治療に対する当院の考え方

当院での治療を「最後の治療」に

当院に来院される患者さまの中には、一度治療した箇所が再び悪くなり、治療へ訪れる方もいらっしゃいます。
このような再治療は、前回の治療で設置した詰め物や被せ物がとれてしまった、その内側が虫歯になった、といったことが原因です。

当院では、最初に来院された時にしっかりとした診断のもと治療を提供できれば、再治療のリスクは限りなく減らせると考えています。
再治療の必要がなければ、当院での治療が「最後の治療」となり、患者様は痛みや不安から開放されます。

再治療のデメリットはたくさんあります

再治療を行うことは、削らなくてはならない部分が増えるということでもあります。

削った歯は決して元には戻りません。一回の治療で終わっていれば削る必要のなかった歯を削るのは、身体にとって非常にマイナスです。

最悪の場合は、抜歯にもつながってしまいます。患者様も、度重なる通院は煩わしいと感じるでしょう。
このようなデメリットがたくさんある再治療を避けるために、当院では「当たり前の丁寧かつ必須な治療」を行っています。

じっくりと患者様のお悩みを伺います。

じっくりと患者様のお悩みを伺います。

対話のためのカウンセリングを大切に

当院では、カウンセリングを大切にしています。院内にカウンセリングルームを設置しているため、どういった治療を希望していらっしゃるのかなどについてヒアリングをじっくり行うことができます。
痛みをできるだけ軽減したいのか、コスト面を重視するのか、患者様によって優先事項は異なってくるはずです。

したがって当院では、治療プランや費用に関して、患者様に納得していただくまで治療に着手しません。
どんな小さなことでも気にかかることがあれば、ご質問していただきたいと考えています。

患者様に合わせたオーダーメイド治療をご提供

さまざまな治療法がある中で、できるだけ多くの選択肢をご提示し、患者様が考える治療のゴールに適した治療法を選べるようサポートします。
患者様の目線に合わせた治療法をご提供することが当たり前の姿勢だと考えています。

また、当院では、一般的な歯科診療(保険診療)をはじめ、予防歯科、美容診療まで幅広く診療を行っています。
幅広い診療項目から治療法をご用意し、患者様ご自身で選んでいただけるオーダーメイドの治療をご提供します。

可能な限り歯を残す方針で進めます

容易に歯を削ったり抜いたりするのではなく、自然の歯を残す治療を心がけております。
治療のたびに歯を削る、抜くことを続けていけば、当然のことながら年齢を重ねるごとに本来の歯は失われてしまいます。

「年を取って、歯がなくなれば入れ歯にする」といった考えは好ましくありません。歯は治療を続けるもの、というこれまでの常識を変えましょう。
できるだけ削らない、抜かない。何度も治療する必要のない治療を患者様にご提供できるよう、努めております。

当院のこだわり

銀座にふさわしい高級感のある内装

高級店が立ち並ぶ銀座というエリアにあるため、落ち着いた年代の患者様が多くいらっしゃいます。

内装は、そのような方にふさわしい高級感のあるイメージにまとめています。
色調はモノトーンで統一し、空間に広がりを出すため間接照明を多用している点がポイントです。

ユニットは完全個室のため、プライバシーを気にする方もゆったりと治療を受けていただけます。
また、待合室でも快適に過ごしていただけるよう、余裕を持った空間になっています。

スタッフへの指導・教育を徹底

当院では、スタッフのお客様に対する丁寧で親切な対応が好評です。
それは、笑顔、挨拶、感謝、思いやり、そして誠意。この「当たり前の文化」がスタッフに根付いているからです。

当院では、スタッフにマナー研修を徹底して行い、知識とスキルをしっかりと身につけさせた上で、歯のプロとしてだけでなく接客のプロとしても現場に送り出しています。
患者様あっての歯科医院であることを念頭に、患者様が治療に専念できる環境を整えたいという思いを持っています。

居心地のよい空間になるよう、工夫を凝らした院内です。

居心地のよい空間になるよう、工夫を凝らした院内です。

患者様にとって通いたい歯科医院であるために

当院は、利便性がよく「通いやすい歯科」であることは最低条件として、歯を美しくするために「通いたい歯科」でありたいと考えています。
そのため、ご納得いただける治療を提供にこだわるだけではなく、コミュニケーションを重要視したカウンセリングや心地のいい空間づくりで精神的にもサポートできる医院になりたいと思います。

居心地のよい空間づくりの一環として、従来の歯科医院ではよく使われた不快な臭いを発する薬品を使用していません。

患者様の意識を変える予防歯科

日本人の歯科に対する考え方を変えたい

欧米では、予防に対する意識が高く、「虫歯にならないために歯科医院に行く」という考え方がスタンダードです。

しかし、日本はそのような意識が浸透しておらず、未だに「虫歯になったから歯科医院に行く」という考えが根強いままです。
当院では本来の白い健康な歯を保つために必要なことは「予防」だと考えております。悪くなる前に予防をするという考えを浸透させるため、患者様に予防の呼びかけをすすんで行っております。

歯を失う負のスパイラルを断ち切るために

歯が痛くなったから歯科医院に行く、痛い思いをしたから歯科医院から足が遠のく、また歯が痛くなる、という流れを繰り返せばますます再治療のリスクが増し、やがて歯を失うことにもつながりかねません。
このような負のスパイラルを断ち切るために大切なのが、予防です。
予防に取り組むことで、お口の中が健康的な状態に保たれ、さまざまなトラブルから開放されます。

そして、お口の臭い、歯の黄ばみなど気になる問題を解消し、歯が持つ本来の美しさを保つことが、将来のお口の中のケアにもつながります。

患者様が抱えるお口のお悩みをしっかりと解消していきます。

患者様が抱えるお口のお悩みをしっかりと解消していきます。

お口の中の健康的な状態がずっと続くように

定期的なメンテナンスでは、歯周病の検査や磨き残しのチェックを行い、必要であればブラッシングを指導するなど患者様に合わせた内容になっています。

「虫歯を見つけたら治す」という考え方の定期健診とは異なり、虫歯が発症しないであろう期間を設定し、それが過ぎるとメンテナンスを行い、その期間を延長させるという考え方です。
この考えのもとでメンテナンスを欠かさず行っていけば、お口の中のトラブルを抑えることに期待ができます。

歯を失わないようしっかりとした対策を

マイクロスコープを活用して、口腔内をより詳細に診ていきます。

マイクロスコープを活用して、口腔内をより詳細に診ていきます。

マイクロスコープで不適合をチェック

マイクロスコープは歯科治療用の顕微鏡で、お口の中を24倍に拡大して見ることができます。
これを使用することによりお口の中をより精密にチェックできるようになり、隠れた虫歯が見つかるなどのメリットがあります。

また、被せ物などの治療をする際、肉眼では適合しているように見えてもマイクロスコープを通して確認してみると不適合な状態であることも多いです。
不適合であれば、その隙間から虫歯が発生して再治療につながってしまうこともあるため、十分チェックすることが大切です。

患者様の負担が少ない虫歯治療を

お口の中に存在するミュータンスと呼ばれる細菌が、食べ物に含まれる「糖」を利用して酸を生成し、その酸によって歯が溶かされた状態を「虫歯」と呼びます。

虫歯は、初期段階では自覚症状がないため、ご自身では気付きにくいことが特徴です。
虫歯の進行はC0~C4の5段階にわけられ、C2では削る必要性があります。その際は、できるだけ患者様の負担が少なくなるような削り方を心がけています。長きにわたって自然な歯を残すには、削る量を少なくすることが大切です。

スケーリングを中心とした歯周病治療

歯周病とは歯を支えている歯周組織に起こる疾患のことで、日本人が歯を失う多くの原因です。
歯周病になる原因としてはさまざまなことが考えられますが、主にお口の中の環境や生活習慣が影響しています。
歯周病は治療が難しく、日ごろから予防することを意識するしかありません。

当院では、ブラッシングでは届かない歯石を取り除くスケーリングや、古い被せ物や詰め物の隙間を塞ぐ再治療などを行い、歯周病の治療に取り組んでいます。

術後も考慮したインプラント治療

安定性の良さがインプラントの魅力

インプラントとは、歯を失ってしまった箇所に人工的な歯根を埋め込み、そこに被せ物をすることで自らの歯と同じ働きを得ることができる治療法です。
被せ物はセラミックを素材としており、違和感のない仕上がりになります。

また、インプラントは顎骨にしっかり固定されるため、今まで同様に噛むことができます。
もちろん固い物も問題ありません。

入れ歯は他の歯にバネをかける必要があり、ブリッジは隣の歯を削らなければなりませんが、インプラント治療では自身の歯を傷つけることはありません。
健康的なお口の中を維持することができます。

リスクの低い2回法で手術

まずは一般的な歯科診療などと同じように、診察・カウンセリング、レントゲン検査を行います。
お口の中に虫歯などのトラブルがあれば、インプラント手術の前に感染防止のためにこれらの治療を行います。

その後CT撮影を行い、インプラント治療が可能な骨の量があるかを確認します。
問題がないと判断できれば、手術に着手します。まずは一次手術で人工歯根を埋め込み、二次手術でアバットメント(連結部)を設置します。

最後に、アバットメントに人工歯を装着すれば完了です。
インプラント治療後は虫歯になることはありませんが、歯周病になる可能性があるため、定期的なメンテナンスが欠かせません。

インプラントに込めた院長の思い

私は、患者様が抱えるお口の中の問題に対する解消方法は一つではないと考えています。
そのため、治療前にじっくりカウンセリングを実施し、患者様のライフスタイルに合った治療プランをご提案したいと思います。

また、治療後のことも視野に入れ、治療に臨んでいます。
インプラント治療では、ただ失った歯を取り戻すだけではなく、噛み合わせなどにも配慮し、治療後のケアのシミュレーションも行っています。

患者様一人ひとりにあった治療によってお口の中の悩みが改善され、より充実した毎日を送っていただきたいと考えています。

ネット予約・空き状況確認

今日 明日 明後日
可能 可能 可能

 :受付中 :お問い合わせ -:受付不可

ネット仮予約・空き状況確認
ネット仮予約 24時間受付中
  • 今日空き
  • 明日空き
0066-9751-321273無料通話
  • 今日18時~も診療中
掲載のご案内