EPARK歯科 TOP 歯のお悩み相談室 噛み合わせ 歯ぎしり 歯ぎしりによる歯のダメージ

キーワードで探す

医師へ直接相談

回答募集中

回答募集中とは

相談投稿日または補足投稿日から7日間表示します。相談投稿ユーザーが回答を積極的に募集している状態の表示です。
回答募集中の表示を付けたい場合は、補足投稿フォームより回答募集中投稿を行ってください。

お悩み相談室ガイド

歯ぎしりによる歯のダメージ

歯ぎしり

回答数:6件

歯ぎしりはすごい力でしてると聞いた事があるんですが、歯に悪いのですか?

先生からの回答

全6件の回答

山本 達郎 院長 山本歯科医院(保土ケ谷区 星川駅)(神奈川県 横浜市保土ヶ谷区)

山本歯科医院(保土ケ谷区 星川駅) 山本 達郎 男性

横浜保土ヶ谷の 山本歯科医院 院長の山本達郎です。

歯ぎしりがあると
1. 知覚過敏
2. くさび状欠損(知覚過敏)
3. 隣接面の虫歯
4. 歯周病の悪化
5. 歯冠の破折
6. 歯根の破折
7. 顎関節症の背景
などの悪影響がでます。特に6の歯根破折は歯を失いダメージで健康被害としては最大です。

山本歯科医院&横浜ホワイトニング・インプラントセンター 山本達郎

回答:2018/01/21 11:22

馬場 真菜美 理事長 兼 院長 マナミ歯科クリニック(東京都 中野区)

マナミ歯科クリニック 馬場 真菜美 女性

歯ぎしりをしているかどうかの診断は奥歯の磨り減り方でわかるほどで、強い歯ぎしりは歯をすり減らす、ヒビを入れるなどの問題を引き起こします。さらに歯茎、歯を支える骨も痛め、歯周病による歯の喪失を加速してしまいます。歯ぎしりは軽く考えてはいけない一つの病気です。

回答:2017/01/29 18:47

寺澤 章平 院長 DENTAL STUDIO STOD 東麻布歯科(東京都 港区)

  • 回答数 49
DENTAL STUDIO STOD 東麻布歯科 寺澤 章平 男性

歯ぎしりやくいしばりの力は、経年的に上下の歯同士がこすりあい歯のかたちを変えてしまったり、歯を自らのかみ合わせでわってしまったり(歯牙破折)とかなりの負荷がかかりダメージを与えるほどの力があります。数日単位で目に見えて現れる範囲のダメーではありませんが、歯ぎしりの力の脅威を把握される事、それに対しての対応(ナイトガード・マウスピース)を知っておく事は重要です!

回答:2017/01/27 00:19

伊丹 太郎 院長 麻布シティデンタルクリニック(港区麻布十番)(東京都 港区)

  • 回答数 682
麻布シティデンタルクリニック(港区麻布十番) 伊丹 太郎 男性

一説によると歯ぎしり時体重の5倍位の力がかかる事もあります。
その力で歯が割れてしまったりする事もあり、歯にとっては最悪です。
現在の医学では、マウスピース等で歯ぎしりから歯を守る事が一般的に行われています。

回答:2016/11/27 21:35

青木 学 院長 ウェル西新宿デンタルクリニック(東京都 新宿区)

  • 回答数 268
ウェル西新宿デンタルクリニック 青木 学 男性

大人の人の奥歯で噛む力は約50㎏~60㎏といわれています。

歯ぎしりの力はその力のおおよそ4倍から5倍と言われています。

歯の構造上または歯を支える骨の構造上、上下に噛む力に対してはある程度強いのですが、横揺れに対してはあまり強くないようです。

歯ぎしりが良いのか悪いのかは色々な説がありますが、マウスピースをする事により、歯のすり減りや顎関節の保護をする事は良いと思います。

口腔内の状態を一度先生にみていたただき、良くご相談される事をお勧めします。

回答:2015/11/05 09:48

櫻井 英利 院長 さくらい歯科医院(静岡県 田方郡)

  • 回答数 3
さくらい歯科医院 櫻井 英利 男性

難しいご質問ですね。(笑) 歯ぎしりは大きく分けて 食いしばり(縦の力)といわゆる歯ぎしり(横の力)とその複合の力の3つに分かれます。目が覚めている時に強くかもうとしても痛くてある程度までしか噛めないですが、寝ているときはその数倍の力で噛んでいる時があります。人によってですが、すごい方は歯がすり減ってしまったり自分の力で自分の歯を砕いてしまうことも珍しくありません。そのため、虫歯でなくとも歯がしみたり痛くなったりすることもあります。ただ、その症状が歯ぎしりによっておこされているかは歯医者さんに見てもらって判断してもらう必要があると思います。追伸:でも、多少の歯ぎしりはほとんどの人がしているんですよ!!

回答:2015/03/28 19:00

免責事項
回答されている内容は、症状や相談内容の異なる個人に対し、回答時の法律、保険制度、技術や回答者個人の見解などに基づいております。実際の施術行為、医療相談などは、直接関連する医師・薬剤師などに相談の上、ご自身の責任のもとご判断ください。当社は、当サイト上のサービスを利用し、その内容に基づいて生じたいかなる損害についても、一切の責任を負いません。