歯の生え始めに意外に多い?赤ちゃんの歯ぎしりは成長の証だった!

赤ちゃん 歯ぎしり 生え始め

歯の生え始めに意外に多い?赤ちゃんの歯ぎしりは成長の証だった!

歯ぎしりというと、大人の場合、ストレスなどから発症することが多いものです。そんなイメージから、赤ちゃんが歯ぎしりする姿を見つけると、「ストレスを受けているのかも!」と慌ててしまう親御さんも多いようです。しかし、赤ちゃんの歯ぎしりの原因は、大人と同様というわけではないようです。歯の生え始め期に多く見られる赤ちゃんの歯ぎしりについて、その原因と対策をまとめてみました。

31,337 View

赤ちゃんの歯ぎしりって?

赤ちゃん 歯ぎしり 生え始め

赤ちゃんの歯ぎしりは歯の生え始めに多い

赤ちゃんの歯ぎしりは、乳歯が生え始める生後6か月あたりから、上下の歯が生えてくる生後8か月〜10か月あたりの時期にかけて始まることが多いです。

睡眠中の「キリキリ」と歯を噛みしめる音もそうですが、起きて活発に遊んでいる赤ちゃんが、歯を強く噛みしめたり、「ギリギリ」と歯をすり合わせたりすることもありります。大人の歯ぎしりは、ストレスなどが原因なことが多いですが、赤ちゃんの場合は、楽しく遊んでいる最中でも歯ぎしりをすることがあるのです。

歯ぎしりする赤ちゃんは全体の10〜20%

歯ぎしりをする赤ちゃんは、赤ちゃん全体の10%〜20%程度もいるようです。意外と多いですよね。これは、100人の赤ちゃんがいれば、そのうち10人から20人の赤ちゃんは、いずれかのタイミングで歯ぎしりをするということ。赤ちゃんが歯ぎしりをし始めると、つい心配してしまう親御さんも多いですが、決して珍しいことではないのです。

赤ちゃんの歯ぎしりは発達上必要なこと

赤ちゃんの歯ぎしりの原因は、ストレスなどの心因性であることはほとんどありません。基本的には、歯の噛み合わせを整えるために本能的に行っているものです。歯ぎしりすることにより、生えてくる歯の位置、顎の位置、噛み合わせの感触などを確かめているのです。
また、歯が生え始める時期には歯茎にむず痒さを感じます。歯ぎしりをすることで、このむず痒さを解消しているという意味もあります。いずれにしても、赤ちゃんの歯ぎしりは成長の過程で自然と起こるものであり、治療が必要な大人の歯ぎしりとは異なり、ほとんど心配はいりません。

赤ちゃんの歯ぎしりは2歳半くらいまで

赤ちゃんの歯ぎしりは、だいたいは歯の生え始め時期に起こり、歯が生え揃う2歳半くらいまでには落ち着いてくるのが一般的です。ただし、そのタイミングにも個人差があります。同じ時期に歯ぎしりを始めた赤ちゃんでも、近いタイミングで歯ぎしりをやめるということはありません。どちらにしても、赤ちゃんの歯ぎしりは、いずれはおさまるものです。いたずらに気にしすぎることなく、じっくりと見守りましょう。

赤ちゃんの歯ぎしり、その原因は?

赤ちゃん 歯ぎしり 生え始め

ストレス性ではないことがほとんど

大人の場合、歯ぎしりの多くはストレス性や心因性のものですが、赤ちゃんの歯ぎしりに限っては精神的な要因によるものは少数です。ほとんどは成長過程によるもので、赤ちゃんの発育と歯が生え揃うこととともに、次第に気にならなくなってきます。

生え始めた歯のむず痒さを抑えるため

歯の生え始めたころのことを覚えている方は少ないと思いますが、歯が生え始める時期には、お口の中にむず痒さや違和感を感じるものです。こうしたむず痒さや違和感を、歯ぎしりによって解消しようとするために、赤ちゃんは歯ぎしりをしているのです。

歯や顎の位置を確認するため

赤ちゃんの歯ぎしりには、これから生えてくる歯の位置をチェックするという目的もあります。小さな顎の中で、20本の乳歯をきれいに生え揃わせるために、本能的にお口をぎりぎりすることで、今のお口の中の状態を確認しているんですね。

噛み合わせを調整するため

赤ちゃんは歯ぎしりによって、生え揃いつつある歯の噛み合わせを整えます。歯ぎしりすることによって、赤ちゃんは歯並びと歯の噛み合わせを微調整しているのです。また、赤ちゃんの歯ぎしりは、顎の筋肉を鍛えるトレーニングにもなっています。いずれにしても、赤ちゃんの歯ぎしりは、赤ちゃんの歯の成長と発達のために必要なものなのです。

赤ちゃんの歯ぎしりによる影響は?

大半の歯ぎしりでは大きな影響はない

赤ちゃんの歯ぎしりは、時期が来れば自然におさまる一過性のものであり、ほとんどの場合、心配するような影響はありません。しかし、ごくまれに以下で紹介するような悪影響が生じるケースもあります。もしお子さんに該当しているようなら、早めに見極めて歯医者さんに相談しましょう。

歯が欠ける

歯ぎしりに力が入りすぎていると、ときには歯が欠けてしまうこともあります。ちょっと不安になってしまうかもしれませんが、基本的には心配いりません。

ただし、欠けた歯がお口の中に残ったり、残った歯の先端が鋭くなったりして、お口の中を傷つけてしまう恐れもあります。こまめに赤ちゃんのお口の中をチェックして、そのような状態が見られたら、早めに歯医者さんを受診するようにしましょう。

歯がすり減る

歯ぎしりによって、赤ちゃんの歯の先がすり減ってしまうこともあります。多少すり減っている程度なら、まったく問題はありません。
ただし、すり減りの度合いが、歯神経に達するほどに大きいようなら、歯医者さんに相談した方がよいでしょう。

歯並びが悪くなる

反対咬合(受け口)、  開咬(咬んでも前歯が噛み合わない)、 著しい上顎前突(出っ歯)、 交叉咬合(噛み合わせがすれ違っている・上下の正中が極度に合っていない)など、歯ぎしりによって歯並びに大きな異常が見られるケースもあります。これらの歯並びの異常がすべて、歯ぎしりを原因とするわけではありませんが、歯ぎしりが異常を誘発することもあります。こうした異常が気になるようなら、まずは歯医者さんに相談しましょう。

赤ちゃんの歯ぎしり、対策は?

歯がためや噛むおもちゃを与える

赤ちゃんの歯ぎしりは、歯の生え始めのむず痒さや違和感を解消したり、噛むトレーニングをしたりといった意味合いを持っています。そのため、歯がためや噛むおもちゃなどを正しい時期に与えることで、歯ぎしりを抑えられることもあるのです。歯が生え始める月齢の赤ちゃんを対象としたおもちゃには、噛み心地にこだわったものも多くあります。こうしたもののなかから、赤ちゃん本人が気にいるものを見つけてあげましょう。

赤ちゃんの歯ぎしり、受診すべきケースは?

ほとんどの歯ぎしりでは受診は不要

赤ちゃんの歯ぎしりは成長の証であり、発達の過程に見られる生理的な行動です。特に治療しなくても、時期が来れば自然とおさまることがほとんどなので、基本的には診療を受ける必要はありません。

2歳半を過ぎても歯ぎしりが続く

受診を検討するべきなのは、乳臼歯が生え、20本の乳歯が生え揃う2歳半前後を過ぎても、まだ赤ちゃんの歯ぎしりが続く場合です。あまりに長く歯ぎしりを続けている赤ちゃんは、お口の中に何か問題を抱えているのかもしれません。このような場合は一度、歯医者さんを受診した方がよいでしょう。

出血が止まらない場合

赤ちゃんは歯ぎしりすることによってお口の中を傷つけ、出血させてしまうことがあります。多くの場合、出血は自然に止まりますが、止まらない場合やあまりに多量の出血がある場合には、歯医者さんを受診しましょう。

歯が欠けたりグラグラする

歯ぎしりによって歯が大きく欠けたり、ぐらつくようになったりしたら、一度歯医者さんを受診することをおすすめします。乳歯の欠けが永久歯に影響することはなく、欠けた乳歯に対してできることはありませんが、欠けた部分に虫歯菌がつくと虫歯になりやすい場合もあります。受診をきっかけに、フッ素塗布などの虫歯予防についても相談してみるのもよいでしょう。

まとめ

赤ちゃんの歯ぎしりは、歯の生え始めに生じがちなむず痒さや違和感を抑えるとともに、生え始めた歯の状態を確かめ、噛み合わせを整える本能的な行動です。特に対処しなくても、時期が来れば自然におさまることがほとんどなので、心配せずに気楽に見守るようにしましょう。とはいえ、歯の欠けやお口の中の出血など、気になるケースでは歯医者さんに相談するのがおすすめです。

不正確な情報を報告

歯の生え始めに意外に多い?赤ちゃんの歯ぎしりは成長の証だった!

監修医 遠藤三樹夫先生

遠藤歯科クリニック

住所
大阪府大阪市天王寺区四天王寺1丁目12-26 三鈴ビル2階