TOP

※ 掲載する平均費用はあくまでユーザー様のご参考のために提示したものであり、施術内容、症状等により、施術費用は変動することが考えられます。必ず各院の治療方針をお確かめの上、ご自身の症例にあった歯医者さんをお選びください。

この記事の目次

舌側矯正について詳しく知りたい!

舌側矯正ってどんな矯正方法?

舌側矯正(ぜっそくきょうせい)とは、一般的な歯の表側に取り付ける矯正方法に対して、歯の裏に装置を付け、矯正する方法です。裏側矯正やリンガル矯正と呼ばれることもあります。矯正装置が目立たないため、人に気づかれにくく矯正を行うことができるのが大きな特徴となっています。

矯正装置が目立つことに抵抗のある方や、人知れず矯正を行い方、職業柄歯の表側に矯正装置を取り付けることができない方を中心に注目されており、ニーズが高まっている矯正方法です。見た目の美しさを求められる職業の方も積極的に実施していることでも知られています。以下では、実際の治療の流れや費用、期間についてご紹介していきます。

裏側矯正

舌側矯正の治療の流れ

舌側矯正の治療の流れをご紹介します。

①カウンセリング
まずはカウンセリングを行い、治療内容や計画、費用や期間、その他疑問点についてのお話をします。舌側矯正に関する不安や疑問を解消するという目的があります。

②事前検査
次に検査を行います。お口の中の状態を診断して、検査結果を基に治療計画を立てます。虫歯等があれば先に治療しておきます。

③歯のクリーニングと歯磨き指導
矯正治療中は装置に汚れが付着しやすく虫歯や歯周病になりやすくなるため、矯正前に口腔内クリーニングを実施して同時に正しい歯磨きの方法の指導を受けます。

④矯正装置の作成
いよいよ矯正装置の作成です。舌側矯正の装置は患者さんの歯型を基にオーダーメイドで作成します。期間は約1ヵ月程度かかりますので、抜歯等の事前措置が必要であれば、その間に行います。

⑤装置の取り扱いの説明
装置が出来上がったら装着して、違和感がある際の対処法や歯磨き等のメンテナンス方法の説明を受けます。

⑥定期健診と調整
装置装着後は約1ヶ月に1回、装置の調整やワイヤー交換といったメンテナンス及び検査、虫歯や歯周病を予防するためのクリーニング、歯磨きの指導等を受けます。

⑦装置の取り外し
歯並びが改善したのを確認できたら装置を外し、矯正した歯が元に戻るのを防止するためのマウスピースのような装置を作成します。矯正完了後は、約3ヵ月から半年ごとに歯並びの状態の確認及びメンテナンスを受けます。歯並びが安定してくるにつれて、徐々に装置の装着時間を減らします。
以上が舌側矯正の治療の流れとなります。舌側矯正で納得の結果を得るためにも、これらの治療の流れを把握しておくことが重要です。

舌側矯正にかかる費用と期間

舌側矯正を検討している方は、実際にかかる費用や期間についてどれぐらいか気になりますよね。症状により個人差はありますが、こちらでは一般的な目安をご紹介します。

・舌側矯正にかかる費用

まず費用に関してですが、舌側矯正には約110から150万円程度を目安とした費用がかかります。 歯の表側の矯正が約80から100万円であるのに対し、高度な技術が必要となる舌側矯正では、その分金額も高くなります。

・舌側矯正にかかる期間

治療期間に関しては、矯正の程度が軽く短い場合で約1年半、長くて約3年が目安です。歯の表側の矯正よりも余分に期間がかかるという声もありますが、十分な技術を持っている歯科医院で実施すれば、治療期間に差が出ないこともあります。舌側矯正はメリットも多い反面、比較的期間がかかり、費用が少々高くなるため、事前の確認やスケジュールの調整が必要です。

舌側矯正を始める前にやっておくこと

舌側矯正をはじめる前にやっておくべきことをご紹介します。

・メンテナンスにかかる料金を含めて費用の計画を立てること

まずは費用に関してですが、舌側矯正は歯の表側の矯正よりも技術的に高度であるため、費用が高額になります。初期費用でまとまったお金が必要になるのに加えて、定期的に矯正装置を調整したりするメンテナンス費用もかかります。予想外の金銭的負担で生活を圧迫しないよう、金銭面でのプランニングを綿密に行っておく必要があります。

・矯正による違和感や生活上の不自由をしっておくこと

そして舌側矯正に伴う基礎知識を学ぶことも重要です。歯の裏側に装置を付けるため、違和感を感じる場合があることや、ある程度の生活上の不自由を感じることもあらかじめ認知しておきましょう。

・虫歯や歯周病を治療しておくこと

矯正を始める前に医院側から提案をされますが、矯正の弊害となる虫歯や歯周病等の疾患を治療することも必要となります。そのため、矯正にかかる期間だけでなく、これらの治療にかかる期間を見込んでスケジュールを調整しましょう。以上の3点はしっかり準備をして、無理のない矯正プランを立てることが重要です。

裏側矯正

舌側矯正のメリット・デメリット

舌側矯正のメリット

従来の矯正との最も大きな違いでありメリットでもあるのが、歯の裏側に矯正装置を隠すことにより目立たせずに矯正できるという点です。矯正を実施しているのを人に気づかれたくない方はもちろん、職業柄歯の表に矯正装置を取り付けられない方や、人と接する機会の多い方には最適な矯正方法であると言えます。矯正装置に食べカスが挟まっても歯の裏側で目立たないため、外食も気兼ねなく行えます。

歯の矯正中は食べカスが挟まりやすかったり、歯磨きが上手く出来ずに虫歯になりやすいのですが、歯の裏側は表層のエナメル質が表側よりも丈夫であるため、表側に装置を取り付けての矯正よりも虫歯になりにくいのもメリットです。他にも、裏側から引っ張る特性上、出っ歯の矯正に効果的である点や、舌で前歯を押すことによる出っ歯の原因となる舌癖の予防にも繋がります。舌側矯正にはこのようなメリットがあるのに加え、矯正の効果を目に見えて実感しやすいという特徴もあります。

舌側矯正のデメリット

舌側矯正にもメリットがある反面、デメリットも存在します。まず舌側矯正は表側の矯正に比べ高度な技術が必要となり、また装置の作成も患者さんに合ったものをオーダーメイドで作成するため非常に手間がかかります。このような理由から舌側矯正は歯の表側の矯正に比べ約1.5倍の費用がかかる点がまずデメリットとして挙げられます。そして歯の裏側に装置を付けるため、食事や発音、歯磨きが困難になったり、装置が舌に触れて違和感を感じるというデメリットがあります。

これらはある程度の期間が経過すると慣れてくると言われていますが、矯正期間中はずっと伴ってくるデメリットですので、納得した上で矯正に取り組むことが大切です。費用が高額になる点と、装置を歯の裏側に付けることによる弊害が舌側矯正のデメリットです。

舌側矯正はこんな方におすすめ

舌側矯正はこんな方におすすめ

やはり舌側矯正の一番のベネフィットである目立たずに矯正をすることができるという特性上、矯正していることを人に気づかれたくない方や、矯正を望んでいるにも関わらず矯正装置が目立つことにより躊躇している方、職業上の理由により歯の表側に矯正装置を取り付けることができない方にオススメです。

具体的な例を挙げると、接客業やサービス業に従事している方、や多感な時期である思春期のお子様等です。このように舌側矯正は、目立たずに歯の矯正を行いたい方にはおすすめな方法です。また、矯正の効果を目に見えて実感したい方、激しいスポーツを行っていて表側の矯正装置だと口の中を傷つける恐れのある方にもオススメです。

舌側矯正を選んだ方の理由

舌側矯正を検討している方は、実際に舌側矯正に踏み切った方の理由についてとても関心があると思います。そこで数ある矯正方法の中から舌側矯正を選んだ方の生の声を参考に、理由についてまとめてみました。やはり最も多いのが、人に気づかれたくないという理由です。矯正を希望する方は基本的にコンプレックスを解消したいという心理が働いています。歯の表側に装置を付けているとどうしても理由を聞いてくる方もいますし、中には悪意を持って接してくる方もいるかもしれません。こういった煩わしさから舌側矯正を選んだという方は非常に多いです。人と接する機会の多い方ほどこの理由を気にしている方は多い傾向にあります。

同様に、外食の多い方も表側の矯正だと食べカスが挟まるのが気になるため、舌側矯正を選ぶ方も多いです。そして結婚式等の大事な行事ごとを控えていて、矯正装置を隠したいという理由で舌側矯正を選ぶ方も多いです。外見を重要視する職業柄、舌側矯正を選んだという方もいらっしゃいます。また目立たない矯正という点ではマウスピース矯正も挙げられますが、大きく歯を動かす必要があったり、確実な仕上がりを求める方はマウスピースよりも精度の高い舌側矯正を選択したという方も見受けられます。他にも表側の矯正だと装置を取り外すまで効果を実感しずらいですが、舌側矯正だと常時歯並びの改善を実感できるという理由で選んだ方もいらっしゃいます。舌側矯正を検討している方で、ご自身に上記のようなことを希望されている方がいれば、舌側矯正が適している可能性があると言えます。

裏側矯正

まとめ

舌側矯正は、他の矯正方法のデメリットである矯正装置が目立ったり、人に気づかれるといった点を解消した魅力的な矯正方法です。費用や期間は必要となりますが、得られるメリットは非常に大きい矯正方法であると言えます。これまで矯正を躊躇していた方は検討してみてはいかがでしょうか。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション)

貴重なご意見をありがとうございます
矯正歯科まとめはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

見えない!若者に人気の舌側矯正(ぜっそくきょうせい)の治療方法と費用
歯科矯正まとめ
歯科矯正まとめ
2020-01-21T16:06:55+00:00