ネット予約 24時間受付中
0066-9687-960453 無料通話
電話問い合わせの注意事項(必読)

電話問い合わせの注意事項

お客さまのご意見・ご要望を正確に把握し、サービス向上につなげるため、通話内容を録音させていただきます。

携帯電話より受付いただいた方には、ショートメッセージ(SMS)により、受付に関する通知を送信することがあります。

院長である私の愛称は「みっきぃ」

歯科医師らしくない歯科医師を目指して

「みっきぃさん」とは「ミッキーマウス」のことではありません。院長である私の名前「充(みつる)」を少しひねった愛称で、スタッフだけでなく、患者様にそう呼んでいただくこともございます。
私が2014年7月1日に当院を引きついで特にしたかったことは、歯科医師と患者様の間の障壁をできるだけ少なくすることでした。歯科医師らしくない歯科医師にしたかったのです。人間対人間といってもいいかもしれません。私は、歯科医師としての技量は評価の対象にしていただきたくありませんでした。むしろ「腕は悪いけど来ると落ち着ける」といっていただきたかったのです。歯科医師はどうしても患者様のお身体に触らせていただきます。まず信頼関係ができていなければ、ご自身の身体を触らせたくないと思います。もっといえば家族のような親しさがあってはじめて許されるものだと思います。ですから治療など関係なくまずお話させていただきます。「家族」といって失礼なら「友人」、「友人」といって失礼なら「知り合い」という親しさで障壁を取り除ければと考えております。そのために外装、内装も変えました。
昼休みに1度お年寄りが雑貨屋さんと間違えていらしたことがあります。「雑貨屋さんですか?」とおっしゃったので、「雑貨屋ですけど歯もけずります」とお答えしました。私が意図したことが実現したようでとてもうれしかったのをおぼえています。
院内のあちこちで桜をみることができます。造花や桜模様のトイレットペーパー、春デザインのビール缶もあります。私のチャームポイントはさくらのピアスですし、「インプラント」を広告するポスターをはがし、私が描いた絵をかざりました。クリスマスツリー、ハロウィンやお正月など、季節ごとにいち早くかざりつけをおこなっています。
院長になってすぐに、地域の商店街の皆様にもご挨拶をかねて遊びに行かせていただきました。今でもお休みの日はここ喜多見に遊びにきています。「みっきぃ」として可愛がっていただけたらと思っています。

患者様との距離感など、当院の特徴

患者様と距離感が近い

おかげさまで、ご予約もいっぱいになり、毎日初診の患者様にいらしていただけるようになりました。金曜日以外すべて私がみさせていただき、「みっきぃ」の姿勢をつらぬかせていただいています。予防治療やケアを前面に出すのではなく、歯科医師らしくない歯科医師として、患者様のご意向のままにいたします。痛みをとることを優先し、ご希望に応じて、じっくり診療計画を立てて、しばらく歯科医院に来なくてもいいようにお口の中の問題を一掃します。お子様対策は特にありません。しっかり顔を見て、手袋をとってきちんと握手して友達になります。「お友達が悪いことや痛いことをするはずがないでしょ」といえば、治療をさせてくれます。そして説明はお子様にもお母様にもきちんといたします。当院のモットーである、「しっかり説明」、「丁寧な治療」、「あたたかい対応」はもちろんお子様に対しても同じです。お年寄りには孫になりたいと本気でおもいながら治療させていただいています。フランクに接していますが、かわいがっていただけたらうれしいです。患者様はお年寄りとお子様だけでなく、性別、年齢を問わずご来院いただいていますが、同年代の男性なら、いつか仲良くなった際には一緒にご飯に行くことが希望です。

8020運動のために一般的な歯科診療と小児治療による歯の管理を

自分の歯を残すために歯のケアをしましょう

当院は、8020(ハチマルニイマル)運動を推進しています。これは、「80歳になっても自分の歯で食生活を満喫できるように20本の歯を残そう」という運動です。そのためには、虫歯や歯周病にならないようにする必要があります。なぜなら治療に時間が長く時間がかかるため、患者様の貴重な時間が失われるからです。ひどくなる前に定期検診を受け、歯を含めた口腔内の状態をきちんと確認し、是非80歳になっても20本以上の歯を残していただきたいと思っています。そのためにご家庭でできることはなんといってもブラッシングです。その習慣は、お子様の頃からきちんとつけるべきです。また、お子様の頃からきちんと歯のケアをする必要があります。生え変わるからといって、乳歯はどうなってもいいのではありません。80歳になっても20本の歯を残すためには、保護者様の管理が重要です。やわらかくて虫歯になりやすい乳歯も生え始めの永久歯もきちんと守ってあげなければならないのです。

見た目を美しく、健康的な口内環境の為の美容診療とホワイトニング

さくら歯科医院

より自然な質感の美しい白い歯にしませんか

歯は、いつも他人の目に触れ、自分の印象を大きく変えるものであると同時に、ご自身が日常生活で過ごすための仮面の一部でもあります。美容診療は、まさにそうした見た目を美しく健康的な状態にするための治療です。特に虫歯の治療後、つめものやかぶせものを装着した場合、箇所によっては金属の質感、色などが、患者様の印象を大きく変えてしまいます。心から、大きな声で笑えることは、患者様の生活・社会環境にとても重要なことだと思います。当院では、治療終了後に、より自然な質感の美しい白い歯にしていただくことができます。もちろん珈琲やお茶、煙草などの嗜好品によって変色した歯も白くすることができます。このホワイトニングは、歯をけずったりすることはなく、特殊な薬剤を使用するだけですので、痛みはほとんどありません。患者様が思っている以上に敷居が低い治療ですので、お気軽にお試しいただければと思います。

一人一人の患者様に合った入れ歯を

さくら歯科医院

第2、第3の人生のお手伝いを

お年を召していく過程で、残念ながら歯を抜かなければならないことがあります。そのときにはじめて歯の意義やありがたみをお感じになるのかもしれません。生きていくために、私たちは食べなければなりませんが、歯なしには実現できません。そこで必要になるのが義歯です。人工的な歯を患者様の状態に応じて、いろいろな形で配置することができます。新たに入れ歯を作られる方も、すでに今使っていらっしゃる入れ歯に問題があるという場合も、ご要望をお伺いして、一人一人の患者様にぴったりの義歯をご用意させていただくつもりです。保険が適用される入れ歯と、違和感が少ない金属床の入れ歯、目立たない入れ歯など、第2、第3の人生の幕開けのお手伝いをさせていただけたらと思っています。
当院では「ノンクラスプデンチャー」をおすすめしています。特徴としては、入れ歯には大きく分けて金属のバネがあるものとないものとがありますが、ノンクラスプデンチャーにはありません。この違いが、意義深い特徴を作り出します。まず見た目です。バネの金属がみえないので、口を開けても入れ歯であることが目立ちません。他人の目を気にせず食事をお楽しみいただけます。つけ心地も入れ歯自体が薄いため、口の中が軽く、すっきりとして違和感が減ります。それから元の歯への負担も減ります。バネがあるものは、残っている歯に固定をしますが、噛むたびに、その歯をひっぱり、負担をかけてしまいます。しかし「ノンクラスプデンチャー」は残っている歯に固定しませんので、負担をかけず、残っている歯の健康も維持します。自由診療にはなりますが、その分納得いただける入れ歯だと思います。現在している入れ歯が合っていないとお感じになっているようでしたらご検討の候補に提案させていただきます。いずれにしても入れ歯が合わない状態は、口腔内環境によくありません。放置して傷ができれば当然痛みを伴い、かばいはじめると、噛み合わせがずれ、全身の不調へとつながります。入れ歯はもともとこまめに調整をしていただくものですので、不具合を感じたらお気軽にご相談ください。

ネット予約・空き状況確認

今日 明日 明後日
可能 受付不可 可能

2019年6月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
-
19 20 21
22
-
23
-
24
-
25
-
26
-
27
-
28
-
29
-
30
-

2019年7月

1
-
2
-
3
-
4
-
5
-
6
-
7
-
8
-
9
-
10
-
11
-
12
-
13
-
14
-
15
-
16
-
17
-
18
-
19
-
20
-
21
-
22
-
23
-
24
-
25
-
26
-
27
-
28
-
29
-
30
-
31
-

 :受付中 :お問い合わせ -:受付不可

ネット予約・空き状況確認
0066-9687-960453無料通話
  • 受付時間外
電話問い合わせの注意事項(必読)

電話問い合わせの注意事項

お客さまのご意見・ご要望を正確に把握し、サービス向上につなげるため、通話内容を録音させていただきます。

携帯電話より受付いただいた方には、ショートメッセージ(SMS)により、受付に関する通知を送信することがあります。

掲載のご案内