予防歯科の治療内容|藤原歯科医院

お気に入り

5.0いいね!

口コミ14

最寄駅
西条駅(広島県)
2番出口 車10分

住所 広島県東広島市高屋町桧山452地図

  • 土曜診療
  • 18時以降診療

EPARK医療総合アプリ「デジタル診察券」が利用できます。

患者様ご自身で予防できるように、定期検診とブラッシング指導でお手伝いいたします。

患者様ご自身で予防できるように、定期検診とブラッシング指導でお手伝いいたします。

予防歯科において大切なのは、患者様ご自身でお口の中の健康を維持できるようになるということです。歯医者はその手伝いをする立場にあります。

そのために重視しているポイントは2つ、定期検診とブラッシング指導です。歯医者がクリーニングをして終わりではなく、患者様ご自身で予防に取り組める環境づくりを目指しています。

目標は患者様、そして私自身も納得のいく治療を行うことです。知識や技術だけでなく、患者様に寄り添えるドクターでありたいと思っています。どんな治療をするのか時間をかけて丁寧に説明し、ご不安な点やご希望をしっかりと伺って、お互いに理解し合いながら治療を進めていきたいと思っています。

また訪問診療も行っています。今はまだ訪問診療の数は多くはありませんが、5年10年先を考えれば、対応の幅が広がる可能性は十分にあります。地域に密着した歯医者であるために、患者様のお力になれるよう日々努力しています。

予防歯科の特徴

定期検診について

お口の中の状態を知り、きれいに保つための知識を獲得するのが、歯科医院での定期検診です。

お口の中の状態を知り、きれいに保つための知識を獲得するのが、歯科医院での定期検診です。

定期検診にてご自身のお口の中がどんな状態になっているのかを知ることは、虫歯や歯周病を予防するための第一歩です。

まずはレントゲンや口腔内カメラによる撮影で虫歯や汚れ・歯茎の検査をして、検査結果とデータを基にお口の中の状態を説明します。レントゲン撮影は顎の腫瘍がある場合も分かるので、ガンなどの早期発見にも大いに役立つ検査です。次に、汚れの磨き残しを染め出しして目で確認していただき、汚れの状態に合わせたブラッシング指導と、合わせて生活指導も行います。最後に、スケーリングという方法でのクリーニングです。プラーク(歯垢)や歯石、その他付着した汚れを、スケーラーという器具を使って取り除きます。

ご自身では気づかないことが、定期検診で分かります。磨き方の癖やお口の状態はもちろん、虫歯になりやすい意外な生活習慣をお持ちの可能性もあるのです。毎日の生活の中で効率よくお口の中の健康を維持する方法を一緒に学んでいきましょう。

ブラッシング指導について

上手な歯磨きの仕方を覚えれば、お口の健康はご自身で維持していくことができます。

上手な歯磨きの仕方を覚えれば、お口の健康はご自身で維持していくことができます。

歯のお手入れの仕方を覚えていただくと、ご自身で虫歯を予防できる確率が飛躍的に上がります。汚れている部分は磨き残しが多い箇所ですので、その部分を上手に磨けるようにするのがブラッシング指導です。ブラッシングで大事なのは、歯ブラシの種類ではなく、歯ブラシの使い方です。この歯ブラシでなければいけないということはありません。歯ブラシはご自身の使いやすい物を選んでください。

具体的な指導としてはまず、汚れに色を付けて患者様にもどこに汚れが残りやすいか見ていただきます。そしてその部分を狙ってきれいに磨けるような方法を、ご自身の癖や歯並びなどを考慮し、丁寧に説明していきます。

ブラッシングは日々患者様が行う作業です。毎日のお手入れによってお口の中をどれだけきれいにできるかで、予防の働きは大きく変わります。時間ばかりかけるのではなく、上手に丁寧に、そして効率的にブラッシングできるように、歯磨きの基礎をアドバイスいたします。

診療メニュー(すべて税込)

歯ブラシ 110円
多くの歯科グッズを取り揃えております。

治療の流れ

1

口の中の確認、写真、歯茎の確認

口の中の確認、写真、歯茎の確認

問診票を記入していただき、今現在何か問題がないかを伺います。
診断用の写真撮影を行い、汚れや歯茎の状態を確認します。

2

データの説明 診断と分析

データの説明 診断と分析

検査内容と撮影した写真から、虫歯の有無や汚れの状態など現在のお口の中の状態を丁寧に説明します。

3

ブラッシング指導

ブラッシング指導

毎日のブラッシングがしっかりできるように指導します。
ブラッシングができているかどうかで定期検診のスパンも変わってきます。

4

クリーニング

クリーニング

歯の表面に付着したプラークや歯石、その他の汚れを、スケーリングという方法で除去します。

5

※まとめ※

※まとめ※

気になっていることなどを問診し、写真撮影をします。
お口の中の状態を検査したら、データを交えて診断結果を説明します。
ブラッシング指導をして、最後にクリーニングで終了です。

よくあるご質問

歯の健康を保つために、どの程度の期間(間隔)で定期検診を行うのがよいですか?
1年に一回は受けていただきたいです。
このくらいの期間で受けていただければ、お口の中に何か問題が発生したとしても、初期段階での対応ができる可能性が高まります。
もちろん、もっと短いスパンで行うのが望ましいでしょう。
定期検診の内容を教えてください。
まずはお口の状態についての問診と、写真撮影をします。
そのデータを基に、虫歯の有無、汚れの付着や歯茎の状態を検査をします。
お口の状態からどのようなブラッシングが適しているかアドバイスさせていただき、クリーニングをして終了です。
定期検診に来院される患者さんの割合は全体のどれぐらいですか?
全体の2割ほどです。
予防歯科を啓蒙するための工夫や実施していることありましたら教えてください。
お口の中の健康を維持するために定期検診がどれだけ大切かを一生懸命説明することにつきます。
患者様ご自身に予防歯科の重要性に気付いてもらうことがポイントです。そのためにリコールのはがきなどもお渡ししています。
クリーニングは保険内で治療できますか?保険内診療と自費での違い、自費の場合およその費用を教えてください。
クリーニングも保険内で行っています。保険内診療のみで、特に自費でのクリーニングというのは行っていません。
定期検診の所要時間はどれぐらいですか?
30~60分くらいです。患者様によって問診が長くなったり、クリーニングに時間を要したりします。
PMTCを取り入れていますか?
取り入れています。
クリーニング1回にかかる時間はどのくらいですか?
15~30分ほどです。お口の中の状態によってクリーニングにかかる時間も変わってきます。
クリーニングで気を付けていること、工夫している点などありましたら教えてください。
歯がきれいになった気持ち良さを味わっていただくのが目的なので、終わった後に「気持ち良い」と言っていただけるよう努めています。
歯をきれいにすることだけではなく、痛みも少なくすることが大事な点です。
クリーニングだけをお願いすることは可能ですか?
クリーニングのみはお受けしていません。問診や検査を受けていただかないと、お口の中の状態が分からないからです。
虫歯や歯周病を予防するためにも、定期検診としてクリーニング前に検査を受けていただきたいと思っています。

ネット予約・空き状況確認

2021年12月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10 11
12
13 14 15
16
17 18
19
20 21 22
23
24 25
26
27 28
29
-
30
31

2022年1月

1
2
3
4
5
6
7
-
8
9
10
11 12
13
14 15
16
17 18 19
20
21 22
23
24 25 26
27
28 29
30
31

 :受付中 :お問い合わせ -:受付不可

0066-9801-215201無料通話
  • 今日18時~も診療中
掲載のご案内