歯周病の治療・予防に力を入れています

歯周病はこんなに怖い病気です

歯周病は虫歯とは異なり、自覚症状がないまま進行します。
歯周病は家でいうなれば、土台です。
痛みや腫れに気が付いた頃には重度に進行している場合が多く、やがて歯が抜けてしまう恐ろしい病気で。現在、40歳以上の日本人の8割が歯周病と言われています。

本地ヶ原歯科

当院の歯周病治療の流れ

1.問診・レントゲン撮影・歯ぐきの腫れ・歯周ポケット等を検査します。
2.検査結果を基に、歯周病の進行状況を説明します。
3.患者様の歯垢を少し採取し、位相差顕微鏡で菌を検査します。
4.原因菌が見つかった場合は、お薬とカビ菌に効くうがい薬をお渡しし、ブラッシングの指導も行います。
2回目以降の治療は、再度、菌を検査し、原因菌の有無をチェックします。
その後、歯石取りを行います。
菌が減っている事を確認した上で、歯石を取るとよりその有効性が感じられます。

本地ヶ原歯科

当院で特に力を入れている歯のクリーニング

当院ではルートプレーニングに力を入れています。
ルートプレーニングとは歯周病治療の1つで、ハンドスケーラーと呼ばれる専用の器具や、超音波の器具を用いて歯周ポケットの中、いわゆる歯茎の中の歯の根に隠れている部分の歯垢や歯石を取り除くことです。
歯と歯茎の境目までは多くの歯科医院で、歯石を取るのが多いですが、歯茎の中の汚れまでをきっちり取っていく歯科医院は少ないと思います。
やはり歯周病は歯茎の中の汚れを取らない限り改善されていきません。
当院ではこの治療に時間をかけてきっちり行っております。

本地ヶ原歯科

当院でお勧めの歯周の内科的な治療

お口の中にはたくさんのカビや歯周病の原因菌がいます。
原因菌が減少すると、歯周病は改善します。
歯周の内科的な治療は、お口の中のカビや細菌の種類を位相差顕微鏡で調べて、歯周病の原因となっているカビや細菌の有無を検査し、 原因菌に対してよく効くお薬の服用と、カビ菌に対してよく効くうがい薬で歯周病を良くしていく治療法です。
この治療法と合わせてクリーニングすると外科処置をせずに、歯周病が改善される患者様が多いです。

出来る限り痛みを抑えた治療を心掛けています

笑気麻酔

笑気麻酔

痛みを軽減させるための当院の取り組み

歯医者はとにかく痛い所と思っておられる方がたくさんいらっしゃると思います。
小さいころに受けた治療がトラウマになってしまうと歯科医院に足が遠のいて、そのまま放置してしまうパターンが多いと思います。
当院では、表面麻酔を塗布した後に電動麻酔注射器を使った痛みの少ない麻酔注射を行います。また、笑気麻酔(鼻から吸い込む麻酔の方法)で、治療中の緊張を取り除く有効性があり、お子様も無理なく吸入できます。
治療時の痛みへの恐怖感からこれまで治療を先延ばしにしていた方も、ぜひ当院までご相談いただきたいと思います。

心に寄り添う診療で、お一人お一人の症状にあった治療をしたい

本地ヶ原歯科

患者様とのコミュニケーションを大切にしています

私が歯科医師として大切にしていることは、患者様とのコミュニケーションです。
こんな私が研修医の頃、ある患者様からこんな事を言われました。『先生の説明には心がない』と。当時私は、歯科の知識というのは教科書上でしか習得することがなく、仕事というのは淡々と機械的にやるものだと思っていました。しかしその患者様に気付かされたことは、ただ歯科の知識を持っていても、それをいかに患者様にわかりやすい言葉で説明するかという事です。
私はこの経験をモットーに、治療内容や費用・期間等じっくりご説明させて頂き、患者様が納得して頂いた上で治療に当たる事を心掛けています。
世間話でもしながら治療に望めれば、治療も少しは楽になるのではないでしょうか。

ネット予約・空き状況確認

今日 明日 明後日
可能 可能 休診日

2019年10月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18 19
20
21
22
23 24 25 26
27
28 29 30
31

 :受付中 :お問い合わせ -:受付不可

ネット仮予約・空き状況確認
ネット仮予約 24時間受付中
  • 今日空き
  • 明日空き
0066-9718-500261無料通話
  • 今日18時~も診療中
掲載のご案内