健康な歯茎の色はどんな色?改善と予防方法まとめ

健康な歯茎の色はどんな色?改善と予防方法まとめ

107493 View
★役に立った!34

笑った時などに黒ずんだり、赤く腫れた歯茎が見えてしまうと、あまり印象が良くないですよね。綺麗な歯や歯茎は印象もよく、とても健康に見えます。そもそも健康的な歯茎の色とはどんな色をしているのでしょうか?

黒や赤、紫など歯茎の色が人によって違うのには原因があります。健康な歯茎の色に戻す自宅でできるケア、黒くしない方法、歯医者さんで歯茎を綺麗な色に治す方法などを詳しくご紹介します。今日からあなたも健康的な歯茎を取り戻しませんか?

この記事の目次

1.健康な歯茎の色について

1-1 薄いピンク色の歯茎

健康な歯茎の色とは、薄いピンク色です。また歯茎もしっかりしていて固くなっており、歯磨きやフロスを通しても出血することはありません。歯磨きをするときに、歯茎の色は大丈夫か、腫れているところはないかをチェックする癖を付けましょう。

1-2 丸みのない三角形

健康な歯茎は、歯と歯の間が丸みのない三角形になっています。また、赤くなっていたり、腫れていたり、ブヨブヨしていたりすることもありません。

1-3スティップリング

スティップリングとは健康な歯茎に見られるもので、歯茎を形成するコラーゲン繊維が良好な状態であることを意味します。よくオレンジの皮にあるへこみのようなものと例えられます。鏡を見てスティップリングがあるか確認してみましょう。

2.問題がある歯茎の色

2-1 紫に変色している場合

歯周病や歯周炎では歯茎が赤く腫れますが、徐々に進行していくと、歯茎が赤紫や黒っぽい色になってきます。タバコを吸っている人も紫色になることもありますが、歯茎が腫れているなど炎症が見られる場合は、歯周病の場合がほとんどですので歯医者さんにできるだけ早く行きましょう。

歯周病は放っておくと歯がグラグラになり最後は抜けてしまいます。早めに治療すれば、歯が抜けたりすること無く済みますので、放置してしまわないように注意しましょう。

2-2 黒く変色している場合

歯茎が全体的に、もしくは前歯周辺が特に黒ずんでいる場合、喫煙が原因であることが多いです。タバコを吸っていると、タバコに含まれているタールやニコチン、一酸化炭素などの有害物質が歯茎に染み込んでしまい、結果的に黒ずんで見えます。ニコチンや一酸化炭素は血管を収縮させる作用があります。そのため、血流が悪くなり、歯茎にも影響を与えてしまいます。

また、特定の一部の歯茎だけが黒い場合は、別の原因も考えられます。歯の治療時に金属を削る作業を行うことにより金属の作片が歯茎に入り込むことによって起こる現象でメタルタトゥー呼ばれるものです。メタルタトゥーは健康な歯茎ではほぼ起こることはありません。治療を行う歯の周りの歯茎が歯周病などの炎症がある場合に起きます。

他にも、メタルコア(金属でできた差し歯の土台)が酸化を起こして黒い酸化膜の影響で差し歯の歯茎が黒く見えることがあります。こちらは前述のメタルタトゥーとは呼びません。治療によるものか、酸化によるものかの違いで自分では判断がむずかしい部分になります。

また、歯周病により、歯茎が下がって中に入っているメタルコアが見えてしまっていたり、歯の根っこの方が少し欠けていて(楔上欠損)黒く見える場合などがあります。他にも病的な原因など様々ありますので、自分で判断せずに歯医者さんに行きましょう。

2-3 歯周病が原因で赤くなる

歯茎に汚れなどが溜まり歯肉炎や歯周病になると、歯茎に炎症が起こります。汚れや細菌が多く付いていると、身体が細菌と戦おうとして毛細血管ができて、赤く腫れます。

この状態で歯ブラシやフロスを当てると、歯茎から出血します。汚れを取り綺麗な状態を保つことで炎症を抑えることができますが、腫れているところは特に注意して優しく丁寧にブラッシングしましょう。

出血するからといって歯ブラシを当てない方が良いと思われがちですが、それは間違いです。逆に歯磨きをしないと治りません。もし、赤く腫れているのに歯磨きをしても出血しないのであれば、歯ブラシがきちんと歯茎まで当たっていない可能性があります。汚れは歯と歯茎の境目にたまりやすいので、優しく歯茎まで磨くことが大切です。

3.歯茎をピンク色に治す方法

3-1 自宅でできるブラッシングやマッサージ

最低でも1日1回、夜寝る前にしっかりと丁寧に歯磨きをして汚れを落としましょう。汚れが残ったまま寝てしまうと、寝ている間は唾液の分泌が少なくなるので、細菌が繁殖します。

歯ブラシだけでは歯と歯の間の汚れは落とせません。歯と歯の間の接触している面の汚れはフロスで、歯と歯の間の隙間は歯間ブラシで落とします。若い人や、歯茎が健康で引き締まっている人の場合、歯並びによっては歯間ブラシが挿入できないことがありますので、その場合は無理に通す必要はありません。日々の歯磨きで炎症が起こらないように気を付けることが大切です。

歯磨きが終わった後は、指をきれいに洗ってからマッサージを施します。マッサージを行う歯茎は、歯と歯茎の境目周辺です。奥から手前に3~5回、人差し指の腹の部分でなでるように優しく行います。

クルクルと回しながら行っても効果があります。歯茎は4ブロックに分け、左下、右下、左上、右上、と行っていきましょう。必ず指の腹で行い、爪などが当たって歯茎を傷付けてしまわないように注意しましょう。

3-2 歯医者でできるクリーニング

歯磨きを頑張ったからといって、完全に汚れをなくすことはできません。歯医者さんに通い、歯石の除去や、歯周ポケットを綺麗にクリーニングしてもらいましょう。定期的に通うことで歯や歯茎の健康な状態を保つことができます。

3-3 黒ずんだ歯茎をガムピーリングで改善

歯茎の黒ずみなどが気になる人は、ガムピーリングという治療があります。黒ずんだ歯茎をピーリング(古い皮膚の表面をはぎ取り新しい皮膚を形成させる)するというものです。

お肌のピーリングと言えば想像しやすいかと思います。個人差はありますが、1週間くらいで歯茎の色が綺麗なピンク色になります。

ただし、上述した金属イオンが溶け出して歯茎の色が黒くなっている人や妊娠中の人、アルコールなどのアレルギーがある人はガムピーリングはできません。痛みの程度は人それぞれですが、施術後に少し痛みやひりひり感があったり、しみたりすることもあります。

3-4 金属が原因の場合は非金属に変える

金属が原因で歯茎が一部だけ黒ずんでいる場合は、原因となっている金属を除去して非金属のものに変えることができます。保険なら、レジン、保険外ならセラミックを使います。ただ、変えたからといってすぐに綺麗になるとは限らないのでその点は注意しておきましょう。

金属を取り除いても黒ずみが残る場合は、レーザー治療などで改善できます。レーザーは機械によっても種類や用途の幅が異なります。

単にレーザーを当ててメタルタトゥーを消す場合は、保険適用できる治療ではないので、費用面で心配な方はかかりつけの歯医者さんに相談してみてください。

4.歯茎を健康に保つ予防法

4-1 生活習慣の改善

歯茎の健康にとって、血行を良くすることはとても大事です。シャワーだけでなく、湯船につかりましょう。湯船につかりながら歯磨きすると効果的です。お風呂の中で歯茎のマッサージをするのもいいでしょう。

タバコを吸う人は、特にビタミンCが破壊されることでメラニン色素が増えて歯茎の色が悪くなりやすいといわれています。ビタミンCを日ごろから摂取することを心がけましょう。

生活リズムが乱れたり、疲れが溜まったりして体調が悪いと、免疫力が低下して歯茎が腫れることがあります。規則正しい生活リズムを身に付けることも大事です。

4-2 喫煙を控える

歯茎の黒ずみのほとんどの原因が喫煙です。歯茎の黒ずみが気になるのなら、もちろん禁煙することが一番効果的です。できるだけタバコを控えましょう。

4-3 口呼吸から鼻呼吸へ

口呼吸をしていると、前歯の歯茎が常に乾燥してしまうため、炎症が起こり、赤くなったりします。普段は口を閉じていても、寝ている間などに歯並びが原因で口が開いてしまう人や、鼻炎などが原因で口呼吸になってしまう人に多いといわれています。鼻炎なども並行して治療し、できるだけ口呼吸をせずに鼻呼吸をするように心がけましょう。

5.まとめ

美容的に健康であることは、歯の色だけではありませんね。いくら歯が白くても真っ赤な歯茎や真っ黒な歯茎では、台無しです。そして、歯茎の色は、全身の健康のバロメーターともいわれています。気になる方は、かかりつけの歯医者に相談しましょう。

・健康な歯茎の色について
└薄いピンク色の歯茎
└丸みのない三角形
└スティップリング

・問題がある歯茎の色
└紫に変色している場合
└黒く変色している場合
└歯周病が原因で赤くなる

・歯茎をピンク色に治す方法
└自宅でできるブラッシングやマッサージ
└歯医者でできるクリーニング
└黒ずんだ歯茎をガムピーリングで改善
└金属が原因の場合は非金属に変える

・歯茎を健康に保つ予防法
└生活習慣の改善
└喫煙を控える
└口呼吸から鼻呼吸へ

この記事は役に立った!

監修医野崎康弘先生

医療法人社団 医康会 ジェイエムビル歯科医院 院長

■院長経歴

1990年 日本歯科大学 卒業
1990年~1995年 医療法人社団医恵会 勤務
1996年 ジェイエムビル歯科医院 開院

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

該当部分を選んでください
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
詳細コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

貴重なご意見をありがとうございます
スマイルラインはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

ネット受付・予約もできる

歯医者さん検索サイト

ご自宅や職場の近くで歯医者さんを探したいときは、検索サイト『EPARK歯科』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を見ることができます。

EPARK EPARK
  • 歯医者さんをエリアと得意分野でしぼって検索!
  • 歯医者さんの特徴がわかる情報が満載!
  • 待ち時間を軽減!24時間ネット予約にも対応!

美容診療の相談ができる歯医者さん一覧へ