矯正中に行うことで悪影響が…食いしばりのリスクと原因

歯の矯正中はよく痛みが伴うもの。ついつい歯を食いしばり、痛みに耐えようとすることもありそうです。しかし食いしばりを続けてしまった場合、どうなってしまうのか不安はありませんか。実は、食いしばりで歯に圧力がかかることによって、矯正に悪影響があるのです。

また、矯正をしていない人でも食いしばりをしていることで歯並びが悪くなってしまうケースもあります。心当たりのある人はこの記事を読んだ後に、食いしばりを改善するために歯医者さんに行ってみてくださいね。

■目次
食いしばりの怖いリスク
食いしばりはなにが原因?
食いしばりを改善するには
まとめ

食いしばりの怖いリスク

矯正中の場合歯に悪影響が

もし矯正中に食いしばりをしてしまうと、さまざまな悪影響が考えられます。矯正治療では歯を前後や左右など横方向に移動させることが多いですよね。しかし、食いしばりをしてしまうと歯に対して垂直に圧力がかかるので上手く歯を動かすことができません。
また、食いしばりで圧力をかけることによって矯正中、歯や歯茎に強い痛みがでることも考えられます。特に矯正中は歯を移動させるためにその根っこがグラグラしているので、食いしばりをすることで神経を刺激して痛みがでやすいです。

歯が欠けたりすり減ってしまう恐れも

食いしばりは寝ているときなど無意識の際にすることが多く、知らない間に歯に大きな力を加えてしまっています。
それが日常的に行動となっていれば歯が欠ける、すり減るなどのリスクがあります。特に神経がなくなってしまった歯は血管も一緒に取らなければいけないので、歯の中に栄養が回らなくなります。
そうすると歯自体がもろく耐久性がなくなるので、食いしばりで割れてしまう恐れがあります。それだけでなく、食いしばりは顎や骨に負担をかけてしまうことも考えられます。

筋肉が発達して顔が大きく見える

歯を強く噛みしめることによって顎の筋肉をたくさん使いますよね。顎の筋肉が発達するといわゆるエラが張ってしまった状態になり、大きな顔に見えるようになります。

肩こりや頭痛に

食いしばりが続くと、頭や肩や首周辺の筋肉が緊張します。周辺の筋肉に負担がかかるため、頭痛や肩こりなどの悪影響がでてきます。

歯周病の悪化

無意識のうちに食いしばりをすることで、歯茎や歯肉に負担がかかり炎症が起こります。すると歯と歯茎の間にすき間ができます。そこに菌がたまるようになり、歯を支える土台が溶かされていきます。元々歯周病だった人の場合は事態が悪化し、歯がグラグラ揺れる、抜けるなど歯周病の症状が進行してしまいます。

歯が削れて知覚過敏に

食いしばりで歯が摩擦を受けると、表面のエナメル質が削れてしまったり歯の根元部分が露出してしまったりして、神経に刺激を与えます。刺激により一時的に歯がしみる、痛みがでるなどの知覚過敏症状がでます。

顎に違和感を感じる

食いしばりが原因となって、以下のような違和感を生じることがあります。
・だるい感覚がある
・口が開きづらい
・顎がカクカク鳴る

これは顎関節症の症状です。このような違和感のある場合は、早めに口腔外科がある歯医者さんに行くことをおすすめします。

食いしばりはなにが原因?

歯並びが悪いことも原因に

歯並びが悪いと、無意識のうちに食いしばりをしてしまうことがあります。これは食いしばりをすることによって、歯のバランスを整えようとするからです。しかし、場合によっては食いしばりで変に負荷がかかり、もっと歯並びが悪化することも考えられます。

詰めものや被せものがあっていない

虫歯の治療で詰めものや被せものをしてもらった際に、それらが噛みあわせに合っていないことがあります。そうすると、無意識に食いしばりをしてしまうケースが考えられるのです。

ストレスや疲れ

精神的なストレスがあることや肉体的に疲れていることが、食いしばりの原因ともなります。
また、歯列矯正による痛みや違和感もストレスになることがあります。食いしばりで歯に力をかけることによって、一時的に痛みやストレスを逃がそうとしているのです。特に歯を大きく動かすような悪い歯並びの場合、歯に力がかかるためストレスになりやすいです。

飲酒や喫煙やカフェインなどの摂り過ぎ

食いしばりは、ストレスや緊張状態が続くことで起こります。そのため、その緊張状態を意図的に解消することが大事なポイントとなります。過度な飲酒やカフェイン摂取や喫煙は、自律神経のバランスを乱しやすいです。
普通、昼間は体を活発に動かすために交感神経が優位になり、夜は体を休めるため副交感神経が優位になります。過度な飲酒やカフェイン摂取や喫煙をすると、交感神経が優位になってしまい緊張状態がとれません。睡眠の質も悪くなるので、食いしばりしやすいのです。

食いしばりを改善するには

歯並びを治す

歯並びが原因で食いしばりが起きている場合、矯正で歯並びを整えることによって改善していきます。ただし、矯正中に食いしばりをすることで歯が移動しにくいこともあるので、歯医者さんにきちんと相談することが大切です。

マウスピース

食いしばりによって歯が削れるのを防ぐために、マウスピース(ナイトガード)を用いる治療があります。
マウスピースというと矯正治療でも聞いたことがあるかもしれませんが、それとは別のものです。歯ぎしりや食いしばりによる強い力にも耐えられるような厚みで、強度がある素材で作られています。
マウスピースは市販でも簡易的なものが売られていますが、食いしばりは噛み合わせなども影響するので、歯医者さんできちんと治療してもらうことをおすすめします。また、ブラケット矯正中にマウスピースは装着できません。

口腔筋機能療法(MFT)

唇や頬などお口周辺の筋肉を動かしてトレーニングする、口腔筋機能療法(MFT)を行うことで食いしばりを改善することができます。矯正歯科でセラピストとして訓練を受けた歯医者さんや歯科衛生士が、1から10まであるプログラムを患者さんに指導するものです。
矯正治療の間に食いしばりをしてしまう人は、装置が付いているため食いしばり治療のためのマウスピースをつけられません。その場合、歯医者さんに口腔筋機能療法(MFT)の治療が適当か相談してみましょう。

自律訓練法

食いしばりは、自律神経のバランスが整うことでストレスが緩和され改善することもあります。
いくつかのステップを踏むことで神経を落ち着かせる、自律訓練法という治療があるので試してみてはいかがでしょうか。主に精神科や心療内科などで取りいれられていますので、やり方を指導してもらえば自分でも自宅で行うことができます。最初はコツをつかむのが難しいですが、慣れれば数分で体をリラックスすることができます。

自分でできる食いしばり改善

自分でもできる食いしばりを予防するための訓練があります。

①自分で意識的に上の歯と下の歯を食いしばる
②力を入れることで歯や歯茎や頬にかかる負担を感じる
③その後、力を抜いて上下の歯の間隔を少し開ける
④今まで歯や歯茎や頬にかかっていた力がなくなったことを意識することで緊張が溶け、リラックスする

こちらのトレーニング法であれば、電車内やトイレなどどこに居てもできますよね。空いている時間に行ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

食いしばりは、寝ているうちや無意識のときなど知らないうちに力がかかってしまっていることが多いようです。
場合によっては、歯を割ってしまう、また動かしてしまうような力も働きます。特に朝起きたときに肩こりや頭痛などがあり、筋肉が張っているような症状がある人は要注意です。自分では気付かないうちに食いしばりをしているかもしれませんよ。
歯医者さんによっては睡眠のときに歯を噛みしめていないか、「ブラックスチェッカー」という検査をしてもらえます。気になる人は検査をしてもらうべきでしょう。
また、人によっては歯並びの悪さが食いしばりを引き起こしているケースもあります。その場合、放っておくことで食いしばりだけでなく、虫歯になりやすい、顔や顎や全身が歪みやすいなどの悪影響を与えることも考えられます。
歯医者さんに噛みあわせの検査をしてもらい必要であれば、矯正治療をすることを考えてみてはいかがでしょうか。

不正確な情報を報告

矯正中に行うことで悪影響が…食いしばりのリスクと原因

監修医 野崎康弘先生

ジェイエムビル歯科医院

住所
東京都台東区蔵前2-6-3 ジェイエムビル5F
ページトップへ