あまりに白い歯は不自然!?無理のない施術で自然な白さを!

34,763 View
★役に立った!10

歯の白い欧米人や芸能人に憧れて、歯の白さをとことん極めたいと思う方もいるでしょう。しかし、行き過ぎたホワイトニングでは、逆に、白さが際立ちすぎて不自然な結果になる恐れもあるものです。さて、一体どこまでが自然で、どこからが不自然なのでしょうか?
この記事では、はじめに白さを測る世界的な基準となっている、VITAのシェードガイドについてご説明します。その上で、不自然な白さや日本人が目指すべき白さ、自然な白さを実現するホワイトニングシステムなどについて、詳しくご紹介いたします。

■目次
不自然に白い歯ってどんな白さ?
不自然に白くなってしまうケース
自然な白さを目指すさまざまな方法
白くなりすぎないオフィスホワイトニング・システム
まとめ

1.不自然に白い歯ってどんな白さ?

白すぎて不自然に見える歯も考えものですが、いったいどのくらい白いと不自然で、どの程度までなら、自然で美しい白さといえるのでしょうか?こうした白さの目安を具体的に知る上で役に立つのが、歯の明るさを示すシェードガイドです。
シェードガイドは各種メーカーからさまざまなタイプが出ていますが、ここでは世界的に広く親しまれているVITAシェードガイドを基準にして、歯の白さについてお伝えしましょう。

VITAシェードガイドとは

VITAシェードガイドは、ドイツのVITA社で作られたシェードガイドで、歯の白さの指標となる色味を、16段階の明るさで並べたものです。各色の名称は下記に示す通りで、左に向かうに従って明るくなっていきます。

 

B1、A1、B2、D2、A2、C1、C2、D4、A3、D3、B3、A3.5、B4、C3、A4、C4

さて、ここで疑問に思うのは、アルファベットの意味とこの順番でしょう。アルファベットは、色の系統を示すものです。赤系をA、黄色系をB、グレー系をC、ダークブラウン系をDで示しています。同じアルファベットでは、数字が若い方が明るくなります。つまり同じ赤系では、明るい順にA1、A2、A3、A3.5、A4という順に並びます。さらに、AからDまでのすべての色を明るい順に並べ直すと、この順番になります。

B1よりもさらに白い色は不自然?

実は、シェードガイドにはB1よりももっとも明るい、ピンク系のNP1.5、NP2.5と、白系統のNW0.5、NW0があります。しかし、ホワイトニングの指標としては、この16段階で十分であり、一般的にはここまでの指標は使われていないものです。
つまり、B1を通り越した、それ以上の白さは逆に不自然に見えてしまうので、指標として適切でないということでもあります。

日本人の自然な白さはA1

日本人の一般的な歯の色は、A3かA3.5です。A3であれば、シェードガイドでは9番目の明るさとなり、A3.5であれば12番目の明るさということになります。シェードガイドの中では、実はそんな明るくないものです。
それと比べると、A2でも十分に明るい印象になりますし、自分でも白さを実感できます。さらにA1であれば、誰が見ても、不自然な印象はなく美しい白さとなります。
まずはA2、さらにはA1を目指しましょう。それ以上白くしてしまうと、逆に不自然に見えるリスクが大きくなります。

2.不自然に白くなってしまうケース

前述した通り、ホワイトニングでA1を目指せば、誰が見ても美しい白さになります。しかし、それを通り越してしまったりすることもありますし、不自然に見えてしまう要因は他にもあります。

強すぎるホワイトニング

歯医者さんで施術を行うオフィスホワイトニングでは、漂白成分である過酸化水素の濃度が高いホワイトニング剤を扱うことができます。さらに、反応を促進する特殊なライトを当てることにより、短時間の施術で大きく白さをアップすることも可能です。
一度に8段階から10段階もアップできるものもあります。A3からA1を目指すには、8段階の白さのアップが必要ですが、強いホワイトニングでは、適度な白さを通り越してしまう可能性もあるのです。

硬質レジン前装冠

ホワイトニングではありませんが、保険が適用される前歯の硬質レジン前装冠(金属で裏打ちしたプラスチック製の差し歯)なども、不自然な白さに見えることがあります。
レジンの色味は自分の歯の色と合わせることができますが、天然歯と比べると、つやがなく不自然な白さに見えます。さらに、着色しやすく、素材自体も黄ばんでくるので、最初の白さも徐々に失われていきます。

市販の歯のマニキュア

爪のマニキュアのように、歯の表面に塗る市販の歯のマニキュアもあります。塗料自体も白さが不自然に見えるものもあり、自分で塗る場合には、塗りムラができやすいので、さらに不自然な白さが目立ってしまうこともあります。
また、すぐに剥がれてしまうというデメリットもあります。歯医者さんで行うホワイトコートであれば、歯のマニキュアのような不自然さが少なく、半年から1年程度、長持ちします。

3.自然な白さを目指すさまざまな方法

マイルドなオフィスホワイトニングを選ぶ

歯医者さんで施術するオフィスホワイトニングには、一気に白さをアップするものもあれば、2回から3回程度の施術でA1に近づけるもの、1回の施術で1段階から2段階程度の白さをアップするものもあります。
強いホワイトニングでは、不自然な白さになってしまうリスクもあるので、1回あたり、2段階から4段階程度アップできるものを選ぶのが懸命です。

自分でホームホワイトニングを行う

ホームホワイトニングは、専用マウスピースを使って、ホワイトニング剤を自分で毎日塗布するものです。オフィスホワイトニングと比べると、薬剤の過酸化水素濃度が低いので、白くなるスピードは遅いものですが、急激に白くなってしまうリスクがなく、後戻り(元の歯の色に戻ること)も少ないものです。
毎日およそ2時間塗布して、2週間から4週間程度続ければ、およそ4段階程度はアップすることができます。

歯医者さんでのクリーニング

ステイン(歯の表面の着色汚れ)やタバコのヤニなどを落とすだけであれば、歯医者さんで提供するクリーニングでもきれいになります。特殊なクリーニング装置を使ったPMTCや、パウダーを混ぜた強い水流を使ったジェットクリーニングなどがあります。
元々の歯の色に満足しているか、あるいは、ホワイトニングで白くなっている歯であれば、表面の汚れを落とすだけで、自然な白さが蘇ります。

4.白くなりすぎないオフィスホワイトニング・システム

前述した通り、1回の施術で2段階から4段階程度アップできるようなホワイトニングシステムを選ぶことで、不自然な白さになってしまうリスクを避けることができます。
1回の施術で完了しようとはせず、定期的に複数回のホワイトニングを重ねて、美しい白さを実現しましょう。程よく白さをアップしてくれる、オフィスホワイトニングのシステムは下記のとおりです。

ハロゲンライト 1~2段階
松風ハイライト 1~2段階
FAPホワイトニング 1~2段階
ピレーネ 1~2段階
ビヨンド 2~3段階
マルチアーチホワイトニング 2~4段階
ルマクール 2~4段階
ティオン およそ3段階

A1を目指す計画を立てよう!

たとえば、現在A3の白さであるなら、A1にするまでに、白さを8段階アップする必要があります。1回で、4段階程度アップするホワイトニングシステムなら2回の施術となります。
ただし、多少の後戻りもありますし、効果の個人差もあるので、計画通りにピッタリとはまらないかもしれません。それでも、おおよその回数はつかめますし、費用の概算も算出できるはずです。

5.まとめ

歯は、白ければ白いほど良いというものではありません。誰が見ても美しく見える白さがあり、度を超えてしまうと、逆に白さが浮いて、とても不自然に見えてしまうこともあるのです。
強いホワイトニングシステムで、一気に白くするのは、こうしたリスクもあります。ただ漠然と白さを求めるのではなく、シェードガイドを参考にして、目指す白さをしっかりと見定めて、計画的にホワイトニングを行いましょう。

この記事は役に立った!

東葉デンタルオフィス監修医本部悠一郎 先生

千葉県船橋市本町7丁目23番地12号 東海神駅前ビル1F

■コメント

何事も、継続は力なり、という事につきますね。

先生の詳細はこちら
不正確な情報を報告