EPARK歯科 TOP 歯のお悩み相談室 美容診療 ホワイトニング 食事の内容が歯の色に影響を与えることはありますか?

キーワードで探す

医師へ直接相談

回答募集中

回答募集中とは

相談投稿日または補足投稿日から7日間表示します。相談投稿ユーザーが回答を積極的に募集している状態の表示です。
回答募集中の表示を付けたい場合は、補足投稿フォームより回答募集中投稿を行ってください。

お悩み相談室ガイド

食事の内容が歯の色に影響を与えることはありますか?

ホワイトニング

回答数:2件

考えてみると子供の頃から歯が黄色みがかっています。
肌も黄色みが強いので、メラニンが多いのだとは思います。


例えばカロテンを摂取しすぎると柑皮症になり、肌が黄色くなります。
着色以外の要因で、食事が象牙質を黄色くすることはありますか?

先生からの回答

全2件の回答

池村 光代 院長 京橋歯科医院(東京都 中央区)

  • 回答数 408
京橋歯科医院 池村 光代 女性

こんにちは。京橋歯科医院の池村です。

歯の表面はエナメル質、その下が象牙質となっています。
エナメル質は飲食により着色します。
虫歯になると象牙質の変色が起こることがあります。
また子供の頃にテトラサイクリン系抗生物質を大量に摂取すると歯の色が変わることがあります。(風邪のシロップ薬に使われていた時代がありました)
変色が気になる場合は審美的な治療が必要となりますが、健康な歯を削ることの是非もありますので良くお考えになると良いと思います。
セラミッククラウン、ジルコニアクラウン、ラミネートべニアなどです。
ホワイトニングはいずれ着色してしまいますが白くすることができます。
お大事になさってください。

回答:2021/09/21 21:18

鳥居 秀平 理事長 北野坂鳥居歯科医院(兵庫県 神戸市中央区)

  • 回答数 150
北野坂鳥居歯科医院 鳥居 秀平 男性

こんにちは。
北野坂鳥居歯科医院の鳥居です。
歯の色自体は生まれつきのもので、個人差があります。
食べ物や飲み物によるステインといわれる着色汚れであれば、クリーニングで落とすことが可能ですが、歯の色自体の黄ばみが気になるようであれば、ホワイトニングを検討されてみてもよろしいかと思います。
一度歯科医院にてご相談されてみてはいかがでしょうか。
お大事にしてくださいませ。

回答:2021/09/17 10:07

免責事項
回答されている内容は、症状や相談内容の異なる個人に対し、回答時の法律、保険制度、技術や回答者個人の見解などに基づいております。実際の施術行為、医療相談などは、直接関連する医師・薬剤師などに相談の上、ご自身の責任のもとご判断ください。当社は、当サイト上のサービスを利用し、その内容に基づいて生じたいかなる損害についても、一切の責任を負いません。