つめ物・かぶせ物の治療内容|名古屋アリスデンタルクリニック

お気に入り

3.6いいね!

口コミ39

最寄駅
栄駅(愛知県)
3番出口 徒歩3分

住所 愛知県名古屋市中区錦3-15-9 エフジー久屋ビル5F地図

  • 土曜診療
  • 18時以降診療

つめ物・かぶせ物

セラミックについて

セラミックを装着するにあたって、透過度のあるセラミックの方がきれいなものになります。ただ、いくら透過度の高いセラミックを装着しても土台となる部分を暗い色のものにしてしまうと暗い色が透き通ってしまい、違和感のある状態になってしまいます。
逆に透けないようにすると不自然な色になってしまうため、色の調整をうまくするのが難しいのが難点でした。

当院ではファイバーコアと呼ばれるグラスファイバーの繊維を樹脂で固めて作った土台のことで、従来の金属製の素材よりも透過度が高いので自然で透明感のある美しい歯の作製に近づきます。もちろん金属ではないので金属アレルギーの心配の心配も無く、硬さや弾力性が天然の歯に近いため、歯や歯ぐきに優しく歯が割れてしまうリスクの軽減につながります。

ただ、セラミックを装着する上で歯を削る必要があり、金属の被せ物よりも丈夫さでは劣ってしまうため、金属の被せ物よりも分厚く作る必要がありますし、その分歯を多く削る必要があります。歯を白くすることはできますが、自分自身の歯をその分だけ失ってしまうのでその点も考慮した上での検討をおすすめします。

レジンとインレーについて

虫歯の治療の際にレジンやインレーと呼ばれる詰め物で治療をさせて頂きますが、当院ではその2つの使い方を明確にしております。

保険治療の場合、一般的にレジンは白い詰め物でインレーは金属の詰め物になり、口の中で歯を削ってそのまま詰めるレジンと違ってインレーは型を取って技工士が作った後にセメントで付けるものになります。
なので仮に歯と歯の隣接面を治療する場合、埋めるのにレジンを使ってしまうと詰めにくい箇所のため埋めることができない可能性があり、他の歯に影響が出てくる場合があります。当院ではレジンとインレーの使い分けを行い、症状を見させて頂いた上でそれに合う治療をさせて頂きます。

ネット予約・空き状況確認

今日 明日 明後日

お問い合わせ
ください

お問い合わせ
ください

お問い合わせ
ください

2021年10月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18 19 20
21
22 23
24
25 26 27
28
29 30
31

2021年11月

1 2
3
4
5 6
7
8 9 10
11
12 13
14
15 16 17
18
19 20
21
22
23
24
25
26 27
28
29 30

 :受付中 :お問い合わせ -:受付不可

ネット予約・空き状況確認
0066-9801-212753無料通話
  • 今日18時~も診療中
掲載のご案内