EPARK歯科 TOP 歯のお悩み相談室 一般治療 虫歯 歯間は、ブラシを隙間に入れ込んでまで磨く必ようがありますか?

全国
相談ポイントランキング(年間)

キーワードで探す

医師へ直接相談

回答募集中

回答募集中とは

相談投稿日または補足投稿日から7日間表示します。相談投稿ユーザーが回答を積極的に募集している状態の表示です。
回答募集中の表示を付けたい場合は、補足投稿フォームより回答募集中投稿を行ってください。

相談ポイント

相談ポイントとは

先生が回答することなどで付与されるポイントです。

回答:5ポイント
医師の支持:3ポイント
参考になった:1ポイント

お悩み相談室ガイド

歯間は、ブラシを隙間に入れ込んでまで磨く必ようがありますか?

虫歯

回答数:5件

テーパー毛ブラシを歯間部にまでブラシを入れ込んで磨いている商品をよく見かけます
たしかに使用してみるとテーパー毛や、毛足の長い歯ブラシは、歯間に入り込んでいる感じがします。

現在、歯間に関しては歯間ブラシとフロスは使用していますが、歯ブラシでも歯間部を磨く意味はあるでしょうか?


ハブラシに関してはタフト24のソフトを使用しています。
毛の長さが9mmと長くはなく、ブラシが硬めにできているので、歯間に入り込む感じはありません。

このような製品は歯間ブラシやフロスを使用していないという前提で開発されているのでしょうか?
これらを使用していない人ならば、歯間部に入り込むブラシを使う意味はあるかもしれませんが。

回答お願いいたします。

先生からの回答

全5件の回答

岡村 泰志 院長 Lip line Dental(東京都 墨田区)

  • 回答数 504
  • 相談ポイント 3,011pt
  • 医師の支持数 4件 / 参考になった数 554件
Lip line Dental 岡村 泰志 男性

なんでもこれ一本で大丈夫!といったうたい文句の製品は歯科に限らず、化粧品など様々なところで目にします。メーカーも新製品を売るために目新しいキャッチコピーとしてそのような製品が優先されて開発されるのだと思います。

さて、歯間まで磨ける歯ブラシではフロスや歯間ブラシがいらないか?についてですが、答えはNOです。とくに歯と歯が接するコンタクトポイント付近はフロス以外では絶対に掃除できません。

それからテーパー毛や極細毛は通常の歯ブラシに比べるとプラーク除去効率は低下します。

なので相談者さんが現在使用している、歯間ブラシとフロス、通常の歯ブラシを併用するというのが最も効果的にプラークを除去できる選択だと思います。

ご参考になれば幸いです。

1人が参考になったと言っています。

回答:2017/07/01 16:49

佐村 克利 理事長兼院長 さむらデンタルクリニック(徳島県 徳島市)

  • 回答数 20
  • 相談ポイント 140pt
  • 医師の支持数 1件 / 参考になった数 37件
さむらデンタルクリニック 佐村 克利 男性

こんにちは、歯科医の佐村と申します。
ハブラシにはそれぞれ1つ2つの特徴を持たせて造っています。テーパー毛ブラシはどちらかというと歯周病対策用に使われます。毛先が細くなっているため歯肉溝に入りやすくなっています。ただし全体的にみれば歯垢除去率は低くなります。なので歯周病よりは虫歯リスクが高い子供にはラウンドカット毛が使用されます。歯垢除去の効率のよさを選択したハブラシを使用した場合弱点である歯間部はフロスや歯間ブラシで補うという考え方です。
つまようじ法というブラッシング方法があり これは1本のハブラシだけで歯間も磨いてしまうという方法です。歯間ブラシが苦手な方でも歯の間が綺麗になる磨き方ということで勧めている先生もいます。

2人が参考になったと言っています。

回答:2017/06/23 21:39

馬場 真菜美 理事長 兼 院長 マナミ歯科クリニック(東京都 中野区)

  • 回答数 6,359
  • 相談ポイント 32,628pt
  • 医師の支持数 5件 / 参考になった数 1,743件
マナミ歯科クリニック 馬場 真菜美 女性

歯ブラシだけで磨いた場合と歯間ブラシを併用した場合で歯垢の除去が58%対95%というデータもあります。歯間ブラシは歯ブラシと補完的なものです。また、歯と歯の間の歯垢は歯ブラシでも歯間ブラシでも除去できず、フロスが有効です。様々歯の手入れの用具を併用することでより効率的に歯垢を除去することができます。

1人が参考になったと言っています。

回答:2017/06/23 20:23

陶 秀彦 院長 10ban歯科(東京都 港区)

  • 回答数 4,132
  • 相談ポイント 21,574pt
  • 医師の支持数 2件 / 参考になった数 1,313件
10ban歯科 陶 秀彦 男性

こんにちは。

そういった意味で開発をされているのではないですよ。

あくまで、隙間までくまなく磨けると謳っているだけだと思います。

今の歯ブラシの仕方や、歯間ブラシ、フロスを使用していれば十分です。

3人が参考になったと言っています。

回答:2017/06/23 18:10

森本 篤史 院長 天白うめがおか歯科・矯正歯科(愛知県 名古屋市天白区)

  • 回答数 6
  • 相談ポイント 38pt
  • 医師の支持数 0件 / 参考になった数 8件
天白うめがおか歯科・矯正歯科 森本 篤史 男性

このご質問は先生によって意見は違うかもしれませんが、私見を述べさせていただきます。

歯間のお掃除に歯間ブラシとフロスをご使用とのことでそれが「正しく磨けている」前提であれば、歯ブラシを歯間部にまで入れて磨く必要はないかもしれません。

ただし、歯ブラシの正しい磨き方(毛先を大きくスライドさせずに細かく震わせて磨く:スクラッビング法)をしていると自然と歯間部にもある程度刷掃力が働いているものと思われます。

開発の意図に関しては各メーカー様に聞いてみないことにはお答えできませんが、質問者様のように歯間ブラシとフロスにより歯間部がキレイに刷掃できているのであれば歯ブラシが仮に歯間部まで届いてなかったとしてもさほど問題ないと考えます。

なお、「正しく磨けている」かどうかについては歯科医院さんで染めだしを行ってもらうことによりご確認いただけるかと存じます。

ご参考にしていただければ幸いです。

3人が参考になったと言っています。

回答:2017/06/23 17:22

免責事項
回答されている内容は、症状や相談内容の異なる個人に対し、回答時の法律、保険制度、技術や回答者個人の見解などに基づいております。実際の施術行為、医療相談などは、直接関連する医師・薬剤師などに相談の上、ご自身の責任のもとご判断ください。当社は、当サイト上のサービスを利用し、その内容に基づいて生じたいかなる損害についても、一切の責任を負いません。