EPARK歯科 TOP 歯のお悩み相談室 口内の異常 歯周病 歯周病にならない方法

キーワードで探す

医師へ直接相談

回答募集中

回答募集中とは

相談投稿日または補足投稿日から7日間表示します。相談投稿ユーザーが回答を積極的に募集している状態の表示です。
回答募集中の表示を付けたい場合は、補足投稿フォームより回答募集中投稿を行ってください。

お悩み相談室ガイド

歯周病にならない方法

歯周病

回答数:5件

歯周病にならないためにはどんな生活をすれば良いですか?やはり歯磨きは1日3回しないとだめなんでしょうか?

先生からの回答

全5件の回答

馬場 真菜美 理事長 兼 院長 マナミ歯科クリニック(東京都 中野区)

マナミ歯科クリニック 馬場 真菜美 女性

歯磨きを毎食後に行うのは望ましいですが、難しい場合は時間をかけて正しい方法(歯科医院で歯科衛生士が指導してくれます)で丁寧に磨くこと、デンタルフロスも併用して思考をできるだけ取り除くことを心がけてください。定期的な歯石除去も大切です。その他喫煙は歯周病を誘発する大きな要因です。喫煙習慣があれば禁煙をお勧めします。

回答:2017/01/26 11:17

寺澤 章平 院長 DENTAL STUDIO STOD 東麻布歯科(東京都 港区)

  • 回答数 49
DENTAL STUDIO STOD 東麻布歯科 寺澤 章平 男性

最低3食されるのであれば、食後に3回が理想です。回数の多さに限らず、磨き残しがないしっかりとしたブラッシングを食後に、ブラシが届かない歯と歯の間にはデンタルフロス(糸ようじ)や歯間ブラシを併用してご自身でメインテナンスできることが歯周病予防につながります。

初期の歯周病進行や歯石沈着は、どうしてもご自身では気づけません。定期的な歯科への受診を受けられ、歯周病チェック(はぐきのポケットチェック)とクリーニングを受けられるのも大事です。

回答:2017/01/26 09:48

佐々木 秀典 院長 佐々木歯科醫院(大阪府 大阪市中央区)

  • 回答数 42
佐々木歯科醫院 佐々木 秀典 男性

歯周病の主な原因は①歯周病の原因となるバイ菌(細菌)の存在と②そのバイ菌が悪さをしやすい環境にしているか、によります。
①歯周病の原因菌の存在
歯周病の原因菌はどの方の口になかに必ずいます。そのため、歯周病から逃げることはできません。
②そのバイ菌が悪さをしやすい環境にしているか
きれいに歯磨きをしているとそのバイ菌は歯の周りにつくことができず、悪さ(歯の周りの骨を溶かしたりすること)はできません。それは、バイ菌単体では歯の表面につくことができないからです。歯磨きをせずについた食べかすの表面にバイ菌がつき、毒を出すことで歯周病を起こします。歯石にもバイ菌がつきます。そのため、適切な歯磨きをし、食べかすを歯につけないようにし、定期的なクリーニングで歯石もつけないようにすると良いのです。
しかし、喫煙、ストレス、遺伝的要素など歯磨きでは対応できないものも歯周病のリスクとしてありますので、信頼できる医院さんにしっかりと通って頂くことが大事かと思います。

回答:2017/01/11 01:49

北村 茂 院長 きたむら歯科経堂(東京都 世田谷区)

  • 回答数 20
きたむら歯科経堂 北村 茂 男性

歯周病はほとんどの方が少なからずかかっている病気ですが、放っておくとたいへん怖い病気でもあります。
歯みがきはとても重要です。しかしお仕事の都合などで1日3回が難しい場合には、1日1回でいいので、デンタルフロスや歯間ブラシなども用いて徹底的に歯みがきしていただくことをお勧めしています。
また、歯みがきだけでは取り切れない歯石や汚れもございますので、まずは歯科医院で歯周病の状態を検査していただき、歯科医院での歯周病治療と並行して適切な歯みがきを行っていただくことで歯周病の進行を防ぐことができます。

回答:2016/06/12 18:21

亀井 勝行 理事長 ノーブルデンタルオフィス(東京都 世田谷区)

  • 回答数 12
ノーブルデンタルオフィス 亀井 勝行 男性

基本 歯磨きは大事ですし、丁寧にやるべきです。
しかし、歯磨きを1日3回やっても歯周病になる人はいますし、歯磨きがいい加減でも、歯周病にならない人がいます。
この違いは その人自身の免疫抵抗力です。 免疫力をアップするような生活に心がけてくだい。 規則正しい生活、体温を下げない、よく咀嚼するなど あげだすときりがありませんが・・

歯周病予防は 歯磨きだけでないということです。

回答:2014/12/18 19:31

免責事項
回答されている内容は、症状や相談内容の異なる個人に対し、回答時の法律、保険制度、技術や回答者個人の見解などに基づいております。実際の施術行為、医療相談などは、直接関連する医師・薬剤師などに相談の上、ご自身の責任のもとご判断ください。当社は、当サイト上のサービスを利用し、その内容に基づいて生じたいかなる損害についても、一切の責任を負いません。