矯正歯科

歯並びが悪いとさまざまな悪影響が発生してしまいます。ぜひ当院で改善をしませんか

診療台には見やすいモニターがついております。矯正治療が必要な部位を説明いたします。

歯並びが悪いとさまざまな悪影響が発生してしまいます。ぜひ当院で改善をしませんか

歯並びに関しては、さまざまな問題点を抱える患者様がおられます。不正咬合(ふせいこうごう)ともいわれますが、その種類はさまざまです。

八重歯やふぞろいにはえている乱ぐい歯は、でこぼこに重なり合うことで食べ物も噛みづらくなってしまい、歯磨きの際に歯ブラシが当たりにくくて磨きづらいなどの問題が生まれます。また、下の前歯が前に出てしまう受け口は、食べにくさはもちろんのこと、話しにくさも伴います。出っ歯といわれる上顎が前に出ている場合、前歯で食べ物を噛み切ることが容易ではありません。

これらの問題をそのままにしていると、さまざまな弊害が生まれます。食べ物を噛む際には唾液や周囲の筋などによる自浄作用があるのですが、歯並びの悪さがこの洗浄作用を邪魔するうえに、歯ブラシが当たりにくく、清潔に保てないことが虫歯や歯周病の原因になります。顎の成長にも影響を与えるため、顎の上下、左右、前後のバランスがとりづらくなります。また、極端に歯が出ている場合には、運動する際に頬の粘膜や隣の歯の根を傷つけやすくなるなどの外傷の原因ともなります。

身体的な影響もさることながら、正しく発音がしにくい、見た目が気にかかるなどの心理的な影響も見逃せません。悪い歯並びを気にかけるあまり、人前であまり話したがらなくなり、消極的になってしまうこともあるからです。

目立たない矯正装置もご提案できます。ぜひ当院でお気軽にご相談ください

歯並びを整えることは、お口の機能を正常にするばかりでなく、患者様自身の心の健康にもつながることもあります。しかし、矯正装置に抵抗を感じている方も多いようです。従来の矯正には、金属製の装置が多用されてきました。

しかし近年の矯正では、器具が進歩し、「見えにくい矯正」が可能になっています。前歯用に歯の色に近い半透明のプラスチック製のブラケット矯正が使われるようになり、歯の裏側からの装置も使用されるようになりました。これは「見えない矯正」と呼ばれますが、当院では、それぞれの装置の利点と欠点を歯科医師とよくご相談いただき、ご自分のご要望にあった装置を選択していただくことができます。

矯正はお時間をいただく治療になります。患者様の状態を診てお時間や費用についてお調べいたします

歯並びや噛み合わせを気にされる方がお気軽においでいただけるよう、相談を行っています。 矯正歯科の研鑽を積んでいる歯科医師が診療をしておりますので、不安を軽減しながら治療を行うよう配慮しています。現在は、月に2度矯正の診療を設けておりますので、詳しい日程などをお問い合わせください。

初診では、患者様のお悩みや治療に関するさまざまな疑問や相談をうかがいます。ご希望があれば、精密検査(レントゲン、写真、歯型の採取など)を行い、その結果をもとに 診断、治療計画、治療方法、治療期間ならびに費用について説明させていただいています。

治療を受けられるのが成人かお子様かで治療の過程も異なってまいりますが、成人の方は治療期間が、月に1度の通院で、平均1年半から4年。お子様の成長期からおこなう早期治療などの場合は、乳歯と永久歯がはえかわる期間を含めて4年から6年かかることをご想定ください。

矯正治療では、一部の例外をのぞいて、保険診療はできかねます。症状や治療内容で費用や期間も変わってまいります。費用や治療にかかる期間は患者様にとって影響の大きな問題ですので、診断時に詳しくお知らせしております。当院では、患者様の健康のため矯正へのハードルを低くすることが重要だと考えております。お支払いに関しても、患者様の希望にできるだけ寄り添った方法を提案しておりますので、お気軽にご相談ください。

医院写真

医院からのお知らせ


 

0066-9801-164999無料通話
掲載のご案内