歯周病と生活クオリティ

歯周病について

歯周病とは、歯を支える歯肉と骨が細菌によって溶かされていく病気です。口腔内にいる歯周病菌が繁殖すると、歯を支える歯肉と骨に侵入します。初期症状は炎症を起こす程度ですが、この炎症が悪化していくと、歯肉内部に歯周ポケットというものができはじめ、そこに細菌がたまり、更に症状が悪化していきます。その結果、歯を支えることができなくなり、最終的に歯が抜け落ちてしまいます。他にも、口臭の原因としても歯周病が挙げられております。歯周病の恐ろしさは、自覚症状がわかりにくいとこところです。初期の段階で歯周病と気づくのは難しく、歯がグラグラ揺れたり、歯磨きをすると血が出るようになり、初めて歯周病と気づく人のほうが多いのです。しかし、その段階になると、歯周病は非常に悪化している状態となり、治療には少し長い年月がかかります。

ブラッシングという治療

歯周病は、虫歯と同じく、悪化しすぎていた場合元の状態に戻すことは出来ません。溶けた骨は薬剤を使えば改善する可能性はありますが、歯肉も悪化している場合切開して歯周病菌に侵された組織を摘出しなければならない可能性があります。そのため、かかったらどうやって改善するかを考えるよりも、どうやれば歯周病にならないかというのを考えることになります。また、初期症状の歯周病なら治療も簡単に行えます。その治療方法とは、ブラッシングです。歯周病は、ブラッシングをして口腔内を清潔に保ち、歯茎を適度に刺激することで強くすることが出来ます。そのために活用できるのが、歯医者です。歯医者では、歯科衛生士さんによるブラッシングの指導を受けることが出来、正しいブラッシングとブラッシングの回数、時間などを知ることで、しっかりブラッシングが行えるようになります。

定期検診が大事

前述したとおり、歯周病予防には歯医者に通い、ブラッシングの指導を受けましょう。しかし、それだけでは良いとはいえません。人にはクセというものがあり、無意識のうちに行ってしまっていたり、忘れたりすることがあるため、ブラッシングを指導します。また、定期的に歯科検診をし、歯の状態をチェックしてもらうことをオススメします。また、歯垢が石灰化して歯石になったものは、個人では全て除去することが出来ないため、歯医者で除去していきます。こうして、定期的に健康チェックをし、歯石のない状態にすることこそ、歯周病予防に繋がる方法なのです。虫歯も歯周病も、なってからでは遅く、なる前に歯医者で改善するというのが、本来の正しい方法なのです。当院では、なるべく痛くしないように細心の注意を払って治療を行っています。

患者様のモチベーションを上げるには

歯周病予防において特に大事なものは、患者様のモチベーションです。いくらどれだけ治療をして、歯石をとっても、本人が予防という意識を持たないかぎりほんとうの意味での予防はできません。よって、そんな患者様のモチベーションを上げるのも、当院のお仕事です。当院で行っている方法は、治療を痛くしないということです。痛いというのは、人によってはモチベーションを大きく下げるものです。体に特に異常が出てないのに痛い目に遭わなければならないというのは本人のやる気を大きく損ないます。そのため、当院では、痛いのではなく、気持ち良いと思われるように、クリーニングを行っています。そうすることで、痛いというマイナスイメージを持たれること無く、次回もまた定期検診を受けてくれる可能性が上がるからです。

できるだけ痛みを抑えた治療を

歯医者はなぜ怖がられるのか

虫歯や歯周病にならないようにするためには、定期検診が重要です。近年はデンタルIQ(歯の健康や病気に関する知識)も向注目され、予防に努める人も増えてきています。しかし、それでも現在は虫歯、歯周病になる人のほうが多いです。それはなぜか、自分は健康だから大丈夫という気持ちもあるのでしょうが、主な原因は「歯医者が怖い」というものだと考えています。子供の頃の歯医者というのは、怖かった、痛かったという思い出のほうが強い人は多いものです。口を開くとすぐに、機械のモーター音が鳴り、口の中を削られる。何をされているか自分からは見えない上に、歯が削られて痛くなる。人によっては神経に触れて激痛が走る人もいます。そして、訳のわからないうちに治療が終わります。この体験は、子供の時であればあるほど恐怖として残ります。そして、歯医者=怖い所という印象が頭のなかに植え付けられてしまい、通うのをためらってしまうようになります。その結果、虫歯、歯周病予防を個人で行い、リスクを増加させてしまいます。
これが、一昔前の歯医者です。今ではそんな歯医者はなくなりつつあります。医学は進歩しており、今や痛みを抑えた治療をモットーにしている歯医者の数のほうが多いのです。当院も、そんな歯医者の一つです。患者様の歯医者に対する恐怖を和らげ、虫歯予防の意識を高める。これも、当院の目的の一つです。

なるべく痛みを抑えた治療

現在、歯医者では痛みを抑えた治療を行っているところがほとんどです。なるべく痛みを抑えたをおこなうためには、歯茎に麻酔を注射してから治療をおこなうなど、痛みを感じさせないように配慮する治療のことです。麻酔が効いているうちは歯の治療の際に発生する痛みをほとんど感じません。しかし、歯茎に注針を刺すということに抵抗を感じる人は多いです。歯茎に針が刺さるというのは痛いものだと言うイメージがあるからです。そのため、当院ではそういったイメージを覆し、恐怖をなくすために麻酔注射の痛みを極力抑えた注射をしています。具体的には、表面麻酔(歯茎の表面に麻酔を塗り、表面を麻痺させた後に注射針を刺す方法のこと)をしたり、麻酔針に細いものを使って痛みを極力少なくさせるなどです。麻酔による痛みが和らぐことがわかると、患者様の虫歯治療に関する恐怖心は殆ど消え、より治療や予防に対するモチベーションが上がると考えています。

できるだけ抜かない治療を

当院では、インプラントも扱っていますが、基本的にはできるだけ歯を抜かない治療をするように心がけています。歯を抜いてしまうと、噛み合わせの変化によって顎関節症になるリスクも考えられますが、何より二度と生えてこないということを忘れてはいけません。自分の歯はできるだけ大事にしておいたほうが、物を噛むのにも便利で、優れています。なので、私共はできるだけ歯を抜かない治療を心がけているのです。しかし、あまりにも状態がひどい場合や、患者様の要望があるのであればこの限りではありません。その際は、入れ歯もしくはインプラントをおすすめしています。

院内環境について

滅菌は歯科医院では重要な取り組みの一つです

どこの歯医者でも、滅菌の対策は大切といえます。歯医者の治療とは、患者様の口の中を診て、口の中にある歯を削ったりブラッシングしていくものです。その際、口腔内には唾液が分泌されますし、出血することも十分あります。そうなると、治療中に唾液が機器やエプロン、マスクなどに付着します。そして、それをそのまま使い回すというのは、別の患者様に細菌を感染させてしまうようなものです。これは、歯を削る際の機器も同様です。滅菌を徹底しておかないと、ドリルに付着した雑菌が残っていた場合感染のリスクは挙がってしまいます。そのため、どこの病院でも滅菌対策は行っています。当院も例外ではありません。高圧アルコール蒸気滅菌器を使用し、滅菌パックに入れて滅菌を行っている他、コップ、エプロンはディスポーザブル(使い捨て製品のこと)製品を使い患者様ごとに新しい物を使うようにしています。

院内の雰囲気も重要

患者様が怖がらずに歯科医院に来てもらうためには、衛生面の徹底や痛みを抑えた治療の徹底だけで、たりるわけではありません。院内の雰囲気も、患者様の恐怖を和らげるためには必要なことなのです。そのため、院内はできるだけ清潔に、親しみやすい雰囲気作りに注力しています。まず、白を基調とした院内で日当たりの良い場所に椅子をおいて寒々しい雰囲気を持たせないようにしています。イスもなるべく使いやすく、家で使っているようなおしゃれなものにすることで、待合室を待合室然とさせず、気軽にくつろげるような空間にしています。他にも、観葉植物や本をおいて待っている時間を苦痛に感じなくさせるような配慮や、治療の際はパーテーションで仕切りを作るなど様々な工夫をしています。

医院からのお知らせ

クリーニング希望の患者様はご希望のお時間に添えない可能性があります。
必ずお電話で確認してください。

ネット予約・空き状況確認

今日 明日 明後日
受付不可 休診日 可能

2019年10月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
-
20
21
22
23
24
25
26
-
27
28 29 30
31

2019年11月

1
2
-
3
4
5 6
7
8
9
-
10
11 12 13
14
15
16
-
17
18 19 20
21
22
23
24
25 26 27
28
29
30
-

 :受付中 :お問い合わせ -:受付不可

ネット予約・空き状況確認
0066-9718-553931無料通話
  • 24時間受付中
24時間受付中

24時間受付中とは

医院の受付時間外については電話代行オペレーターが受付を承ります。
お電話が繋がりましたら、受付希望医院の以下の情報をお伝えください。
1) 市区郡名
2) 医院名

電話問い合わせの注意事項(必読)
掲載のご案内