと考えております。たとえば痛みを少なくして治療を行うために、歯医者の治療では麻酔を使用しますが、その麻酔が痛いと感じられるのでは、あまり意味がありません。そこで、治療のときには表面麻酔や電動麻酔器を使用し、痛みを軽減することに取り組んでいます。電動麻酔器を使用した場合、ゆっくりと一定のスピードと圧力で麻酔液を注入することで患者さまがほとんど痛みを感じることなく注射することができます。また、他にも、液を人肌に温めたり、麻酔の後、すぐに治療を行うのではなく時間を空けたりするなど、患者さまの痛みを軽減するための工夫しております。さらに、患者さまの痛みを減らすために大切なのは、ちょっとでも痛いと感じたときに、歯科医師にも歯科衛生士にも、遠慮なく「痛い」と伝えられる環境を作ることです。そのためにも、今後も患者さまとのコミュニケーションを第一に考えていきたいと思います。

歯科恐怖症の方への対応

少しでも恐怖心をお持ちの患者さまには、最初からいきなり治療を進めていくのではなく、できる範囲で、ゆっくりと治療を行っていくことも必要であると考えています。患者さまの中には、過去の治療において、いきなり歯を削られたというような経験があり、トラウマになっている場合も多いようです。心の準備ができていないときに、いきなり歯を削ったりすれば、恐怖心が増し、歯医者への不信感も増幅してしまう可能性もあります。そこで、当医院では、治療はゆっくり、患者さまのできる範囲で行うということを重視しています。また、雑談をして緊張感をほぐしたり、次の治療への心の準備ができるよう次回の治療内容を事前に説明したりするなど、少しでも治療においてリラックスしていただけるよう、心がけております。そうすることで、歯医者への恐怖心を克服された患者さまも多くいらっしゃいます。そういった患者さまの姿を目にするのは本当に嬉しいことですし、歯医者としてのやりがいを感じるときでもあります。

訪問歯科診療について

訪問歯科診療を始めたきっかけ

訪問診療については、勤務医時代に患者さまやご家族に喜んでもらったのがきっかけで、開業時から実施しております。訪問診療で患者さまやご家族の方に喜んでいただけるのは本当に歯科医師としても嬉しい限りです。具体的には、施設や在宅の患者さまにお伺いして治療を行なっております。また、患者さまの中には色々な疾患を持っている方もいらっしゃいますので、リスクを減らすため、治療の際には既病暦をお尋ねし、確認するように心がけています。

万が一の時に備えています

訪問診療車4台、ポータブルレントゲン含む訪問診療用器具を取り揃えておりますので、訪問歯科診療の場合でも、通院したときと同等の治療を受診することができます。具体的には、虫歯治療、歯周病、入れ歯、抜歯、診断の他、患者さまのお口の衛生を保つための口腔ケアなどの各種治療において対応しています。なお、訪問歯科診療では万が一のために備えて、AEDと心電図モニタも用意しております。

嚥下障害の患者さまへの対処

嚥下障害の患者さまについては、リハビリのみ行っています。なお、嚥下障害については医療分野との線引きが難しく、歯科治療ではできない部分もございます。たとえば、誤嚥性肺炎になる可能性などが考えられますので、嚥下障害については、患者さまにとってリスクの少ないように歯科医療でできる範囲で行っていきたいと考えております。歯科医師ができることとしては、間接訓練がメインになりますが、できることをこれからも続けていきたいと考えております。たとえば、患者さまが美味しく食べられるための体操として、リハビリでは、「あいうべ体操」などを行っています。嚥下障害においては、歯科医療を超えることはできないこともあり、ジレンマもございますが、患者さまやご家族の方のお力になりたいという思いで、今後も訪問診療を続けて参ります。

患者さまが困らないために

訪問治療を続けていく上でも、全身疾患、嚥下障害に関する勉強を続けていく必要性を感じております。VEというのは嚥下内視鏡のことを指しますが、食べ物を飲み込んだときの流れや変化などについて見ることができます。訪問診療で必要な知識については、これからも日々、学習を続けていきたいと思います。

当院の特徴について

真のバリアフリー対応施設

バリアフリーにおいて、シューズイン、段差なしは当然であると考えています。現在、おはよう歯科では、車椅子のまま診療室へ入室できるようにしております。また、車椅子の貸し出しについても可能です。どうぞお気軽にお尋ねください。また、車椅子に乗ったままでの治療にも対応しておりますが、さらに、治療だけではなく、車椅子のままレントゲン撮影やトイレに入室することも可能です。

滅菌対策

患者さまのお口に入るすべての器具について、減菌処理を行っています。具体的には2種類の高圧蒸気滅菌器で治療器具を滅菌しています。小型の高圧蒸気滅菌器は、主に歯を削る機械であるタービンを短い時間で減菌処理するために使用しています。また、大型の高圧蒸気滅菌器では、タービン以外のものを減菌処理するのに使用しております。

ネット予約・空き状況確認

今日 明日 明後日
受付不可 受付不可 受付不可

2019年9月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
-
19
-
20
-
21
-
22
23
24
-
25
-
26 27
28
-
29
30

2019年10月

1 2 3 4
5
-
6
7 8 9 10 11
12
-
13
14
15 16 17 18
19
-
20
21
22
23 24 25
26
-
27
28 29 30 31

 :受付中 :お問い合わせ -:受付不可

ネット予約・空き状況確認
掲載のご案内