4.5いいね!

口コミ51

最寄駅
荒田八幡駅
出口 徒歩8分

住所 鹿児島県鹿児島市下荒田4丁目6-1-2F地図

  • 土曜診療
  • 18時以降診療

医院設備

優しい医院であることがモットー

当院のモットーは、「優しい医院」であるということです。忙しくて中々通院できない人、歯科医院が怖い人、体が不自由なので歯科医院に通えない人など、さまざまな理由で歯科医院に行けない人がいます。そのため、当院はそんなさまざまな方にとって優しい医院で在り続けることを目標とし、スタッフの皆さんと一緒に診療に取り組んでいます。そのため、当院にはスロープをつけていたり、エレベーター直結で来院できるようにと、足腰が弱っている患者様でも容易に通院できるようにしています。他にも、小さなお子様が歯の治療を痛がらないように治療は麻酔を用いた痛みの少ない治療を行っています。この麻酔も、まずはゲル状の表面麻酔で歯茎を麻痺させ、細い針を電動注射器で一定の圧力で注射し、感じる痛みをおさえています。

歯周病

虫歯、歯周病の共通点について

虫歯と歯周病。この二つはどちらも口腔内の病気ですが、さまざまな共通点があります。それは、どちらも自覚症状が少ないということです。虫歯も歯周病も、初期の段階では痛みも無く、自分でも気づかないうちにどんどんと進行していき、自覚症状が出始める頃には既に症状がひどい段階まで進んでいるということが良くあります。虫歯は神経にまで虫歯菌が侵入し、歯周病は歯茎を支える骨や歯肉が歯周病菌によって溶かされている。そんな状態になっていることがほとんどです。そして、どちらも病状が進行していた場合、元の状態に戻すのは困難を極めるというのも共通しています。歯は一度削ると元に戻ることがありませんので、削れば削るほど弱っていきます。歯肉や骨も歯周病菌によって溶かされると、再生療法というものはありますが、それでも元通りになるという保証はあまりありません。そのため、虫歯も歯周病もならないように、予防を心がけておくことが重要です。虫歯も歯周病も予防方法は同じで日々のブラッシングが重要です。歯磨きをキチンと行い歯垢を除去し、歯茎に刺激を与えることで、歯の健康を維持することができます。また、歯科医院に定期的に通い、歯の健康チェックをしてもらうのも重要です。磨き残しが元で虫歯、歯周病になるケースは珍しくないので、定期的にチェックをして、予防をしましょう。

予防歯科

ブラッシングの指導について

当院の患者様で自分できちんと磨けている人というのは全体の2割程度しかいません。それほど、ブラッシングというのは難しいものであり、自己流の歯磨きでは磨き残しが多いものです。そのため、当院では普段の歯磨きをきちんとしてもらうために、ブラッシングの指導をしています。普段の歯磨きの際のブラシの当て方や、1本1本きれいに磨く方法を指導しています。また、電動歯ブラシもブラシによって良し悪しもありますが、振動で歯垢を落とせるので期待できます。

小児歯科

たけはら歯科医院 小児歯科

キッズルームを設置しています。

まずは慣れてもらうことから

子供の頃の嫌な思い出というものは大人になっても心に残るものです。そのため、小児歯科で小さなお子様が治療を怖がっている場合は、いきなり治療をするというわけではなく、まずは歯科医院に慣れてもらうことから初めます。歯磨きだけ診て磨き方を教えたり、お子様が進んで歯磨きをしようと思える土台を作るところから始めていきます。

小児矯正

たけはら歯科医院 小児矯正

歯並びというのは、子供の頃から矯正をしておくことが推奨されます。

お子様の歯並びについて

歯並びというのは、子供の頃から矯正をしておくことが推奨されます。もし、子供の頃歯並びが悪く、それを放置したまま歯が生え変わると、歯並びが悪いまま成長してしまい、その結果噛み合わせなどに大きな悪影響が及ぼされます。歯並びが悪いことにより、見た目の他にも虫歯、歯周病にもなりやすく、さまざまなリスクが生じてしまいます。また、成人になって矯正治療を行う場合、顎が成長しきっているため矯正治療が完了する時間帯は長くなり、結果的に時間と料金のコストが高くついてしまいます。当院では歯並びの治療は、お子様の成長過程を診て判断します。お子様の歯並びの中には、早いうちに矯正を行ったほうがいい場合と、経過を見て判断しても遅くない場合があり、後者においては、矯正治療を行わずとも正常に戻る可能性の歯並びもあります。

小児矯正

癖が歯並びに影響する

歯並びは、子供の頃にしている癖により、悪化するケースが存在します。例えば、哺乳瓶やペットボトルをくわえ続けていたり、自分の指をしゃぶり続けると、歯の方に動きが生じ、歯並びが悪くなることがあります。これらの癖は3歳位の頃なら良いのですが、年をとって小学生になっても改善されていない場合は、歯並びの矯正治療を真剣に考える必要があります。

歯科口腔外科

歯科口腔外科について

当院では一般的な歯科診療や小児歯科の他にも、歯科口腔外科やホワイトニングを行っています。特に、歯科口腔外科に関しては患者様の負担が少ないように、さまざまな機器を導入しています。例えばCTスキャンです。こちらは歯科用CTを用いて患者様の口腔内をチェックしていますので、放射線量が少なく、患者様の負担が少ないようになっています。また、歯科口腔外科では歯肉を切開することもあるのですが、その際にレーザーを照射して治療することもあります。このレーザーは切開箇所に照射することで止血を行ったり、歯茎の改善を早める他、痛みを抑えることも可能です。当院の歯科口腔外科では、主に親知らずの抜歯や歯茎に溜まった膿を取り出すことを行っています。親知らずの抜糸後は、レーザーを照射することで傷の治りを早めています。

ホワイトニング

たけはら歯科医院 ホワイトニング

当院では主にオフィスホワイトニングで患者様の歯を白くしています。

ホワイトニングについて

ホワイトニングにはホームホワイトニング(自宅で行うホワイトニング)、オフィスホワイトニング(歯科医院内で行うホワイトニング)の2種類がありますが、当院では主にオフィスホワイトニングで患者様の歯を白くしています。その理由として、オフィスホワイトニングのほうが即効性があり、時間的負担を少なめにしてホワイトニングができるからです。当院で行うホワイトニング治療は、JBA社のホワイトニングを導入しています。JBA社のホワイトニングは国内への導入が多く、有害な紫外線や過度な発熱はなく、歯を白くすることができるからです。

インプラント

たけはら歯科医院 インプラント

一人一人の状態に応じて治療のプランを決めます。

インプラント治療について

インプラント治療を行うには、治療の前にどの程度の歯が失われている、今の歯がどういう状態にあるのか、お口の形や骨格はどのようになっているのかをCTなどを使って検査します。そこから、一人一人の状態に応じて治療のプランを決めます。そのプランを患者様に説明し、同意を得て、施術していきます。手術を行い、土台となる人工歯根を埋めていきます。麻酔を使用するので、痛みはほとんどありません。その後、インプラントが骨と定着するまで時間を空けて様子を見ます。定着した後に、アバットメントと言われる連結部の装着を行い、最後に人工歯を被せて完了です。治療期間としては、患者様にもよりますが全て含めて、1年ほどです。インプラント治療は、手術後が本当のスタートです。可能であれば、3カ月に1回のペースで、年間で1回~2回の通院が必要となります。

治療方針

まずは一度来院を

患者様一人ひとりによって生活スタイルは変わります。そのため、じっくり治療するのかとりあえず応急処置をすれば良いのかというのは、患者様によって変わります。ですので、当院では患者様の求める範囲で治療を行っています。今抱えている悩みを改善したい、とりあえず急場しのぎで痛みを抑えたい方。まずは一度来院を。当院はできる限り患者様の要望に応えた治療を提供させていただきます。

お支払い方法について

当院では各種クレジットカードでのお支払いも受付可能です。(自由診療のみ)

ネット予約・空き状況確認

今日 明日 明後日
可能 可能 可能

 :受付中 :お問い合わせ -:受付不可

ネット仮予約・空き状況確認
ネット仮予約 24時間受付中
  • 今日空き
  • 明日空き
0066-9801-215463無料通話
  • 今日18時~も診療中
掲載のご案内