インプラントの治療内容|パール歯科医院 佐野

お気に入り

4.0いいね!

口コミ42

最寄駅
佐野市駅
出口 車10分

住所 栃木県佐野市高萩1324-1 イオン佐野新都市ショッピングセンター2F地図

  • 土曜・日曜・祝日診療
  • 18時以降診療

インプラント

インプラント(※)の仕組み

インプラント治療とは、患者様の歯を失った部分の歯ぐきを切り、内部の顎の骨に生体親和性のあるチタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工歯を被せて自然歯の代わりにする治療のことです。人工歯根は顎の骨に強く結合しますので、入れ歯や義歯に比べ自然歯に近い噛み心地となります。チタン製の人工歯根に被せる上部の人工歯にはセラミックを用いるため、見た目も自然に近い白い歯です。

※自由診療となります。

インプラントのメリットとデメリット

インプラントのメリットとデメリット

歯周病や外傷などにより自然歯を失ってしまった場合に、その機能を改善する処置の一つがインプラントです。これまでのブリッジや入れ歯などは、周囲に残った他の自然歯に加わる力や必要な機能を分担させる方法が一般的でしたが、インプラント治療は顎の骨に強く固定できるため、ガタつきやズレ、お口の中で動いたりすることがほとんどなく、噛む力を改善できるので固いものも噛めるようになります。上部の被せ物はセラミック製でフックなどの金属製の部品も必要ありませんので、見た目も元の健康な歯に近いものになります。治療の際には隣の健康な歯を削る必要もありません。対してインプラントのデメリットは、入れ歯などと異なり、インプラントを埋め込む手術が必要になること、そして患者様に全身の疾患がある場合には治療ができない場合もあります。また、例えば歯周病により失ってしまった歯を改善するためにインプラント治療を施した場合、歯周病のまま放置されるとまた同じことの繰り返しになってしまいます。まずは歯周病などの治療と「原因になる生活習慣の改善」に取り組むようにお願いしています。

掲載のご案内